ここぞという時に!その場で良く効くあがり症の治し方

ここぞという時に!その場で良く効くあがり症の治し方
あがり症の治し方を知りたい!と思っている人は多いですよね。実に日本人の8割~9割は人前で緊張すると言われていますので、それだけあがり症の治し方を知りたいと思っておられる方は多いということです。

大勢の前で話す時はもちろんのこと、人見知りの激しい人にとっては初対面の人に自己紹介するだけでも、相当の緊張感に襲われることでしょう。何とかその場をしのげるあがり症の治し方があれば嬉しいはずです。

もちろん、そういう非日常のシチュエーションでは、誰でも緊張はするものなのですが、あがり症の方は普通の緊張ではない状態に陥ってしまって辛い思いをしますので、即効性のあるあがり症の治し方が切実に必要です。

そこで今回は、いざという時に使えるような、その場でよく効くあがり症の治し方をお伝えします。

人前に出る目的を再確認する

あがり症の原因の一つは、「自分が見られている」ということを過剰に意識してしまうことです。この意識を薄めることが、あがり症の治し方のポイントの一つになります。

「そんなこと言ったって、実際にみんなが私を見ているじゃないですか!」と怒りたくなる方がおられるかもしれません。その怒りは自然なことです。

皆が自分を見ていることは事実です。しかし、この事実は、あがり症だろうとそうでなかろうと同じです。要は、この事実を認識したうえでそれをどう捉えるかが、あがり症がひどくなるかならないかの分かれ道となります。

そこで大切なのが、自分は何のためにそこにいるのかを考えること。「見られていて恥ずかしい」という気持ちに負けて、本来の目的を見失わないように戦いましょう。

 

ゆっくり呼吸する

極度の緊張感にさらされると、呼吸が乱れてくるのは自然なことです。ひどい人は過呼吸に襲われ、かなり苦しくなります。

一度そういう経験をしてしまうとトラウマになって、似たようなシチュエーションになることが予想されるだけで過呼吸が起きるようになってしまいます。そこで、呼吸を整えるということも、あがり症の治し方として把握しておきたいものです。

まずは、ゆっくり呼吸するように努めましょう。深呼吸するのもよいです。そして、少し専門的な言い方をすると、腹式呼吸をするよう心がけましょう。息を吸った時に横隔膜を広げてたくさんの空気を吸い込むようにする呼吸法です。

 

体をリラックスさせる

あがり症のほとんどの人は、緊張のあまり体に力が入ってしまいます。特に上半身に力が入ってしまい、思うように声が出せません。

うまく声を出せないので、さらに緊張し、手足がガチガチになって震えてきてしまうこともあります。そこで、緊張の軽い段階で体をリラックスさせることも、あがり症の治し方のポイントの一つです。

是非、ストレッチして体をほぐすようにしてみましょう。歩き回るのも体を動かすという点では悪くはないのですが、周りからはソワソワして落ち着きがないと見られてしまいますので、その場でできるストレッチの方が良いでしょう。

少し首や肩を回す程度のストレッチで構いません。このストレッチは健康のためではなく、あがり症の治し方の一つですので、激しくする必要はありません。

大切なのは、しっかりストレッチすることではなく、ストレッチできるくらいの余裕を持っているということです。ストレッチしようと思えた自分、ストレッチできた自分を褒めてあげましょう。

 

あがり症を認めてあげる

あがり症の要因の一つは、失敗を恐れることです。「失敗したらどうしよう」と不安が生じ、失敗するイメージばかりが頭に描きだされます。

「失敗してはいけない」と思えば思うほど、失敗するイメージは鮮明になり、本当にそっちの方向へと進んでしまうのです。こういう残念な循環を断ち切ってあげることができればよいのですが、実際には簡単なことではありません。

それで、あがり症の治し方の一つと考えて、あがり症は悪くないことを自分に言い聞かせましょう。極度の緊張は当然なのだと受け止め、「こんなものだ」と言い聞かせるようにしましょう。

「失敗してはいけない」ではなく、「緊張感が増したときはこんなものだ」というように意識を変えていけるとよいですね。

 

動画で自分を見る

人前に出ることが前もって決まっているなら、きっと練習をすることでしょう。その時に、自分を録画してみましょう。

録画を見ると、人からどんなふうに見えているのかが確認できます。また、自分で思っているよりも「イイ!」と感じることが多いです。

そして本番までに何度か見返すなら、自信を持てるところを見つけて安心材料ができます。本番の当日にも、緊張が高まったらその録画を見て、自信を取り戻して臨むことができるでしょう。

 

このように、あがり症の治し方はいろいろあります。あがり症には原因があるのですから、その原因を根元から断つことができればよいわけです。でも、実際には、「こういうあがり症の治し方を実践できるのならだれも苦労はしない!」と言いたくなる人も多いはず。本当にそう、できないから多くの人が苦しんでいるのです。

逆に言えば、あがり症の治し方として取り上げられていることが少しでもできるなら、あがり症はかなり改善されているということでもあります。

だれも、すぐにできるようにはなりません。地道な努力を重ねることが必要です。その過程では、辛く感じますし、投げ出したくもなるものです。でも、あきらめないことが何より大切です。

地道な努力を重ねて少しずつ自信を培って、その場でも良く効くあがり症の治し方を実践してまいりましょう。

まとめ

その場で良く効くあがり症の治し方は

・ 見られていることではなく、人前に出る目的に注目しよう
・ 深呼吸や腹式呼吸をしてみよう
・ 簡単なストレッチをしよう
・ 「こんなもんだ」と言い聞かせよう
・ 練習の動画を見て自信をつけよう


連記事