コミュ力を高める方法!すぐ始めたい5つのこと

コミュ力を高める方法!すぐ始めたい5つのこと
新社会人や新入生など春の訪れを感じる時期は、初対面の人と接する機会も多くなり、コミュ力を発揮する場面が増えますよね。また、こうした場面だけではなく、苦手な上司や年齢の離れた部下とスムーズに会話をしたり、仕事を上手く進める為にも、コミュ力は絶対に高い方が良いでしょう。

人間関係を築く上で、コミュニケーションは欠かせませんから、コミュ力はとても大事になってきます。また、コミュ力が高ければ、仕事やプライベートでも人間関係がどんどん広がっていきますし、新たな楽しみや刺激も与えてくれるはずです。

コミュ力が劣るばっかりに、人づきあいが上手くいかず、悩んでいる人もいらっしゃることでしょうが、落ち込むことはありません。コミュ力は今からでも高めることが可能なのです。

そこで今回は、コミュ力を高める為にすぐに始められる5つの方法をお伝えします。



 

コミュ力を高める方法!
すぐ始めたい5つのこと

 

「すみません」を連発しない


「すみません」という言葉は、とても便利な言葉なので、最近は連発する人が多くなっています。自分が悪いことをしても「すみません」、相手に優しくされたり仕事を手伝ってもらった時も「すみません」、つまりどんな場面でも「すみません」で済まそうとするのです。

言われた方の側に立って考えれば分かることですが、「すみません」は、相手に思いが伝わりにくい言葉でもあります。思いを伝えるのが、コミュニケーションの第一歩ですので、むやみやたらに「すみません」を言うのは、控えましょう

謝る時は「ごめんなさい」、目上の人には「すみませんでした」、お礼を言う時は「ありがとう」と思いがはっきりと伝わる言葉を使うことが大事になります。

 

照れずに「ありがとう」を言おう


「ありがとう」

この言葉を言われて、気分が嫌になる人はいないでしょう。人に感謝されるのは嬉しいものです。しかし、「ありがとう」と感謝するのに照れを感じてしまい、素直に言えない人は多いもの。そういう人は、「悪かったね」や「どうも」といった言葉で感謝を表現してしまいがちです。

そういった言葉を言われる立場になってみると、「ありがとう」と「悪かったね」のどちらが、より感謝が伝わるかが分かりますよね。やはり感謝を伝える場合「ありがとう」に勝る言葉はなく、それを他の言葉にしてしまうのは、もったいないです。

きちんと「ありがとう」と言える人とは、安心して接することが出来ますので、コミュニケーションも取りやすくなります。

 

相手の話に共感する


人間関係を築くには、相手に共感することが大切になります。共感することによって、相手も徐々に距離を縮めてくれますし、話をちゃんと聞いてくれていると感じるのです。

共感していることを伝える為の言葉は、「そうなんだ」「なるほどね」がありますが、これらの言葉は口調が柔らかい為、優しく相手に歩み寄ることができ、安心感を与えられるのです。

相手の話に共感する場合も、ただ共感するのではなく、話そのものに興味をもつことも大切になるので、そちらも忘れないようにしましょう。

 

笑顔を忘れない


コミュ力をつけるには、言葉だけではなく、表情も大事な要素になります。最初に人を判断するのは、見た目の印象になります。その時に、怒っていたり悲しそうな顔、はたまたあまりに無表情だと、近寄りがたい人と判断されてしまいます。

コミュニケーションを取るには、相手が「近づきやすい」と思わせるのも一つの手です。そんな時、役に立つのはやはり「笑顔」ですよね。笑顔は緊張を和らげる力があり、心もオープンにしてくれますので、会話がしやすくなります。

また、笑顔は連鎖していくものなので、一人また一人と笑顔が増えて、いつしか周りが笑顔にあふれくることでしょう。笑顔を忘れなければ、色んな人から声をかけられるので、自然とコミュ力が身に付いてきます

 

会話上手になるには「8:2の法則」を守ろう


会話やコミュニケーションが上手い人には、ある法則があります。「8:2の法則」というもので、聞くことと話すことの割合を表したものです。「8=聞く、2=話す」となります。

意外と思われるかもしれませんが、会話が上手い人は話し上手である以上に、聞き上手でもあるのです。相手の話を真剣にじっくりと聞いて話を返すので、会話が途切れることなく続けていくことが出来ます。

誰しも自分の話を聞いてほしいという欲求がありますので、じっくり話を聞くと相手は喜んでくれるはずです。コミュ力を高めるには、話すことよりも聞くことに重きを置くように心がけましょう

 

いかがでしたか。コミュ力を高める方法をお伝えしましたが、共通して大切なことは、相手がどう思うかを意識することです。相手に不快な思いをさせてしまっては、コミュニケーションの入り口にも立てませんので、それだけは注意したいところです。

また、今回お伝えした方法は、全て今すぐにでも始められるものばかりですので、コミュ力に悩んでいる人は、早々に実践してみましょう。勇気がいるなと感じる人もいるかもしれませんが、人と話すのは思っている以上に難しくはないのです。真剣に接すれば必ず相手も応えてくれますし、無視する人なんていないものです。

コミュ力を高めて、色んな人と繋がって、ぜひ自分の世界を広げていって下さい。きっと、楽しい毎日になりますよ。

まとめ

コミュ力を高めるためは

・「すみません」ではなく思いがはっきり伝わる言葉を使おう
・照れずに「ありがとう」を言おう
・相手の話に興味を持ち共感しよう
・いつでも笑顔を忘れずに
・8:2=聞く:話すを意識しよう