大人の「友達いない…」を解決するシンプルな5つの思考術

大人の「友達いない…」を解決するシンプルな5つの思考術
大人になっても友達がいない自分は、人間として何か欠けているのでは…と心配になることって、ありますよね。確かに、友達がたくさんいる人は人格者で、いない人は性格に難ありという意見がよく見られます。

でも、そんなことで悩む必要はありません。子供の頃と違い、大人になったら友達がいないことで困る場面は少なくなりますし、まともな大人ほど友達がいない人のことを非難しなくなります

友達がいないせいでトラブルが起こったわけでもないのに、ただ自己嫌悪に陥るのは勿体ないことです。この機会に、大人にとって友達がいないというのはそれほど悪くないということを知ってみませんか。

そこで今回は、大人の「友達いない」という悩みを解消する考え方についてお伝えします。



 

大人の「友達いない…」を解決する
シンプルな5つの思考術

 

友達がいなくても大切な人が数人いれば良いと考えよう


大人になると、友達がいなくても寂しくないという人が増えてきます。それは、恋人や配偶者、そして子供などなど友達以上に大切な存在がたくさんできてくるからです。

現在恋人がいない人でも、親や兄弟はいますよね。親兄弟と友達のように頻繁に遊びに出かけたり悩みを相談したりできなくても、もしもの時に助け合える相手だと思えば安心できるのではないでしょうか。

友達がたくさんいる人だって、家族や恋人よりも友達が大切だという人は少ないはずです。つまり、友達の存在は人生で必須のものではなく、もっと大切な人がいれば十分だということを理解しましょう。

 

付き合いが煩わしいだけの友達はいらないと割り切ろう


大人のくせに友達がいないと悩むあなたは、友達がいるメリットにばかり目が行きがちになっているのではないでしょうか。友達が欲しいと切に願い過ぎると、友達がいるデメリット、つまり煩わしさのことを忘れてしまいます

でも、友達関係と言ってもやはり人付き合いですから、煩わしいことが多く発生します。誘ったり誘われたり、空気を読んだり相手の心を慮ったり、神経をすり減らすことだって頻発するものなのです。

大人の中にも友達がいない状態を好む人は多いです。それは、煩わしいだけの存在は必要ないと考えるからです。あなたもいっそ、友達がいない自由を楽しむ方にシフトしてみてはいかがでしょうか。

 

友達でなくても困った時に助けてくれる人は多い


実は、大人になると友達を頼る場面は少なくなります。小学生のように忘れ物した時に借りたり、修学旅行で一緒に行動したりなどの必要は無くなりますよね。

大人になって起こる困りごとのほとんどは、家族に対処してもらうか、公共機関に相談することで解決します。また、些細なことなら、友達というほどでもない知人だって手を貸してくれるでしょう。

このように、大人になると友達がいない人でも困らず、困ったことも他に助けてくれる人がいると考えると気持ちが格段に楽になるはずです。

 

友達がいなくてもお金で解決できるということを知ろう


大人、特に社会人になると、困ったことはお金で解決できる場面が多くなります。結婚式の受付も、揉め事の間に入ってもらうのもお金で請け負ってくれる業者がありますし、合コンも趣味の仲間も、お金を払えば一人で参加できるところが存在します。

もっと言ってしまえば、「友達代行サービス」という友達のフリをしてくれる業者だってあるのですから、躍起になって友達作りに勤しむよりも手軽です。一生の友達を作りたいという人には向きませんが、今だけ友達が欲しいという人には寧ろ便利といえるでしょう。

友達を頼ることができないと落ち込む前に、お金をしっかり貯めておけば将来の安心材料となるはずです。

 

あなたを「友達」と思っている人は意外といると信じよう


それでも、一人くらいは友達が欲しい……という人は、こんな考え方をしてみてはいかがでしょうか。それは、社会人になるとただの知り合いも同僚も「友達」と分類してしまう人が多くなるので、あなたが相手を友達だと思っていなくても、あなたを友達だと思っている人はたくさんいる可能性が高いということ。

それどころか、あなたが勝手に距離を感じているだけで、相手はあなたを大切な友達だと思ってくれている可能性が大いにあります。もしそんな人がいるなら、あなた自身が認識を変えるだけですぐの「大人なのに友達がいない人」を卒業できるのです。

一度、現在付き合いのある人の顔を思い出しながら、友達と呼べそうな人を探してみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。大人の友達がいない悩みを楽にする、5つの考え方についてご説明しました。

「友達」というものは恋人や家族よりも実に曖昧な定義で成り立っている関係のため、どこからが友達で、どこまでがただの知り合いかがわかりにくいものです。そんな不安定な関係だからこそ距離の取り方が難しくなりますし、付き合いに煩わしさが生じます

ですから、その曖昧な「友達」がいないというだけで悩む必要はありません。友達がいなくてもあなたの人格が否定されたわけではありませんし、今後必ず困るということにもなりません。

友達がいなくても充実した人生が送れることは間違いありませんので、気持ちを楽にして、自分に自信を持ちましょう。

まとめ

大人の友達がいない悩みを解決する考え方は

・友達がいなくても大切な人が数人いれば良いと考えよう
・付き合いが煩わしいだけの友達はいらないと割り切ろう
・友達でなくても困った時に助けてくれる人は多い
・友達がいなくてもお金で解決できるということを知ろう
・あなたを「友達」と思っている人は意外といると信じよう