自分に自信をつけるために心掛けたい5つの考え方

自分に自信をつけるために心掛けたい5つの考え方
自分に自信がない人は、見た目や普段の言動などもどこか頼りなさげで、マイナスなイメージを持たれることが多いもの。なので、自信をつけるには、これらの見た目や言動からくるイメージを逆転させることが必要になりますよね。

人は成長していくにつれさまざまな要因にさらされますが、それらを受け止め、処理していく過程は人それぞれ違いがあります。自分に自信のある人の多くはそれらを糧にして成長していきますが、自信のない人は、さまざまな要因から一定の距離を保ったまま自分をなるべく傷つけないようにしてきた、という人も多いでしょう。

その状態は「殻に閉じこもる」とも表現されますが、自信をつけて変わりたいと思うのであれば、まずはその殻を破ることが最初の一歩になります。そこで今回は、自信をつけるために心掛けたい5つの考え方についてお伝えします。



 

自分に自信をつけるために
心掛けたい5つの考え方

 

毎日達成できそうな目標を立てよう


自信をつけるための簡単な方法は成功体験や日々継続している行いです。それには自分で目標を立て、自分の意志で行動していくことが重要になります。

なかには、目標を立てたり継続することが苦手な人もいるでしょう。また、自信のない人は自分に自信をつけようと高い目標を掲げたり、達成までに長い時間を要する目標を立てたりした結果、息切れしてしまい途中で挫折してしまったという人もいると思います。

自信をつけるための目標は簡単なもので充分です。そして毎日継続していけることが重要です。早起きする、靴をそろえる、トイレ掃除をするなど、普段はあまり自分でやっていないけれど、意識して続けていけそうだなと思うものがあれば行動に移しましょう。

普段できなかったことが出来ると自信に繋がります。自分で立てた目標を行動に移して達成したあと、「これなら明日も出来るな」と思うことができれば、それが自信なのです。

 

自分と他人を比べることをやめよう


仕事でも恋愛でも自分と他人を比べてしまうような場面はいくつもありますし、家族や友人、SNSなど普段の生活の中でも他人と比べようと思うとキリがないくらい多いものです。そんな当たり前になっている他人との比較をやめてみることが、自分に自信をつける方法になります。

他人と比べ始めると、どうしても自分が劣っているように見えて、落ち込んでしまうこともあるでしょう。しかし、物事の優劣を見るには比較対象がどうしても必要になります。そのような場合は他人と比較するのではなく、過去の自分と比較してみるのがよいでしょう。

昔の自分と比べて今の自分は頑張って進歩できていると自己評価ができれば、それが自信になりますし、自分を知ることにもなります。自信をつけると他人からの評価もあまり気にならなくなり、余裕を持つこともできるでしょう。

 

知識を身につけて自分を高めよう


自信がない人の不安や恐れは主に知識不足などからくるものも多いでしょう。そうした不安や恐れは、知識を得ることで自信をつけることに繋がります

例えば、初めての土地で地図や下調べもなく目的の場所まで行かなければならない状況はとても不安です。しかし、インターネットや書籍である程度の下調べをし、知識を得られれば自信を持って歩くことが出来るでしょう。

そのように知識を得られれば、もし何かあっても自分なら対処できるという自信にも繋がりますし、分からないことがあれば調べようと行動に移す癖も身につくでしょう。

 

自分への問いかけは前向きな内容にしよう


普段の生活を送る上で、うまくいかなかった経験や失敗してしまった経験は誰でもあるものです。しかし自信のある人とない人とでは、その後の自分への問い方、考え方に大きな違いがあります。自信のない人は「なんで自分はできないんだろう」「やっぱり自分はダメなんだ」と考えがちです。これでは自分で自分をさらに責めるという悪循環に陥ってしまいます。

自信をつけるためにはこのような考え方を控えて、失敗したりうまくいかなかった時は自分にとって成長できるチャンスなのだと捉え、「どうしたら出来るようになるか」「自分は何が出来た」などの前向きな考え方をすると良いでしょう。

これらの前向きな考え方が出来るようになると、物事を冷静に捉えることも出来るようになり、自分の中にも余裕が生まれます。さらに物事を細分化して、自分が出来ること、まだ出来ないことに分けることで自身の成長に必要な課題も見えてくるでしょう。

 

人には負けないアピールポイントを作ろう


自分の容姿に自信がないという人のなかには見た目のせいでイヤな思いをしたり、我慢してきたという経験もあるでしょう。そのような時は「やっぱり自分なんか」と思わずに自分のアピールポイントを作りましょう。

持って生まれた容姿は自分の努力で補える部分もありますが、どうにもならない部分もあります。しかしアピールポイントは自分の努力次第でいくらでも作れますし、そうすることで自信をつけることも出来ます

自分に興味のあることや出来るようになりたいと思っていることがあるなら、それをどんどん伸ばしましょう。料理なら誰にも負けない自信がある、本や映画の知識なら得意だ、そろばんや語学、勉強などは頑張ってきたというのもアピールポイントの1つです。

自分の欠点などに目が行きがちな人は「どうせ自分なんて」とせっかくの良いところが曇ってしまうものです。自分を正しく評価してアピールポイントを作っていければ、容姿の悩みはちっぽけなものに思えてくるでしょう。

 

いかがでしたか。今回は自信をつけるために心掛けたい5つの考え方についてお伝えしました。自信がなくて自分はダメなんだと頭で考えている人は自信をつけるために行動することで大きな変化が起こります

行動を起こすためには目標設定が必要になります。まずは小さな目標からスタートし、成功を積み重ねて自己評価を高めましょう。

しかし、自分は成長しているのかを知るために他人と比較してしまうのは避けましょう。あくまで過去の自分と比べてどうなのか、というのが正しい自己評価のためにも大切なのです。

また、失敗は自分が成長できるチャンスと捉え、浮かび上がった課題をクリアするための知識を高めていくことが大切です。

あなたが好きなことや得意なことを話している時、異性や同僚、友人などにはとても自信に満ちて輝いて映るでしょう。今までお伝えしてきたことを心掛けて、あなたの自信を手に入れるために実践していきましょう。

まとめ

自分に自信をつけるために心掛けたいこととは

・毎日達成できそうな目標を立てよう
・自分と他人を比べることをやめよう
・知識を身に着けて自分を高めよう
・自分への問いかけは前向きな内容にしよう
・人には負けないアピールポイントを作ろう