喋ることが苦手な人必見!会話上手な人の5つの特徴


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/cp7/complex7.com/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465

喋ることが苦手な人必見!会話上手な人の5つの特徴
人前で喋るのは苦手!と仰る方は案外多いものです。それは、その相手が多くの人であっても、1対1であってもそう変わりはありません。

かなりマイペースな人物であれば相手の反応など気にせず自分を主張すれば良いので、特に考えこむこともないのでしょうが、喋るのが苦手と感じている方は一般的に周囲の人達が自分の意見に賛同してくれているだろうか、自分との会話を楽しんでくれているだろうか…などと様々なことを考えます

色々と気を遣っている内に疲れてしまうから喋るのは苦手と感じるのでしょう。でも世の中にはどんなお相手とも楽しそうにスムーズに会話出来る人はいるものです。

そこで、今回は喋ることが苦手な人必見!会話上手な人の5つの特徴についてお伝えします。



 

喋ることが苦手な人必見!
会話上手な人の5つの特徴

 

会話上手は聞き上手


会話上手な人と一言でいうと、どうしてもマシンガントークで場を盛り上げる人…をイメージしがちですが、果たしてそうなのでしょうか。

会話を楽しむということは言葉のキャッチボールが上手くいっていることが本来望ましい形ですよね。というわけで、会話上手な人の条件として、良い聞き手となれる素質も兼ね備えているのも大事なことなのです。

豊富な話題量もありながら一見会話の主導権を持っていそうでいて、実は適切な合間をみつけてはお相手の意見も引き出す能力を持っているのです。そんなちょっとしたテクニックで相互の言葉のキャッチボールが出来るのが会話上手な人。更にはお相手の言葉や反応に素早く的確に反応出来る能力も優れているのです。

つまり、喋るのが苦手な人が会話上手な人から学ぶべきことは、聞き上手になることと臨機応変な対応です。喋るのが苦手ならお相手の言葉を引きだせばよいのです。

そのポイントはお相手に興味を持つこと。仲良くなりたいと思えば自然に言葉もでてくるものです。

 

しりとりテクニック


喋るのが苦手な人に是非実践して欲しいテクニックとして、相手の言葉を繰り返して話すしりとりテクニックはとても簡単かつ重要です。これは、しりとり遊びと同じ要領で、相手の会話の中のポイントとなる『言葉』を拾いながら次の会話を広げていく方法です。

こうすることで、お互いの言葉を共有している実感があり、会話が一方的ではないことが確認できますので、より会話を楽しむことが出来ます。

簡単に言えば会話上手な人は相手が何かを言えば、それを復唱してそこから更に話を広げるというテクニックを持っているのです。

A「昨日は何をしていましたか。」 B「昨日は買い物に出かけました。」
A「買い物?どちらへ?」    B「○○のアウトレットへ行ってきました。」
A「○○のアウトレット!最近メディアでも話題ですよね~。」

一度復唱することで、ワンクッションおけて話題の広げ方も考える余地が出来ますから喋るのが苦手な方も身に付けておくと意外に使えるテクニックですよ。

 

相手視線でわかりやすく


そもそも会話というものは相手に情報を伝えるという性質があります。つまり大切なのは相手の視線や興味に沿った話が出来ることなのです。

会話上手な人は、常に相手の視線に立ち相手の状況や反応に応じて話の仕方を変えていける能力を持っているのです。喋るのが苦手な人は、会話上手な人のその様な観察力を学びましょう。観察眼は生まれつき持っている人もいますが、そうでない場合も鍛えれば身に付くモノです。

会話を楽しむコツは、相手の趣味・思考を素早く察知し、相手の理解力に合わせた話し方をするのが肝心なのです。

 

声のトーンや速度の調節


老若男女、相手が誰であろうとも会話を楽しめる会話上手な人は喋り方のテクニックを持っているものです。

お喋りテクニックの主なものは抑揚をもって緩急をつけて喋ること。全く同じ内容の話をするのでも会話に強弱があれば相手は飽きることなく興味深く聞くことが出来ます。会話上手な人は声のトーンやスピードをシーン毎に変えて使い分ける、そんなテクニックを持っています

喋るのが苦手な人が会話上手な人から学ぶべきことは、シーンに合わせたトーンやスピードなどの話し方のテクニックです。

 

会話上手は笑顔上手


会話上手な人は基本的に終始、和やかな笑顔で話すことができます。それは是非見習いたいものです。内容的に悪い話や悲しい話、重い話でもその辛さにどっぷり浸ることなくユーモアを織り交ぜ軽い雰囲気に転嫁して話す能力があります

勿論、不謹慎になってしまうことはいけませんが、聞いているお相手までドーンと落ち込ませてしまっては良い会話とは言えません常に前向きでポジティブな雰囲気を作ってくれると聞いている側も不思議と楽しくなり安心感を持てるものです。

お喋りが苦手な方も常に笑顔を意識するだけでも会話を楽しめるようになるものです。笑顔で相手が心を開いてくれれば、それだけでお互いの意思疎通もスムーズになるものです。

楽しい会話は笑顔がポイント、ライトで楽しい会話ならほとんどの方が気分良く受け入れられるものですよ。

 

いかがですか。以上が喋ることが苦手な人必見!会話上手な人の5つの特徴です。

会話を楽しむということは、よほど気心の知れた相手とでなければできないと思いがちですよね。でも、初めてあった人とでもまるで昔からの友人のように接することが出来る人もいて、喋ることが苦手な人にとっては羨ましいと思う事もあるでしょう。

その様な会話上手な人は、お相手の懐に入るのが得意なのかもしれません。会話の内容や話題が豊かなのも勿論ですが、お相手の気持ちを開かせる能力にもとても長けているのです。

会話というのは、決して独りよがりでは楽しめません。お相手の存在を常に意識し、趣味嗜好をリサーチする力が必要不可欠なのです。つまり、その条件は積極的に喋ることが出来るというだけではないということ。人とのつながりが薄くなりがちな現代、コミュニケーション能力も大切ですね。

まとめ

会話上手な人の特徴とは

・会話上手は聞き上手
・相手の言葉を繰り返して話すしりとりテクニック
・相手視線でわかりやすく
・声のトーンや速度の調節
・会話上手は笑顔上手