人付き合いが面倒くさい!人間関係に悩まない5つのコツ

人付き合いが面倒くさい!人間関係に悩まない5つのコツ
普段、生活をしていくなかで、人間関係は切っても切れないものですが、時折人付き合いが面倒に感じることがありますよね。しかし、学生時代までは人付き合いが面倒だと感じたことは、少なかったはずです。

それが、社会人になってから徐々に人間関係が煩わしく感じることが、増えてきてしまいます。学生時代までと社会人の違いは、人との付き合い方が変わることにあり、学生であれば自分と相性の合わない人とは関わる必要がなく、周りは気の合う人間ばかりのフランクな付き合いです。

社会人になると、仕事や近所付き合いなどで、相性の悪い人でも関わらなくてはいけない時があります。それが、積もり積もって人付き合いが面倒になり、人間関係で悩んでしまうことになります。

そこで今回は、人付き合いが面倒だと感じる前に、出来る限り人間関係に悩まないためのコツをお伝えします。



 

人付き合いが面倒くさい!
人間関係に悩まない5つのコツ

 

自分から挨拶をする


人間関係を築くために基本となるのが、会話になります。しかし、何のきっかけもなく突拍子に会話を始めるのは、とても難しいので、会話の入り口を作らなければなりません

その入り口となるのが、挨拶自分からすることがポイントになります。挨拶は相手に関心があることを伝えているので、安心感を与えられますし、その後の会話に入りやすくなります。

人付き合いが面倒だと感じて悩まれているなら、思い切って挨拶をしてみて下さい。挨拶一つで、環境は大きく変わる可能性があります

 

会話の中に相手の名前を入れる


どんな人でも、必ず会話を交わすはずですが、相手の名前を出さずに終えてしまってはいけません。会話に名前を入れると、相手は存在を認めてもらえているという気持ちになります。そして、相手の名前を呼ぶことによって、自分との距離も縮まっていきます

相手から自分の名前を言われたら嬉しいと感じますし、相手のことを「嫌な奴だ」とは思わないはずです。それと同じで、相手も名前を言われると嬉しいのです。なので、会話中は積極的に相手の名前を入れましょう。

 

お礼や謝罪は素早くする


誰でも人に助けてもらったり、自分がミスをしたせいで他人に迷惑をかけることがあります。この時に、助けてもらったなら「ありがとう」を迷惑をかけたら「申し訳ありません」や「すみません」と、素早くお礼や謝罪をすることが、人付き合いを面倒だと感じなくなるコツです。

これが、自分のプライドなのか照れ臭いのか、大人になるとなかなかお礼や謝罪の言葉を口にできない人がいます。そういう人でも心の中では、感謝をしていたり、迷惑をかけて悪かったなと思っているはずです。しかし、それを言葉にしないと相手には伝わりません

相手からしたら「ありがとうやごめんなさいも言えない人」と思われ、人から避けられてしまいます。そしてコミュニケーションが上手く取れなくなり、人間関係で悩むことになってしまうのです。

 

相手を思いやった行動をする


自己中心的な行動をしてしまう傾向がある人は、時折自分の行動を振り返るようにして、思い当たる節があれば治すように気を付けていきましょう。相手のことを考えず、自分に都合のよいことばかりする人は、色んな人から嫌われる危険性があります

そんな中で、人間関係を築こうとしても築けるものではなく、悩んでしまい人付き合いは面倒だなという気持ちに繋がってしまいます。やはり、自分だけではなく相手も思いやることで「良い人」になり、安心感を与えることができるので、人間関係を築きやすくなります

実際に自己中心的な人でも徐々に改善していけば、周りから「あの人変わったね」と良い印象を持たれるので、人間関係を築けるようになります。

 

相手の良いところを見つめる


長所と短所は、どんな人にも必ず存在します。そして、人はどうしても短所が目に付いてしまいますが、そこばかりを見てはいけません人付き合いが面倒なのは、短所ばかりを見ているからなのです。

そうすると、どんな人も「嫌な奴」に見えてしまい、その雰囲気は相手にも伝わります。誰だって、自分を嫌っていると分かれば、そんな人とは人間関係を築こうとはしません。むしろ、遠ざかっていくでしょう。

短所ではなく長所に注目すれば、その人の「良い面」が見えるので、相手に対しても柔らかい雰囲気で接することができます。そしたら、人間関係が築きやすくなるのは、言うまでもありません。

 

いかがでしたか。人間関係で悩まないようにするには、相手に「自分は安心できる人間ですよ」という印象を与えなければいけません。なので、礼儀をわきまえることと相手を思いやった言動が、とても大切なのです。

人付き合いが面倒と感じてしまうのは、人間関係がすでに上手くいっていない証拠でもあります。そういう人は、今からでも遅くないので、今回お伝えしたことをぜひ実行して頂きたいところです。そうすれば、必ず悩みは解消され、充実した人間関係が築けるはずです。

色んな対策をしても、どうしても関係が築けない人は根本的に相性が合わないので、必要以上は関わらないようにしていきましょう。これも、人付き合いを面倒だと感じないための有効な方法です。

まとめ

人間関係で悩まないコツは

・相手に安心感を与えるので自分から挨拶をする
・会話に相手の名前を入れ存在を認める
・避けられないためにもお礼や謝罪は伝える
・相手を思いやった行動をして「良い人」になる
・長所に注目すれば柔らかい雰囲気で接することができる


連記事