大人の孤独と向き合う!友達がいない貴方への5つの処方箋

大人の孤独と向き合う!友達がいない貴方への5つの処方箋
大人の孤独感、友達がいない状況が虚しくて仕方がない、そのような事態は誰にでも起こりうることですよね。忙しい日々、目の前に消化しなければいけない課題が山積みで、とても余暇を楽しむ余裕などない! 学生時代の親友達とも疎遠になってしまい、その淋しさからひどい孤独感に陥るというケースも少なくありません。

そんな時には周囲の人達は人生を満喫しキラキラ輝いているのに、何故自分だけ何かに縛られている様な生活を強いられるのだろうなんて思ってしまうものです。でも、実はそれは気持ちの持ちようで全く違って見えてくるものだということに気付けばとても心は軽くなります

そこで、今回は大人の孤独と向き合う!友達がいない貴方への5つの処方箋についてお伝えします。



 

大人の孤独と向き合う!
友達がいない貴方への5つの処方箋

 

友達が欲しいなら『趣味』が一番


大人になり友達がいない環境に不満を持っているなら、チャレンジ精神を奮い起し友達を作る努力をしてみましょう

しかし、いきなり友達を作るといっても何をしてよいか分からない、まずはそんな壁にぶち当たりますよね。共通点のない人とは友達になれそうなチャンスがあっても話も続かないし気を遣わなければいけないので負担になります。

そんな時、共通の『趣味』を持つ相手となら楽しい時間を共有できます。また、楽しいことは、1人よりも2人の方が更に楽しめるということも多いものです。好きな話題なら会話も盛り上がるし、知らなかったことを知ることが出来たり、自慢話も出来たりと、楽しみ方も広がりますし何より飽きることがないですよね。人付き合いが苦手な人も共通の趣味をもった人となら接点があり仲間意識が湧くものです。

もし、趣味がないなら趣味を探すことから始めてみましょうレクチャーしてくれる方がまずは最初の友達になってくれます

大人で友達がいないことをお悩みの方にオススメしたい趣味はツーリングやアウトドア、インドアスポーツなど。ダーツ・ビリヤードなどBARではお1人様で楽しんでいる方も多く、そんな愛好家や店員さんなどに教えて貰うのが仲良くなるきっかけになります。

ネット上の仲間達が集うオフ会もTwitterやスカイプを通しての交流から発展する仲間づくりです。いきなりの『はじめまして』ではなくゲームなどオンライン上では顔馴染みなので趣味を通して積極的に外に出て大人同士、友達がいない現状を打破するには最適です。

 

気を遣い過ぎない人間に自己改造


大人として『周囲への気遣い』は人付き合いの中では優先順位の上位にくるものです。根が真面目な人ほど過度に気遣いを大事にしてしまい堅苦しくなってしまうものです。

大人になり友達がいない自分を孤独と感じるのならば、その様な性格を見直し変えてみましょう。常に自分勝手はNGですが、自分を偽り無理する必要はありません。親しき仲にも礼儀あり!でも、それにも限度はあります。相手に合わせるだけではなく、自分をさらけ出してみることも時には必要です。建前だけで付き合う友達よりも本来の自分の姿も知っている友達は本当の意味での親友になれるのです。

 

親友がいないのを孤独と思いこまない


常に一緒に行動できる友達がいれば楽しいかも知れませんが、大人になれば友達との遊びよりも優先しなければいけないことも出来てきます

仕事や家庭、子育てなど大人には友達がいないシーンもたくさんあるものです。負うべき責任が増えれば、他のことに充てる時間は少なくなるのは当然のこと。馴染みの友達と遊ぶのも、ましてや新しい友人を作るなど至難の業。それを寂しいと感じるのは仕方ないですが、少し見方を変えてみましょう

今現在のあなたにはすべきこと『使命』がある。それを全力でやりきれば数年後には、また、自分のための時間が出来る!実は、大人になり友達がいない時期があるのは、ほとんどの人がそうなのです。同年代の友人が自由なのを見て羨ましくなっているだけかもしれません。

しかし、仕事や家庭はあなたの人生のプログラムにとってとても意味のあるものなのです。今は、親友と呼べる人はいないが、仕事や家庭など全力で守るべきものがある。日常的に周囲にいる人は仕事関係やご近所、子供の保護者などあなたが望むような深い友情を育める相手ではなくても、それがあなたの今の環境と割り切るのも時には必要です。

つまり、その時期にはアクティブな親友ではなく静かで穏やかな友人関係を構築する時だと自分に言い聞かせてみると、気持ちも軽くなるものです。

 

多くの友人が欲しければおもてなしの心


大人になり友達がいない日常を味気ないと感じるのなら、心の壁を捨て去り多くの人に対して温かいもてなしの心が友達づくりのコツになります

手間暇を面倒がらず積極的に知人を自宅に招き、アットホームな雰囲気を演出したホームパーティーなどを企画してみます。引っ込み思案の人でも、ホンの少しの努力を惜しまなければ新しい友情を育むことも可能です。

 

魅力的な人間になる努力


大人になり友達がいないのは淋しい、親友を作りたいと思ったら、まずは自分を磨いてみましょう

友達とは、ありのままの自分を把握していてくれ更に受け入れてくれる人であるのが理想です。そのためには自身も魅力的な人間であること、それが人を惹きつける条件なのはいうまでもありません。日常の中で素敵な人に出会ったら、その魅力を分析してみて自身もそれに近付けるような努力をしてみましょう。飾ることなく、ありのままが素敵な人になれるような努力を惜しまない人は、それだけでも魅力的なものです。

 

いかがですか。以上が大人の孤独と向き合う!友達がいない貴方への5つの処方箋です。

友達の存在に感謝する時はいつでしょう。それは楽しい遊びも勿論ですが、一番は悩んだり疲れている時に気持ちを分かちあえる人が側にいてくれることですよね。孤独と感じるのも、表面上の付き合いは虚しいと感じるのも人それぞれ。常に現状に満足出来ない人はどんな状況であっても不満を感じるものです。

自分を磨けば、自信が持てます。また、魅力がある人は自然に人が寄ってくるものです。大人になったせいで友達がいないなど理由付けはNGです。それだけで物事の発展を阻止してしまいますから、常に前向きな姿勢でいることが大人の孤独、友達がいない生活への決別につながるのです。

まとめ

大人の友達がいない悩みを解決するには

・『趣味』を増やしましょう
・気を遣い過ぎない人間に自己改造しましょう
・親友がいないことを孤独と思いこまない
・多くの友人が欲しければおもてなしの心を持つ
・魅力的な人間になる努力を怠らない