極度のあがり症をなんとかしたい!克服への5つのステップ

極度のあがり症をなんとかしたい!克服への5つのステップ
自分は極度のあがり症だから克服することも難しそうだ……。と諦めている人はきっと少なくないですよね。確かに、あがり症を克服して大事な場面でスマートに振る舞えるようになるにはかなりの努力が必要ですが、それでも成果は必ず得られ、「努力して良かった」と思えることは間違いありません。一時の努力よりも、これからずっと極度のあがり症を抱え、良い年齢になってもうまく実力を発揮できないストレスの方が大きいはずです。

あがり症を克服するなら早いに越したことはありません。現在あがり症にお悩み中のあなたも、この機会にあがり症とさよならしたくありませんか?

そこで今回は、あがり症を克服するための方法について順序を追ってお伝えします。

 

極度のあがり症をなんとかしたい!
克服への5つのステップ

 

なぜあがってしまうかをじっくり考えよう

あがり症克服のためには、敵を知ることが大切です。つまり、あなたがなぜあがってしまうのかを考える必要があるということ。

あがってしまう時、あなたは何を心配しているでしょうか。不特定多数または特定の人の前で恥をかきたくない、未経験のことだから何があるか不安、過去に失敗したことがありまた失敗するイメージに囚われるなど、人それぞれの理由があるはずです。

まず、紙か何かにあなたがあがってしまう時の状況を書き出しておいて下さい。これが後々のあがり症克服法に大きく役立ちます。

 

原因がわかったらその改善を試みよう

あがってしまう状況がわかったら、それを解消することに努めましょう。例えば失敗経験のせいであがってしまうという人は、失敗した時のことを思い返してその要素を潰します。また、未経験のせいであがってしまうということなら下調べをしっかり行い、準備万端で臨めば自信が付きますよね。

人前で恥をかきたくないという理由なら、これは意識の改善が必要です。「人前で失敗することの何が恥ずかしいのか」と開き直り、自分を良く見せようという見栄を捨てるようにしましょう。これは少し難しいので、次項でお話しするような「あがり症になりやすい性格」と向き合う必要があります。

このようにして、あがってしまう原因を一つずつ解消することで本番への自信に繋がり、経験を積むうちに少しずつあがりにくくなることが期待されます。

 

あがり症になりやすい性格を把握しよう

あがり症は性格によるものが大きいということはご存知のはずです。あがり症に陥りやすい性格は、「見栄っ張り」「自意識過剰」「困難から逃げたがる」というものがあります。

この性格を改革する努力があがり症克服には不可欠です。人前で見栄を張り、格好を付けられるほど能力がないことを認める必要がありますし、実力が伴わない見栄は虚しいものと理解しなければいけません。

また、あなたが思っているほど周囲はあなたの挙動を意識していないことも自覚しましょう。そして何より、苦手だからと逃げていてはいつまでも克服できないので、あがり症に立ち向かう覚悟を持つことです。

 

身体の緊張をほぐす方法をマスターしよう

あがり症と戦う意志がしっかり固まったら、身体の方の緊張をほぐす手段を覚えましょう。いくら心に決めても、あがり癖が付いた身体がすぐに言うことを聞いてくれるようになるとは限らないからです。

身体の緊張をほぐす方法はいくつかあり、事前にお腹に何か入れておく、身体を軽く動かす、自分なりに決めた「緊張をほぐす儀式」を行うなどがあります。この中から自分に合ったものや自分が緊張しやすいシチュエーションで取り入れやすいものを選んで、大きな舞台の前に実践する習慣を付けましょう

身体の緊張さえ解消すれば、いつもよりスムーズに話せたり行動できるようになります。完全にあがらなくなるまでは時間がかかりますが、少しずつ慣れていくことが大切です。

 

成功経験を積み重ねていこう

身体の緊張をほぐし、前回よりも、前々回よりもあがらずに済んだという経験を積むことがあがり症克服への近道です。自分が求める成功像とは程遠くても、少しずつ成長しているという自覚を持つことであがり症に立ち向かう勇気が湧いてくるはずです。

このように成功経験を積むことで、あがり症に陥りやすい性格の「困難から逃げたがる」という意識を変えることができます。どんなことでも努力をすれば良い方に向かうと自覚できれば、苦手なことから逃げる必要性を感じなくなるからです。

意識の改革、そして身体のコントロールを両方クリアできれば、成功したと感じられる場面は増えていくはずです。

 

いかがでしたでしょうか。あがり症を克服するために必要なステップを順番にご説明しました。

あがり症はまず性格的なものが根底にあり、その性格から失敗経験を重く捉えて恐怖を抱くようになります。そして、その恐怖心が身体の自由を奪うことでさらなる失敗を招く……という順を辿っていくのが一般的です。

この負の連鎖を断ち切るためには、根元にある「あがり症になりやすい性格」を客観視できるようになり、今後の失敗を防ぐ方法を論理的に考え、そして身体のコントロール法を身に着けるという順番で行うのが最もスムーズです。

あがり症は自分自身が原因で起こるものです。しかし、それは裏を返せば自分だけの努力でいくらでも改善可能ということですから、諦めずにあがり症克服を目指して踏み出しましょう。

まとめ

あがり症を克服するためには

・なぜあがってしまうかをじっくり考えよう
・あがる原因がわかったらその改善を試みよう
・あがり症になりやすい性格を把握し、意識を変えよう
・身体の緊張をほぐす方法をマスターしよう
・成功経験を積み重ねていこう


連記事