人と話すのが下手でも気にしない!楽しく身に付く会話術

人と話すのが下手でも気にしない!楽しく身に付く会話術
話すのが下手な人にとって、人と会話するのは地獄のように感じますよね。もちろん、孤独を愛しているわけではないし、むしろ友達が欲しくて仕方がないはずです。

でも、人と話すのは緊張してうまくいかない。「私は話すのが下手だから…」と思えば思うほど、どんどん人と話すことができなくなってしまいます。なんとか話し上手になりたい!と思うものの、会話上手になるためのハウツー本を読んだところで、絶対できなさそうなハードルの高いスキルばかり。どれも簡単そうではありません。さらに気持ちはグレーへといざなわれます。

でも、本当はそんな会話スキルが必要なわけではないのです。話すのが下手でも楽しく会話できれば良いはずです。

そこで今回は、人と話すのが下手でも楽しくみんなと話せるよう、楽しく身につく会話術についてお伝えします。

人の話をよく聞く

人と話すのが下手だと、上手に話さなければいけないと思ってしまうものです。そして、「話さなきゃ、話さなきゃ」と焦ってしまい余計に話せなくなるものです。

しかし、本当の話し上手は、よく話す人ではありません。意外にも真逆で、人の話を聞ける人が話し上手になれるのです。よく「話し上手は、聞き上手」と言われますよね。ですから、まずは、ここの意識を変えましょう。

ただ、聞き上手になるというのは簡単ではありません。まずは落ち着いてじっくり相手の話を聞く努力から始めてみましょう

聞くことに慣れてきたら、話のポイントが分かるようになってきます。そこで相づちを打ってみましょう「うん、うん」とか「ふ~ん」などの簡単で相手も気に留めないような相づちからで構いません

そのうち、相づちに相手がなんとなく喜んでいることが分かるようになってきます。相手を喜ばせることができているような気がすると、話を聞くのも楽しくなってきます

そうなってきたら、次のステップは質問をすることです。とにかく相手に話させるようにすると、またさらに楽しさがアップします。

 

相手のことを知ろうとする

だれかと会話する際には、自分のことだけではなく、相手のことを考えることが大切です。この心構えがないと、ますます話すのが下手になっていきます。

気を付けたいのは、自分が次に何を話すかを考え過ぎないことです。つまり、「次に何を話せばいいかな~」なんて考えてしまうと真剣に聞くことができなくなってしまいます

次に何を話すかは真剣に話を聞いてこそ、見つかるものです。不安はあるかもしれませんが、後のことは考えず、とにかく聞くようにしてみましょう。

聞いてるうちに少しづつ相手への理解が深まります。だんだん何について喜ぶのかが分かるようになってきます。こうなると、相手の喜ぶところで相づちを打てるようになってくることでしょう。

それを繰り返すうちに、相手を尊重していることが伝わり、相手もこちらに話を振ってきてくれるようになります。その時には、話すのが下手かどうかなど問題ではありません

そんなことは気にせず、思うように話してみましょう。会話のリードは相手が取ってくれるでしょうから、それに任せましょう。

 

人の会話を観察する

会話上手になるには、会話上手な人を真似るのも一つの方法です。といっても、そのスキルを盗むというような安易な考えはやめておくのが無難です。単に盗んでも会話上手にはなれません。かえってぎこちない会話になり、ますます自分は話すのが下手だと感じさせられることになりかねません。

そうではなく、その会話スタイルを分析してポイントを押さえることが大切です。

そこでまず、話がしやすいと感じる人、みんなと会話がいつも弾んでいる人をピックアップしてみましょう。そしてどうしてそう感じるのかを分析してみるのです。

しばらくは辛いかもしれませんが、そういう会話上手な人たちの間に身を置くようにしてみましょう。大切なのは、その人たちと自分を比べないことです。あくまで、学ぶという目的を忘れないようにしましょう。観察していると、いつの間にか会話上手になるコツがなんとなく分かり、自然とできるようになってきます

 

このように、本当は人と話すのが下手でも気にする必要はないのです。でも現実はそう割り切れるものではありません。なんとか話し上手になろうともがけばもがくほど、うまくいかず落ち込んでしまったりするものです。

そこで重要なことは、考え方を変えること。実のところ、話すのが下手だと思っているのは自分だけで、周りは何とも思っていないものです。ですから、下手かどうかなんて気にせず、自分の可能性を信じるようにしましょう。自分の意識を変えれば周りの目も変わったように感じるものです。

そして、自信を持って相手の話を聞くことを心がけること。にこにこと笑顔でしっかり聞いて、気持ちよく話してもらいましょう。よく観察して相手に気持ち良く話してもらうコツをつかめれば、人と会話するのが下手なんてことは気にならなくなります。ぜひ多くの人と会話していきましょう。

まとめ

人と話すのが下手でも気にしないために

・ 相手の話をよく聞いて相づちを打ったり質問したりすることに慣れる
・ 相手に関心を持ち、気持ち良く話してもらう
・ 人の会話を観察し、上手に会話するコツをつかむ


連記事