人付き合いが面倒と思ったら試したい5つのリフレッシュ法

人付き合いが面倒と思ったら試したい5つのリフレッシュ法
色々な疲れが溜まって来ると、人付き合いが面倒になってくることがありますよね。でも、そんな面倒くささのほとんどは一時的な感情で、適切にリフレッシュすればまた元のように人と接することができるようになるものです。

もし、不意に人付き合いが面倒になってしまったら、ストレスを溜めながら無理をするよりもひと時心の休息を取ることをおすすめします。「面倒だな、嫌だな」と思いながら誰かと無理に付き合うと、自分自身が疲れてしまうだけではなく相手への態度もおざなりになってしまい、どちらにとっても良いことがありません。

こんな時のリフレッシュ方法と言えば、一体どんなものがあるでしょうか。そこで今回は、人付き合いが面倒だと思ったときにおすすめのリフレッシュ方法についてお伝えします。



 

人付き合いが面倒と思ったら試したい
5つのリフレッシュ法

 

スマホを遠く離れたところに置こう


まず、リフレッシュ法としてはごく軽いものがこちらです。現在は、スマホの普及によって仕事とプライベート、または友達関係とそれ以外の知り合いの線引きが薄れてきている傾向がありますよね。

家にいても仕事仲間のプライベートなSNSが目に入り、忘れたはずの同級生の生活が丸見えになってしまうのがスマホの恐ろしいところです。気力に満ちている時はこれらもただの情報の一部として捉えることができますが、疲れている時は返信するのもいいね!するのもおっくうになり、結果、人付き合いが面倒だという意識に繋がっていくはずです。

付き合い疲れが軽いうちなら、一日スマホを見ないようにしたり、電源を切っておいたりしてみましょう。依存症というわけでなければ、短時間でも人付き合いを意識せず自由に過ごせます

 

一人で没頭できる作業に打ち込もう


誰とも会いたくない、でも一人でいると他の人が何をしているか気になる……という症状が出ている場合は、人付き合いのことを忘れて一人の作業に没頭する方法をおすすめします。

ゲーム(ソーシャルゲーム以外)でも読書でも、仕事でも何でも良いので、人付き合い以外のことで頭を一杯にしておくのです。他者が直接関わらないことに時間を使っていると、自然に人付き合いのことは忘れてしまうもの。何もすることが無ければ他人のお誘いも断りにくいですが、趣味の範囲であっても予定があれば断りやすくなります

何かにストレスを感じたら、それからいったん離れることが大切です。人付き合いが面倒なら、付き合わない時間を確保するべきと言えるでしょう。

 

引っ越しを考えてみよう


同じところに長年住んでいると、近所付き合いやよく訪れるお店で顔見知りになるなど、知り合いの範囲も増えていきます。現代は密着した地域付き合いは減りましたが、それでもご近所との人間関係がこじれて苦痛を感じている人は少なくありません

そんな時にどうやってリフレッシュするかと言うと、やはり引っ越しをして住環境を一変させるという方法があります。持ち家にお住いの人には難しい方法ですが、一人暮らしの賃貸住宅なら引っ越すのもそれほど大変ではありませんよね。

引っ越しして自宅の位置が変われば方向が同じ同僚と一緒に帰宅する必要も無くなりますし、家が遠くなれば飲み会の誘いを断りやすくなります。人付き合いの面倒から逃れる手段としてはかなり有力な方法です。

 

実家に帰ろう


仕事がある日はもちろん、休日も誰かと会ったり遊んだりすることが多いと、とても疲れているのに断ることができないという泥沼にはまってしまいます。それをリセットするために使いやすい言い訳として「実家に帰る」というものがあります。

友達も恋人も、「実家に帰る」という理由で断られると「それなら仕方がないね」と納得してくれるものです。そして、断る本人も罪悪感を覚えにくいですよね。

実家に帰って家族と気の置けない会話をすれば、気遣いの連続で疲れ果てた心もリフレッシュできること間違いありません。

 

一人旅に出よう


引っ越しは難しい、実家も遠いという人は、いっそのこと長めの休暇を取って一人旅をしてみてはいかがでしょうか。行き先は国内でも海外でもどこでも好きなところで構いません。ただ、誰も知り合いがいない場所を選ぶことをおすすめします。

余程危険な地域でなければ今は一人旅もしやすい時代ですし、初対面でも親切にしてくれる人が意外と多いものです。慣れない土地で知らない人の温かさに触れれば、人付き合いの素晴らしさを再確認できる可能性もあります

人付き合いの面倒さは、常に同じ人と付き合うマンネリから生じることが多いものです。そんな時は距離的に離れてみて人間関係を見直すことも大切です。

 

いかがでしたか。人付き合いが面倒になった時、実践して頂きたいリフレッシュ法をお伝えしました。

人付き合いの面倒さとありがたさは紙一重で、いつもは「気にかけてくれてありがたいな」と思えても、自分のコンディション次第では同じ行動も「立ち入りすぎでは……」と不満を覚えることがあります。相手の親切やお誘いが重く感じるようになったら、それは疲れている証拠です。そんな時こそ、リフレッシュして元のように人の好意を100%受け取れるようになるべきなのです。

人付き合いが面倒という気持ちは一時的なものがほとんどです。ですから、短期間でも適度に距離を置いて一人になり、また誰とでも楽しく付き合えるようにコンディションを整えましょう。

まとめ

人付き合いが面倒なときにリフレッシュするには

・スマホを遠く離れたところに置こう
・一人で没頭できる作業に打ち込もう
・引っ越しを考えてみよう
・実家に帰ろう
・一人旅に出よう


連記事