話が続かないなら雑談力を鍛えろ!会話が弾む5つの法則

話が続かないなら雑談力を鍛えろ!会話が弾む5つの法則
誰と話しても話が続かない、そのまま気まずい空気が流れて終わってしまう……。そんな悩みを抱える人は少なくありませんよね。特定の人が相手の時だけではなく、誰が相手でも話が続かないということは、残念ながらあなたのトークスキルに不足があると考えられます。その不足とは、一体どんなものなのでしょう。

例えば相手の話を盛り上げるのが下手だったり、どんな話も皮肉っぽく返してしまったり……など、話が続かない原因はたくさん考えられますが、そうではないなら、恐らくあなたに不足しているのは「雑談力」。誰かと他愛ない話をする力が足りないせいで話が続かないのです。

では、雑談力というものは、どうやって付けていけば良いでしょうか。そこで今回は、雑談力を鍛えるために必要なことについてお伝えします。

 

話が続かないなら雑談力を鍛えろ!
会話が弾む5つの法則

 

適切な相槌を打てるようになろう

話が続かない人がいきなり楽しい話題を提供できるようになるのは難しいこと。ですからまずは、相手の話をしっかり受け止められるようになりましょう。

雑談を弾ませるために必要なことは、「相槌」です。適切なタイミングで、適切な言葉を選んで相槌を打つことで相手は安心して話すことができるようになり、話が続いていくのです。

話が下手だからと相手の話を無言で聞くよりも、ただ「うん」「そうなの」「へぇー」と言うだけでも話の弾み方が良くなります。相手が話し始めたら、うるさくならない程度に相槌を打って食いつきを見せるようにしてみて下さい。

 

相手が欲している受け答えをしよう

「受け止める」という観点から言うと、相手が望む返答ができるようになることも大切です。相手はあなたに何らかの返事を期待して話しているのですから、それに反する受け答えをしては話しが続かないのも当然です。

相手はあなたが喜ぶと思って情報を提供しているのに、「それ、知ってる」と言われれば気分が良くないですよね。それよりも、例え既に知っている情報だとしても「そうなんだ!ありがとう!」と、喜ぶふりをした方が相手の気分も良くなります

雑談とは、会話で相手を接待することだと心得て、相手を喜ばせることに力を注ぎましょう。

 

万人受けする話題を収集しておこう

自分から話題を提供しなければならないシーンに備え、誰にでも受ける話題をいくつか用意しておきましょう。TV、仕事に関係する話、街のお得な情報などなど、聞く人の大半が知っている話や「聞いて良かった」と思える話をジャンルごとに2~3個用意しておけばまず話題に困ることは無くなります

ただ、スポーツの話や政治の話は、相手が対立する団体の支持者だった場合に話が続かなくなってしまうので避けましょう。また、家族や恋人の話も独り身や家族トラブルを抱える人に不快な思いをさせるので避けた方が無難です。

 

相手が好きそうな話題を見極めよう

万人受けする話題よりも一歩踏み込んで、話し相手が個人的に好む話を見極める力も雑談力の一つです。マニアックな話題は相手を選びますが、それが大当たりすれば話が続かない事態にはならなくなるはずです。

例えば、食べ歩きが趣味の人には自分のおすすめのお店の話をしたり、逆に相手がおすすめのお店を尋ねたり。漫画が好きだという人には、面白い漫画を紹介してもらうとか、どんなシーンが好きかなどを語り合うなどして話を拡げられます。

ただ、全く興味が無いのに知りたいフリをすると、マニアには高確率で見抜かれます少しでもいいので、自分の嗜好と重なる話題を選ぶようにしましょう。

 

話題のリサイクルをしよう

話題のネタが尽きてしまったら、話題のリサイクルをするという奥の手があります。このリサイクルには2種類あります。

まず一つは、一つの話題を異なる相手に使い回すこと。その人にとって初めて聞く話なら、それが既に誰かに話したネタかどうかなんて関係ありません。

もう一つは、他の人から聞いた話を別な人との会話の話題にすること。その時は、自分が考えた話題を話すフリをせず、「Aさんから聞いた話なんだけど……」と一言添えた方が良いでしょう。

このようにして一つの話題を使い回すことで、話題不足によって話が続かない状況を回避できます。

 

いかがでしたでしょうか。雑談を上手に盛り上げられるようになるためのテクニックやコツについてお伝えしました。

仕事の用件を伝えたり、何か必要なことを尋ねるための会話は全く苦にならないのに、雑談となると何を話して良いかわからなくなるという人はきっと少なくないでしょう。そんな人こそ、ここでお話ししたような雑談力を鍛えていくべきです。

一つ安心して頂きたいのは、雑談力が低くて話が続かない人の未来は明るいということ。なぜなら、相手に嫌がるようなことをして話が続かないわけではないので、いくらでも人を楽しませられる可能性があるからです。

あなたも訓練を重ねて雑談力を高めて、話が続かないという悩みから解放されましょう。

まとめ

話が続かない人が雑談力を鍛えるためには

・適切な相槌を打てるようになろう
・相手が欲している受け答えをしよう
・万人受けする話題を収集しておこう
・相手が好きそうな話題を見極めよう
・話題のリサイクルをしよう


連記事