口周りのニキビは何故できる?その原因と対処法

口周りのニキビは何故できる?その原因と対処法
いつの間にかできている口周りのニキビ。視線が集まりやすい部分のため、とても気になりますよね。

この口周りのニキビは、どんな原因からできてしまうのでしょうか。おでこや頬などの一般的に言われるニキビができやすい部分の場合は、皮脂の分泌やスキンケア、髪が触れることなどが考えられますが、口周りのニキビに関しては、原因はそれだけではありません。人によっては、口周り以外には全くニキビが出ないのに、この部分だけいくつもニキビが出るということもあります

口周りにニキビができてしまうと、ついつい触ってしまったりメイクによって悪化したりもするため、すぐに対処が必要となります。そこで今回は、口周りにできるニキビの原因と、おすすめしたい対処法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ニキビから膿が出てきた!綺麗に治すためのセルフケア

ニキビから膿が出てきた!綺麗に治すためのセルフケア
ニキビから膿が出てきた!
嫌な肌トラブルのひとつである「ニキビ」が出来ただけでもショックなのに、更に悪化して膿がでてきてしまったなんていう事態にどうしたらいいか途方に暮れてしまう人も少なくないですよね。

そのような状態になってしまうと治療も長引いたり、少し良くなっても跡が残ってしまったりはしないだろうかと心配なこともあります。

そんな時は女性ならメイクをするのも嫌になってしまいますし、メイクをしても隠しきれずに外出することさえ嫌になってしまいますよね。男性でもそんな状態であれば髭剃りの刃をあてるにも気を使ってしまうことでしょう。

そこで今回は、そんな膿がでてしまったニキビを綺麗に治すためのセルフケアについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ニキビの芯は取るべきか?正しい3つの対処法

ニキビの芯は取るべきか?正しい3つの対処法
にきびができると、どうしても気になって、芯を絞り出したり潰したり…触らない方がいいと思いつつも、ついやってしまうものですよね。触ると雑菌が入って悪化するとか、潰してしまうと跡になるとか、芯を出すと毛穴が開いたままになるとか…しかし、その一方で、にきびは芯を取った方が早く治るという説もありますし、実際ににきびの芯を取った時の方がキレイに治った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。一体何が正しいのかと疑問に思った方も少なくないでしょう。

実は、にきびの芯の取り扱いについては、出来たにきびがどんな種類であるかによって変わってきます。そこで今回は、にきびの芯は取るべきなのか否か、にきびが出来た時の正しい3つの対処法についてご説明します。

[ →続きを読む… ]

ニキビの芯がキレイになくなるお手軽洗顔術

ニキビの芯がキレイになくなるお手軽洗顔術
ケアしているつもりでもなぜかできてしまうニキビ。白くて目立たない小さなニキビならまだマシですが、赤くはれ上がった芯の太いニキビができると、もう最悪ですよね。触ったら痛いし、とても憂鬱になります。そんなニキビの上には、化粧をしたらいけないような気がしますが、かといって、真っ赤な大っきいニキビを、何も隠さずにそのまま置いておくのも、醜くて引け目を感じてしまいます。

ニキビの芯はブツブツとつぶしてしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。つぶしても、つぶしても、すぐに出てくるものです。つぶすとかえって悪化してしまいますし、汚い跡になって残ってしまうこともあります。ニキビの芯は、指でつぶしたりせずに、まずは、皮膚科に相談しましょう。

ニキビは皮膚科で処方された薬をきちんと塗れば治ってはきますが、それだけでは完璧とは言えません。ニキビの芯は、洗顔でも改善できるのです。というわけで今回は、ニキビの芯がキレイになくなる洗顔術についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ニキビのできやすい場所はココ!食事で治す5つの方法

ニキビのできやすい場所はココ!食事で治す5つの方法
気が付いたらニキビが……しかも、毎回同じ場所に出るのはなぜ?と疑問に思うことって、ありますよね。人によってニキビができやすい場所が決まっているのは、よくある話です。

でも、それを「体質だから」と、諦める必要はありません。決まった場所にニキビができやすい人こそ、ピンポイントで対処しやすいものだとも考えられるからです

では、どんな対処法をとれば良いのでしょうか。スキンケアやメイクを変える、生活習慣を変える、ストレスを溜めないなど、たくさんの方法がありますが、ここで提案したいのは、食事を変えるという方法です。

食生活は身体をうつす鏡だとも言われるくらい、あらゆる体調や体質に影響します。それは、ニキビも例外ではありません。そこで今回は、ニキビができやすい場所ごとに分け、改善すべき食事についてお伝えします

[ →続きを読む… ]