つまらない人ってどんな人?嫌われないための5つの心得

つまらない人ってどんな人?嫌われないための5つの心得
親しいと思っていた友人から、あなたはつまらない人だね、と言われるショックは、言われた人でないと理解できないかもしれませんよね。何が悪かったんだろうと、気になって眠れなくなってしまうことでしょう。

自分が人からどんな風に見られているかは、自分ではなかなか解らないものです。もしかしたら、自分では気が付かないうちに、友人や他の人にとって嫌なことをやってしまっていたのかもしれません。よく周囲からつまらない人と思われている人には、幾つかの特徴があります。そして、その特徴を知っていれば、つまらない人と思われないように心掛けて行動できるものです。

そこで今回は、つまらない人と思われている人の特徴と、そう思われないために心掛けたいことについてお伝えします。



 

つまらない人ってどんな人?
嫌われないための5つの心得

 

ネガティブなことばかり言っている


仲間みんなのテンションが上がっているのに、一人だけ冷めていて、せっかく盛り上がった雰囲気に水を差す一言を言ってしまう人っていますよね。それを今言う必要ないだろう、と思えることを平気で言ってしまう。あいつはいつもそうだから、なんて言われるつまらない人にはなりたくないものです。

同じことでも、言い方によって受け取る側の印象が大きく変わります。ネガティブなことをそのまま言ってしまったら、聞いている人も悪い方向にに受け取ります。しかし、ネガティブなことを見方を変えてポジティブな表現に変えれば、聞いている人は良い方向に受け取れます。つまらない人と思われる前に、ネガティブなことでもポジティブな面を見る習慣を身につけ、ポジティブなことに言い直して言ってみましょう。

 

信用されない態度を取っている


ちょっと指摘すると言い訳ばかり言って、全く動いてくれない。あなたの近くにもそんな人がいるのではないでしょうか。そんな人は、周りからつまらない人を思われています。

自分ひとりでは何もしないのに、みんがが始めると最初から自分1人だけでやっていたかのようにふるまう。また、いつも大きなことばかり言っているのに、小さいことをいつも気にしている。そんな人は、誰からも信用されなくなります。

人ができることには限りがあります。何でも出来る訳ではありません。それなのに、失敗して傷つきたくないからと言い訳ばかりを探していては、前には進めません。人の成長とは、今のレベルよりちょっと上のレベルに挑戦して、それを達成していく繰り返しです。つまらない人は、そんな挑戦を避けて言い訳ばかりしているずるい人です。つまらない人と思われないためにも、行動する勇気を持ちましょう

 

愚痴や文句ばかり言っている


あなたの会社にも、どんな提案に対しても愚痴や文句ばかり言って、周りを困らせている人っていますよね。そんな人は、いっしょに働く人たちからつまらない人と思われているものです。

同僚ならできるだけいっしょに話しないようにすればよいだけですが、上司だったりすると最低。散々文句や愚痴を聞かされたあげく、やり直しを指示され、心が折れそうになります。仲の良い同僚との多少の愚痴はストレスの発散にもなりますが、ずっと愚痴や文句を聞かされるのは苦痛でしかありません

つまらない人と思われないためには、愚痴や文句ばかり言ってばかりではいけません。たまになら良いでしょうが、ほどほどにしておいて、とにかく行動しましょう。周りの人達は、行動するあなたの姿をちゃんと見ています

 

自分の事ばかり話している


一方的に自分のことだけ話す人も、周囲からはつまらない人と見られています。会話はキャッチボールみたいなものです。相手の言うことを聞いてあげたら、次は自分のことも聞いてもらいたい、そうやって会話が続いていくのです。一方的に相手の話をずっと聞かされても、全然楽しくはありません

もし、以前に散々聞かされたのと同じ自慢話を何度も聞かされた、もう苦痛と言ってもよいでしょう。自分は明るく楽しい人だと思っていても、散々自慢話を聞かされた友人にしてみれば、つまらない人と思われても仕方がないですよね。話が上手な人は、聞くのも上手です。相手から楽しい話をうまく引き出して、いっしょに居て楽しいと思わせるのも上手。そんな、話上手を目指し、相手といっしょに楽しい時間を過ごせるようになりましょう。

 

自分から話を切り出さない


よくネットでは、つまらない人は話題が少ないせいだから趣味を多く持とう、なんていう文章を多く見かけます。しかし、多くの趣味を持っていても、それを周囲に話していないつまらない人もいます。

関心を持ってることが多いか少ないかではありません趣味を持っていなくても、話が面白い人はいくらでもいます。要は自分が気が付いたことを隠さずに、人前で堂々と話ができる人が楽しい人なのです。つまらない人は、これができません。もし話したことが間違っていたら恥ずかしい、とか、自分より相手が詳しく知っていたら恥ずかしい、なんて思っていると、話せることが限られてしまいます。そんな風に思わずに、自分が気が付いたこと、思っていることを正直に話してみましょう。その話を基にして、楽しい会話が繋がっていけば、つまらない人から卒業できます。

 

いかがでしたか。つまらない人と思われている人の特徴と、そう思われないために心掛けたいことついてお伝えしました。

周囲からつまらない人だと思われるのは、決して良いことではありません。悪い評判が独り歩きしてしまえば、思わぬことで失敗してしまいます。また、せっかく才能があってもそれを生かせていないのかもしれません。もし、自分がつまらない人だと思われているのでは、と悩んでいるのでしたら、自分が言ったことを思い返してみてください。気が付かないうちに、相手を無視したことを言ってたりしていないでしょうか。

会話は、自分1人だけではできません相手から楽しい話を引き出しつつ、自分のことを話して楽しむのがベストです。つまらない人の特徴を理解して、一緒にいて楽しい人を目指しましょう。

まとめ

つまらない人と言われる人の特徴とは

・ネガティブなことばかり言う人
・言い訳ばかりして行動を起こさない人
・愚痴や文句ばかり言っている人
・自分の事ばかり話をする人
・自分から話を切り出さない人


連記事