必見!友達がいない社会人にならないための5つの極意

必見!友達がいない社会人にならないための5つの極意
社会人になると仕事で忙しい毎日が続きますが、ふと気がつくと友達がいない社会人になっている人もいますよね。しかも元々、人付き合いが苦手で友達を作るのが得意ではない人だけでなく、学生時代は色んな人とすぐ友達になれた人でも、友達がいない社会人になっていることもあります。

中には一人が好きで意図的に友達を持たない人もいるでしょうが、ほとんどの人は友達が欲しいと思っていることでしょう。そのためには、友達を作るように自分から働きかけなければなりません。「友達できないな」と嘆いているばかりでは、友達がいない社会人から脱却はできないのです。

友達を作ってプライベートの時間を充実させれば、仕事の活力にも繋がりますので、良いことばかりです。そこで今回は、友達がいない社会人にならないための5つの極意をお伝えします。



 

必見!友達がいない社会人にならないための
5つの極意

 

内向的にならない


社会人になると、途端に友達を作るのが難しくなります。それは、年齢がバラバラな人が集まっているのと、高校まではあった「クラス」がないからです。そのため、友達を作るには自分から動かなければなりません

また、年齢が離れた人と話すのは苦手な人もいるでしょうが、恐れずに話しかけていかなければ、友達は作りにくくなります。なので、友達ができない社会人にならないためには、誰にでも積極的に話しかけていける社交性を身に付ける必要があります

とは言っても、内向的な人がいきなり社交的になるのは難しいので、まずは話しかけやすい人に話してみましょう。その人をきっかけにして、徐々に色んな人とコミュニティを広げていけば、友達は作れます。

 

忙しくても適度に連絡する


友達がいない社会人になってしまうのは、学生時代までの友達と仕事が忙しいあまり、疎遠になってしまうこともあげられます。忙しいとプライベートにあまり構っていられませんし、友達に連絡してみようと思っても、5日間働いていると疲れてしまい、肝心の休みになると連絡するのも面倒くさくなり家でゴロゴロしがちです。

これを繰り返していると、いつしか連絡を取らないのが普通になってしまい、より疎遠になってしまいます。そして、いつしか友達がいない社会人になってしまうのです。

たとえどんなに忙しくてもそれを理由にせず、適度に友達とは連絡を取るようにしていきましょう。さらに、日程を調整して会える機会が作れると、よりベストです。

 

一人で過ごすことに慣れない


何かと忙しい日々を送っていると、仕事がない日は人と会うことすら面倒になって、一人で過ごしがちになります。最初は一人で寂しいという気持ちがあるでしょうが、そういう日々が続いていくと、いつの間にか寂しさを感じなくなります

さらに、一人だと全ての時間を自分の好きなことに使えますので、楽しさすら感じます。そうなると、友達を作ろうとはしませんし、旧友とも疎遠になりますので、結果として友達がいない社会人になります。

一人でいることに慣れてしまうと、友達を作ったり連絡をする意識が希薄になってしまいます。なので、定期的に友達と連絡を取ったり、会う機会を作るようにしてみましょう。そうすれば、友達への意識を持ち続けられます

 

人間関係を面倒に感じない


働き始めると一日のほとんどを職場の人と過ごすことになり、学生時代の友達と連絡を取ったり会う時間よりも長くなります。職場の人と仲良くなれると会社関係での友達は増えます。しかし、中には「仕事は仕事」と割り切り、事務的な関係でよいと考える人もいます。

そういう人は、職場で新たな友達ができることはなかなかありませんので、これまでの友達と連絡を取ったり会ったりすることが大切なのですが、仕事でのしがらみだったり、時には苦手な人とでも仕事は一緒にしなければならないので、職場での人間関係に疲れたり面倒に感じることがあります

そうなってしまうと、友達と会うことも億劫になってしまい、段々と疎遠になっていくうちに、気が付けば友達がいない社会人になってしまっているのです。人間関係が面倒になっても、これまでの友達との連絡はおろそかにしない心がけて行きましょう。

 

仕事を友達と比較しない


仕事をする場所は、大企業から中小企業、町工場のような少人数の職場まで様々ありますが、やはり大企業で働いて給料が沢山貰えることには誰しも憧れがあります。また、医者や弁護士のように、一般的にはエリートと言われるような仕事もなかなか就けるものではありません。

社会人になると学生時代の友達との会話でもやはり仕事の話題が中心になりがちです。それを友達と比較してしまうことで友達の縁が切れてしまうことがあります。「何でこいつだけ良い企業に就職してるんだよ」のような妬みや「お前たいしたことない所で働いてんな」と見下してしまうことで、悲劇が起きるのです。

些細な妬みや見下しによって、友達を失う可能性はゼロではありません。こうなると、当然友達がいない社会人になってしまいます。やはり、自分は自分、人は人です。何でも友達と比較するのはやめるようにしましょう。

 

いかがでしたか。元々内向的な性格の人は、自分から人に話しかけたりするなど、できることからでよいので自分で努力する必要があります。学生の時は相手から話しかけてもらえることもありますが、仕事となると自分のことで精一杯ですので、なかなか話しかけてくれることはありません。ですが、自分からコミュニケーションを取っていけば、必ず友達がいない社会人から脱け出せます。

一方、学生までは友達が普通にいた人が、社会人になって友達がいないと感じたら、ほとんどが仕事で頭が一杯になったり、疲れのせいで友達と疎遠になっているからです。

社会人になれば生活の中心が仕事になるのは仕方ありませんが、友達がいない社会人にならないためにも、適度に連絡を取り合うようにしていきましょう。これだけで、友達がいないと感じることはなくなるはずです。

まとめ

友達がいない社会人にならないためには

・内向的にならず自分から話しかけるようにする
・忙しくても友達には適度に連絡する
・一人で過ごすこと楽しさを感じても友達との時間は作る
・しがらみがあっても人間関係を面倒に感じない
・仕事や給料を友達と比較しない