友達がいない孤独と向き合うための5つのアドバイス

友達がいない孤独と向き合うための5つのアドバイス
「友達が沢山いると楽しい」と一般的には思われていますが、中には、上手く友達が作れず、友達がいない孤独な状態になっている人もいらっしゃいますよね。そういう人は、「暗い」とレッテルを貼られてしまうこともあり、悩んでいる方もいることでしょう。

豊富な友達や人間関係を持つ人は、素晴らしいという風潮が世の中にはありますが、友達がいない孤独な環境は、それほど悪いことばかりではありません。ですが、今友達がいない孤独な状況に悩んでいる人にとって、それのどこがよいのかは分からないものです。

大切なことは、友達がいない孤独な状況と向き合って、孤独を前向きに捉えること。そうすると、今まで塞ぎ込んでいた気持ちも明るく変わってくるはずです。

そこで今回は、友達がいない孤独と前向きに向き合う為の5つのアドバイスをお伝えします。



 

友達がいない孤独と向き合うための
5つのアドバイス

 

なぜ孤独な状況になってしまったのか


友達がいない孤独な状態になってしまった人には、ある特徴が見られます。それは、他人に興味が持てなかったり、受け入れようとしないというものです。

友達を作るには、まずその人に対して「興味」を持たなくては始まりません。その人の「趣味」「特徴」「考え方」などを知り受け入れることで、友達となっていくのです。ところが、他人に興味がないと、積極的にその人を知ろうとしないので、話しかけられてもうまく応えることが出来ません

すると他人と話す機会が減っていき、やがて友達がいない孤独な環境が作られてしまうのです。

その環境から脱け出すには、少しずつでも他人に興味を持つようにして、自分から話しかけられるようにしましょう

どういうことを話せばよいか分からない人は、まず挨拶をしましょう。そして「昨日、何してた?」と聞いてみて下さい。そうすれば相手は昨日していたことを話してくれるはずです。それに対してきちんと相槌や返事をしていけば、自然と会話は続いていきます

まずは友達がいない状況になってしまったのはどうしてなのかを探ることで、孤独な状況を脱する糸口は見つかっていくものです。少しきついかもしれませんが、悩むだけでは解決はしません。行動を起こすことが大切です。

 

読書をしよう


少しずつ友達を作る努力をしていても、すぐに友達がいない孤独な状況を変えるのは難しいものです。改善しようとしている時でも、ふと孤独を感じてしまうこともあります。そんな時は、本を読むことで孤独感を打ち消してしまいましょう

本を読むことで得られる疑似体験は、まるで自分が本当に体験したかのように、脳が記憶をします。それが自分の知識を高め、かけがえのない財産となるのです。

友達がいない孤独な環境は、自分の為に沢山の時間を使うチャンスでもあります。また多くの本を読んで得られる知識は、人と会話する場合にも手助けになってくれることでしょう。ちなみに、挿絵の少ない活字の多い本ならより想像力を働かせてくれるのでおすすめです。

 

ペットを飼ってみよう


友達がいない孤独な状況の人にとって、友達を作るのはそんなに簡単なものではありません。しかし、誰とも触れ合わずに、ずっと過ごしていると、気持ちがどんどん塞ぎ込んでしまいます。

そんな時には、ペットを飼うことをおすすめします。ペットは、愛情を注げば注いだ分だけ、懐いてくれますし、愛情を返してくれます。また主人である自分を必要としてくれるので、頼られて嬉しいという感情も湧いてくるでしょう。ペットに頼られることによって、徐々に自分に自信を持てるようにもなります。ぜひ友達を作るという新たな一歩を踏み出すきっかけにしましょう。

 

何かを作ることに没頭しよう


友達がいない孤独な状況を改善しようと頑張り過ぎてしまうと、逆に焦りや疲れが出てきてしまうこともあります。そんな、マイナス要素を振り払ったり、肩の力を抜くのにおすすめなのが「何かを作る」ということです。

何かを作り始めるとつい時間を忘れて熱中してしまうので、気持ちの切り替えにはもってこいです。そして、作り終えた時の達成感は、何事にも代えられない素晴らしい経験になりますし、自分が輝く瞬間でもあります

作るものは、何でもOKです。プラモデルやジグソーパズルのような手軽なものから、DIYのような本格的なものまで、自分が興味のあるものを作ると良いでしょう。作ったものをSNSにアップすれば、そこから友達が出来ることもあるので、大いに活用していきたいところです。

 

初体験をしていこう


孤独を辛く感じるのは、ある程度成長したからこそのことで、子供の頃は一人でも辛いと感じることは少なかったはずです。なぜならそれは「初めて」の体験が多かったから。見るもの全てが新鮮なので、一人でも楽しく刺激的な世界があったのです。

それが、成長するにつれ、初体験は減っていき、一人でいることに辛さを感じるようになります。しかし、今からでも自分の「初めて」を探し、経験することは出来るのです。例えば、行ったことがない場所へ行ってみたり、新しいお店に入ってみる、資格試験に挑戦するなど、何でも構いません。

初体験は、刺激を与えてくれますし、もっと頑張ってみようという気持ちにもなって、次の一歩を踏み出す後押しをしてくれることでしょう。

 

いかがでしたか。友達がいない孤独な環境を変えるには、まず友達がいない人の特徴である「他人に興味がない」「他人を受け入れられない」という状態に、自分自身ががなってしまっていると理解することが大切です。そして、焦らずに少しずつでよいので、他人との距離を縮められるように、まずは挨拶から始めましょう

しかし、急に友達が出来る訳ではありません。孤独を感じ、寂しさを感じる時もあるでしょう。そんな時は、今は自分自身を高める時なのだと前向きに捉え、気分転換や自分磨きをして下さい

友達がいない孤独な状態を、嘆いたり悲しんだりするのではなく、「自分をより魅力的にする大切な時間」と考えて前に進むことが出来たなら、いつしか孤独な時間は友達に囲まれた楽しい時間へと変わっているはずです。

まとめ

友達がいない孤独と向き合うためには

・なぜ友達がいない状況になってしまったのかを考え、少しずつ改善していこう
・読書をして自分の知識を増やしていこう
・ペットを飼って「頼られる」ことで自信を得よう
・何かを作ることで達成感と自信を得よう
・初体験を経験し、刺激をもらって次の一歩を踏み出そう