飽き性だからこそ出来る5つの仕事!向いている職業はコレ

飽き性だからこそ出来る5つの仕事!向いている職業はコレ
自分は飽き性のせいで、どんな仕事も続けられる気がしない……という人は意外と多いですよね。何をやってもすぐに飽き、やめたくなってしまったという経験が多いと、自分に適した職業がわからなくなってしまうのも仕方のないことです。

でも、視点を変えることで飽き性の人でも働き続けられる仕事は必ず見つかります。なぜなら、この世の中には数多の職業がありますし、その中には飽きる暇すら与えられないほどの激務や発見の連続とも言える職業などがあるからです。

自分の飽き性に悩み、これから先の未来が見えなくなってしまっている人は、今一度自分の適職について考えてみませんか。そこで今回は、飽き性の人にこそ向いている職業についてお伝えします。

 

飽き性だからこそ出来る5つの仕事!
向いている職業はコレ

 

刺激と創造が連続するクリエイティブな職業

デザイナーや漫画家、文筆業などのクリエイティブな職業は、いつも違うものを生み出さなければいけない大変なお仕事です。反面、一つとして同じものを作ることが許されないので、才能さえあれば飽き性の人にこそ向いていると言えるでしょう。

このような職業は「いつも同じことばかり続けるの、飽きた」なんて言う暇がないほど、毎日頭で何かを考え、それを絵や文章、言葉などで表現することに追われることになります。何もないところから何かを生み出す仕事は、単調な仕事や地道な作業を好む人には却ってストレスが大きいですが、飽き性で人に与えられたものでは満足できないという人には向いているはずです。

ネックは才能の有無ですが、自分の中に何か光るものがあると感じたら、チャレンジしてみるのも無駄ではありません。

 

毎回クライアントが変わるフリーランス職

飽き性の中には、業務内容そのものと言うよりも同じ人を相手にし続けるのが飽きるタイプもありますよね。毎日同じ場所に出勤し、同じメンツで、同じような言葉を交わしながら働くのがストレスだという人は少なくないはずです。

こんな人は、フリーランスで働ける仕事に就くことをおすすめします。ライターでも編集者でも、美容師でも不動産業でも、契約次第で好きな時に所属を変えられるフリーランスは自由度が高く、人気の働き方です。

確かに一つの会社に雇われてずっと働き続けるよりも安定度は低いですが、飽き性のせいで退職してしまうリスクを考えれば問題ではないでしょう。

 

相手によって売り込むポイントが変わる営業職

営業マンと言えば、毎日スーツで働きアリのように働く仕事というイメージを持つ人も少なくありませんが、実際はそんな単純なものではありません。売り込むものが商品でもサービスでも、買う側が買う気になるための手を尽くし、攻略し続けるのが営業職の醍醐味です。

取引先の担当者が変わった場合、その人の好みや性格に合わせてセールス方法を変えていくことを求められる営業職は、一見ありふれた職業だとしても、飽きる暇を与えられない刺激的なお仕事です。もちろん営業成績の高低を気にするストレスはありますが、同じサラリーマンでも机にかじり付いたまま一日を終えるよりも変化の大きい職業と言えるでしょう。

 

いつも違う人が相手の接客業

飲食業や販売業など、いわゆる接客業は基本的にいつも違う人を相手にする仕事なので、単調になりにくい部分があります。パソコンや物言わぬ商品を相手にするのがつらいという飽き性さんには向いているお仕事と言えるでしょう。

接客業は幅が広く、カフェやレストランはもちろん、アパレルショップや雑貨店などの小売業、そしてコールセンターなども含まれるため、働く舞台は選び放題です。もちろん、お酒が好きなら夜のお仕事も選択肢に入りますので、「接客業をしたい」と考える人は職にあぶれる心配が無いのも大きなメリットです。

 

人の生命を預かる医療・介護職

高度かつ飽きの来ない仕事を望む人には、医師や看護師などの医療系、介護福祉士や社会福祉士などの介護系の職業がおすすめです。これらは資格取得のために勉強する必要がありますが、その分やりがいが大きい仕事です。

もちろん人の生命を預かるという責任はありますが、その分気持ちが引き締まり、飽きたと感じることは無いはずです。また、これらも接客業と同じく人を相手にする職業のため、飽き性でも常に刺激を受けながら働くことができます。

難易度も高く、責任重大な職業ですが、その分自分のレベルアップにつながるという点でも強くおすすめできます。

 

いかがでしたでしょうか。飽き性の人こそチャレンジするべき職業を5つお伝えしました。

仕事に飽きるという人にはいくつかのタイプがあり、単調な業務に飽きるというタイプ、職場内の空気のマンネリに飽きるというタイプ、そしてチャレンジ精神が掻き立てられなくて飽きるというタイプがあります。このタイプによってどんな職業を選ぶべきかは考える必要がありますが、自分のタイプさえ間違えなければ必ず飽きずに働き続けられる職場に出会えるはずです。

単調な業務に飽きるという人はクリエイターや接客業、職場の空気に飽きる人はフリーランス、簡単すぎて飽きてしまう人は上位の資格を要する仕事を目指してみることをおすすめします。誰でも必ず一生勤め上げられる仕事があるはずですから、諦めずに探し続けましょう。

まとめ

飽き性の人にこそ向いている職業は

・刺激と創造が連続するクリエイティブな職業
・毎回クライアントが変わるフリーランス職
・相手によって売り込むポイントが変わる営業職
・いつも違う人が相手の接客業
・人の生命を預かる医療・介護職


連記事