人前での緊張を味方に!あがり症を克服する5つの方法

人前での緊張を味方に!あがり症を克服する5つの方法
4月になると、新社会人や新入生は自己紹介、また時期に関係なく結婚式のスピーチや仕事のプレゼンなど、人前で話すことが苦手なあがり症の人はこうしたことに極度に緊張するので何とか克服をしたいですよね。

そもそもなぜ、人前で話すことに緊張してしまうのかというと、そこには3つの原因があります。それは、「場慣れしていない」「プレッシャーを感じる」「準備、練習不足」です。

ただ原因が分かっても、しょっちゅう人前で話す機会のある人は少ないでしょうし、プレッシャーはどうしても感じてしまうものです。また、いくら準備や練習を丹念に行っても、本番は空気も違いますし、人前での緊張が簡単に克服出来るわけではありません。

そこで今回は、人前での緊張を和らげ、あがり症を克服する5つの方法をお伝えします。



 

人前での緊張を味方に!
あがり症を克服する5つの方法

 

体をほぐしてリラックスしよう


人前で話す時に緊張している人のほとんどは、上半身に力が入っている状態です。このような状態では声が思うように出せず、手足は震えてきてしまうでしょう。さらに、厄介なことに上半身に力が入っているのが自分では分からない為に、声や手足の震えを修正することも困難になります。

このようなことを防ぐ為には、日常的に体をほぐすようにして下さい。首や肩を回したり、手足を伸ばすなどの簡単なストレッチで十分です。普段から体をほぐしておくことで、人前の緊張する場面でも体に余計な力が入ることはなくなります。

また、本番前のストレッチは効果的なので、そちらも合わせて実践してみて下さい。これを習慣づけると、人前での緊張も克服していけるでしょう。

 

腹式呼吸を意識しよう


人前で緊張した状態で話している人は、声が震えていたり、呼吸が乱れていたりしますよね。その原因は、呼吸が浅くなっていることにあります。呼吸が浅くなると、短いスパンで呼吸を繰り返しますので、声が安定せず、周りの人は聞き取りにくくなってしまうのです。

逆に言えば、呼吸を安定させれば、声も安定することになります。その為には、腹式呼吸を意識して行うようにしましょう。腹式呼吸は、沢山の空気を取り込む呼吸法なので、これを行えば呼吸が浅くなるのを防げます。

しかし、いきなり腹式呼吸と言われても簡単には出来ないこともあるでしょう。なので、まずは人前で話す時、ゆっくりと呼吸することを意識してみて下さい。それだけでも、落ち着きが出るので、効果があります。そして、ゆくゆくは腹式呼吸を意識せずに話せるようになれば、人前での緊張も克服されます。

 

実際にスピーチしている自分を確認する


人前でスピーチすることになり、その内容が決まったら、スピーチ練習を行う人がほとんどですよね。その際、スピーチしている自分の姿をカメラやスマホなどで録画し、どう映っているかを客観的に確認することが、人前での緊張を克服することに繋がります

自分を客観的に見るのは勇気がいることなので、最初は見たくないと思うかもしれませんが、いざ見てみると、思った以上に出来ていると、自信を付ける人がほとんどです。自信が付くことによって、緊張もしなくなります。

また、録画することによって、「ここをこうしたらもっと良くなる」といった改善点も見つかりますので、より具体的な練習が出来るようになります。その他、姿勢や目線の配り方など、スピーチ以外の部分もチェック出来るので、録画して確認するのはおすすめです。

 

話す目的を確認する


人前で話す時に緊張する人は、「人に見られて恥ずかしい」「失敗したくない」という考えが、先に立っているのが特徴です。その為、スピーチをする目的を忘れてしまっていることが多いのです。

ここは、一旦冷静になって、このスピーチは何の為にするのかを一度思い出して下さい。スピーチの目的を常に意識することによって、緊張は軽減されていきます。

 

人とのコミュニケーションに慣れる


同じ人前で話すにしても、気心の知れた人なら全然緊張しないのに、知らない人ばかりだと途端に緊張するという人も多いことでしょう。そういう人は、人見知りである場合が多いものです。

人見知りを克服するには、勇気がいることかもしれませんが、初対面の人に積極的に話しかけていきましょう。もし、合コンやパーティーに出席することがあれば、ぜひ実践して下さい。一度話しかけてコミュニケーションが取れれば、次の機会からは自分が思っている以上に、積極的に話しかけられるようになれます。

初対面の人に話しかけていくのに慣れてくれば、人見知りは克服出来ますので、自然と人前での緊張も克服出来るようになります。

 

いかがでしたか。人前での緊張を克服するのは、気持ちだけでなく、体も整えることも大切なことに驚かれた人も多いことでしょう。やはり、心身が整ってこそ、人前でも普段と同じように話せるようになるのです。

心身を整え、人前での緊張を克服するには、お伝えしたことのどれか一つを実行すればよいのではなく、全てを実行しましょう。例えば、体だけほぐしても腹式呼吸が出来ていなければ声は震えますし、目的を確認しなければ恥ずかしいという思いが立ってしまいます。

お伝えしたこと全てを実行した上で、あとは恐れず経験を積んでいくのが重要です。そうすれば、必ず人前での緊張は克服され、素晴らしいスピーチが出来るようになるでしょう。

まとめ

人前での緊張を克服するためは

・上半身の力を抜く為に、体をほぐしたりストレッチをしよう
・呼吸が浅くなることを防ぐ為に、腹式呼吸を意識しよう
・スピーチの練習を録画し、自分を確認してみよう
・スピーチする目的を常に意識しよう
・人見知りを克服しよう