説明が下手な人に共通する5つの特徴とは

説明が下手な人に共通する5つの特徴とは
どうしても伝えたいことがあるのに、説明が下手過ぎて全く伝わらない……なんてもどかしい思いをしたことがある人は少なくないはず。または、相手の説明が下手なせいで受け取る側が困惑してしまったということもよくありますよね。

説明が下手な人は少なくありませんが、それだけで周囲にストレスを与えていることは間違いありません。性格的に問題があるわけではないのに、「あの人の話、わかりにくくって……」と、話す前から敬遠されるようになることだって珍しくないのです。

説明下手な人には、いくつかの共通点があります。その共通点を知って、解消するように意識するだけで他の人に説明するということは難しくなくなります。

そこで今回は、説明が下手な人に共通する特徴についてお伝えします。



 

説明が下手な人に共通する
5つの特徴とは

 

会話を組み立てるのが下手


説明下手というよりも会話下手と言える特徴ですが、会話を組み立てることが下手な人は、聞く側に混乱を与えます。起承転結がはっきりしていなかったり、話が逸れすぎて大事なポイントになかなかたどり着けなかったりなど、会話のメリハリが無く、話のインパクトが分散してしまうため相手が理解を深めることができなくなってしまうのです。

会話の内容を組み立てられない人は、説明するべき内容の文章組み立てもイマイチであるという特徴があります。それを解消するためには、説明の前に緻密な原稿を書く習慣を付け、書き終わったら少し時間を置いてから見直して、何度も推敲を重ねてわかりやすい文章を作れるようにしましょう

 

自分自身も内容を理解しきれていない


プレゼンや会議などにおいて説明下手だと言われる人は、説明内容が何だか要領を得ないまま、ただ言われたとおり、資料の通りに話す人が圧倒的に多いのではないでしょうか。このように自分自身も話すべき内容を深く理解していない状況では、上手に説明できなくて当然です。

説明する目的は、自分と聞く側とで情報を共有することです。ですから、話の内容を理解できていない人が説明すると、その「理解できない」という印象が真っ先に共有されてしまい、伝えるべきポイントが相手に入って行かなくなってしまうのです。

当たり前のことですが、他人に何かを説明して理解を求めるなら、自分が先に理解しておくことが重要なのです。

 

自分の感覚で話す癖がある


説明の内容に擬音語、擬態語が多く、そして自分にしかわからない表現を使う人の説明は、聞いていて疲れますよね。それは、聞く側が「この言葉は、こんな意味で使っているのね」といちいち考えながら聞かなければいけないからです。

説明というものは、自分が考えたこと、感じたことを相手にわかる言葉で伝えるべきものですが、それを相手にわからない自分だけの言葉でされてしまっては、聞く側は理解不能なまま話が終わってしまいます。説明は日記や独り言ではないので、自分が話しやすい言葉よりも相手が受け取りやすい言葉を選ぶのが鉄則です。

 

相手と自分の理解度のズレを認知できていない


内容がしっかりしているのにその説明が下手な人は、説明不足だったり、相手が知らない専門用語を多用したりして、いつの間にか聞く側が置いてけぼりになっていることに気付かないままで説明を終わらせる癖があります。そんな不十分な説明のせいで「あの人の説明、全然わからなかった」と後で言われてしまうのです。

これは、相手の理解度を高く見積もりすぎていることによって生じるズレが招く状況です。良く言えば頭が良すぎるともとれますが、聞く方にしてみれば「理解させようという気が無い」という印象の方が強いはず。ちゃんと説明しているはずなのに説明下手だと言われるようなら、周囲の理解度に合わせて話せているか確認して下さい。

 

解釈を相手に委ねすぎる


何かを相手に説明しているはずなのに、言葉少なに、行間を読ませるような言葉で説明する人がいますよね。元々口数が少なかったり、語彙が少ない人もこんな傾向がありますが、人によっては少ない説明で相手の解釈に委ねたいという考えもたまに見られます。

確かに、物語や詩であれば相手の解釈ありきで書かれるのは珍しくありませんが、説明するということは、一つのことをズレることなく相手に伝えるのが目的ですから、相手の解釈に委ねるようなことがあってはいけません。

不要な言葉を削ぐことは状況によってはスマートな会話を作り出すことができますが、説明をしているときに限っては、相手に伝わりやすい言葉を多く使って、正しく伝える努力をするべきなのです。

 

いかがでしたでしょうか。説明が下手な人に共通する特徴についてお伝えしました。

いつもは他人の話を「説明下手だな」と思って聞いている人も、該当するものがあったのではないでしょうか。そう、実はこの世には説明上手な人は数少なく、それ以外の大半は、聞く側に説明下手と思われている可能性が高いのです。

そう考えると他人に説明することが怖くなってしまいがちですが、説明する場というのは、自分が主導権を握って話すことができる場です。つまり、会話に割り込んだり、話す前に注目を集める必要が無いということですから、他の人に自分の言葉を伝えやすい状況にあると考えられます。

それは、裏を返せば、自分の考えを皆に知ってもらう絶好のチャンスととることもできますから、その機会を最大限に生かすために、聞く側にとって受け入れやすい説明方法を身に付けるようにしましょう。

まとめ

説明が下手な人に共通する特徴は

・会話を組み立てるのが下手である
・自分自身も説明内容を理解しきれていない
・自分にしか理解できない感覚で話す癖がある
・相手と自分の理解度のズレを認知できていない
・説明文が少なく、解釈を相手に委ねすぎる