人と話すのが嫌い…対人ストレスを解消する5つの方法

人と話すのが嫌い…対人ストレスを解消する5つの方法
仕事でもプライベートでも、対人関係は切っても切れないものですし、人と話すのが嫌いだからといって、会話することは避けて通れるものではありませんよね。しかし、人と話すのが嫌いだと、会話することでストレスが溜まってしまいます。

ストレスを解消したいからといっても、対人関係をなくすということは出来ません。ですから、人と会う以外の時間をどのように使って、ストレスを解消するかが大切になってきます。

対人関係のストレスを上手く解消出来ずに溜め込んでばかりいると、日常生活に支障をきたす恐れもあります。人と話すのが嫌いでも、出来るストレス解消法がありますので、溜め込まないようにしていきましょう。

そこで今回は、対人ストレスを解消する5つの方法をお伝えします。



 

人と話すのが嫌い…
対人ストレスを解消する5つの方法

 

人に会わない時間を過ごす


対人関係のストレスは、人と会うことで感じるものですので、単純に人に会わない時間を作ることが、ストレス解消につながります。これなら、人と話すのが嫌いであっても人と話さずにすむので、ストレスを感じずに済みますよね。

仕事の時は、どうしても人と関わらなくてはならないので、ストレスは溜まりやすいですが、その分休みの日は、とことん一人の時を過ごすようにしてみましょう。何をするにしても、全て自分の都合で動いて好きなことをすればよいのです。

最近「一人カラオケ」や「一人焼き肉」など一人○○が定着してきましたが、これは対人関係が苦手な人が多い表れと言えるでしょう。一人○○は他人に気兼ねする必要がないので、ストレス解消に効果を発揮します。なので、一人の時を上手く過ごすことが、ストレス解消には大切になります。

 

気心の知れた人に会って不満を聞いてもらう


人と話すのが嫌いだとしても、対人関係で溜まったストレスや不満を、誰かに聞いてもらいたい気持ちはあることでしょう。そんな時は、気心の知れた友人や家族と会って、ストレスの元となっている不満をぶちまけてしまいましょう。

不満を吐き出すことによって、気持ちが楽になっていきます。ただし、人と話すのが嫌いな自分を分かってくれていて「この人なら」という人にだけ、不満を話すようにして下さい。

そして、上手く話せなくても良いので、自分の言葉で不満を言うようにしましょう。話す内容よりも誰かに聞いてもらっている時点で、ストレスのほとんどが解消されているはずです。

 

規則正しい生活をする


対人関係のストレスも他のストレスと同様に、規則正しい生活をすることで解消されます。規則正しい生活は「睡眠」「食事」「運動」が基本となり、睡眠は質の高い睡眠を取れば、一日の疲れやネガティブな状態をリセットしてくれます。

その為には、パソコンやスマートフォンを寝る2時間前にはやめるようにし、明かりや音を遮断します。また、自分に合った枕を使うことも大切になります。食事は、炭水化物や脂質、タンパク質の三大栄養素に加え、ビタミンとミネラルの5種類をバランスよく摂るようにしましょう。

運動は、心を安定させる効果があるセロトニンを分泌させる為に、ウォーキングやランニングなどのリズミカルな運動を行うのがおすすめです。これらは一人でやることも可能ですので、人と話すのが嫌いでも十分に行えます。生活を正して、ストレスを吹き飛ばしてしまいましょう。

 

仕事を変える


休みの日は一人で過ごすことが可能ですが、仕事となればずっと一人というわけにはいかず、人と話すのが嫌いでも、最低限の会話はせざるを得ません。その結果、耐えられないほどのストレスが溜まるのであれば、転職することもストレスを解消する手段になります。

仕事を選べば、人と接する機会をぐっと減らせることも出来ます。例えば、パソコンを使って色んなデータを入力する仕事は、会社でやるタイプもあれば自宅でやるタイプもあります。会社でやる場合は、多少の対人関係は生じますが、仕事中はパソコンと向かい合って行うので、人と関わることは、ほぼありません。

また、ネットを利用して企業や事業者から仕事を受注出来る「クラウドソーシング」というものもあります。基本的に、在宅でパソコンを使って行う仕事が主であり、企業や事業者とのやり取りもメールが中心なので、人と直接接することはまずありません。

色んな仕事や働き方がありますので、自分に合ったものを見つけましょう。そうすれば、ストレスも解消されていきます。

 

「人と話すのが嫌い」を改善していく


人と話すのが嫌いだからといって、一生人と話さずに過ごすのは不可能です。人と話さない日を作っても、いずれ話さざるを得ない日が必ず来るので、ストレスは溜まります。なのでこの際、「人と話すのが嫌い」を改善してしまい、ストレスを感じにくくしてしまいましょう。

改善していくには、人と話す練習をし慣れる必要があります。泳げない人が泳げるようになるには、泳ぐ練習をしなければならないのと同じで、習い事やサークル、ボランティアなどに参加して色んな人と触れ合うようにしていきましょう

その時は、自分のことを先入観を持たずに見てくれる、知らない人ばかりのところに参加するのがおすすめです。最初は勇気がいりますが、長期的に見れば改善していく価値はあります。人と話すのが嫌いな自分を変えたい人は、ぜひ一歩を踏み出してみて下さい。

 

いかがでしたか。溜まる対人関係のストレスを解消するには、人と会わない時間を作ることが、すぐに始められる方法です。一人だけの時間をリラックスして過ごすことが、心身をリフレッシュさせてくれるでしょう。

また、人によってストレスの溜まり具合は違います。仕事上、人と話すことでストレスが溜まるとしても、それが耐えられる範囲なら休みの日に解消すれば良いのですが、毎日が耐えきれないのであれば、転職や、根本原因である「人と話すのが嫌い」であることを改善していくことも考えるようにして下さい。

ストレスは溜めておくと、体に悪影響を与えますので、休みの日などに思いっ切り発散したいところです。そうすれば、仕事やプライベートを生き生きと過ごすことが出来、充実した日々を送ることが出来るでしょう。

まとめ

対人ストレスを解消するには

・人と会わない時間を作り、自分だけの時間を過ごす
・気心の知れた人に不満を話し、気持ちを楽にする
・規則正しい生活をし、体調を整える
・人と接することが少ない仕事に変える
・人と話す練習をして「人と話すのが嫌い」を改善していく