コミュ障のデメリットをメリットに変える仕事の選び方


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/cp7/complex7.com/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465

コミュ障のデメリットをメリットに変える仕事の選び方
『コミュ障』の人が自分に合った仕事を探すのは苦労しますよね

『コミュ障』とは「コミュニケーション障害」の事で、周りの人との会話や雑談に苦痛を感じたり、強い苦手意識を持っている方の事を言います。

仕事をしていく上で「人間関係」は非常に重要で、コミュ障でなくとも「仕事内容は好きだったのに、人間関係が合わなくて退職してしまった…」といった経験をお持ちの方は少なくないでしょう。

コミュ障に悩む方にとっては尚の事、この「人間関係」は非常に切実で、会話をしない為に人を避けたり、せっかく声をかけてもらったのに返答に困って悪印象をもたれてしまったりと、知らず知らずのうちに損をしてしまう場面が非常に多くあります。

今の日本社会で、「人と関わるのが苦手」となると、仕事を選ぶ選択肢がかなり狭まってしまうのは事実です。しかし、「コミュ障だからもう終わってる…」と絶望せずに、「コミュ障だからこそ」のメリットを探してみませんか

そこで今回は、コミュ障のデメリットをメリットに変える仕事の選び方についてお伝えします。



 

コミュ障のデメリットを
メリットに変える仕事の選び方

 

デメリットをメリットに変えるとは


「コミュ障にメリットなんてあるの…?」と思ってしまいがちですよね。確かにデメリットを挙げると、そもそも人間関係が苦手なのですから、仕事はもちろん恋人や友人に至るまで、数えきれないくらいあるでしょう。

そのデメリットが大きすぎて忘れてしまいがちですが、短所が長所になり得るように、必ず良い所はあります。まず、コミュ障の方はかなりの確率で「真面目な方が多い」という事です。

過去のトラウマや家族関係がもとになり、「相手から自分がどう思われているか」といった事を一生懸命に考え過ぎるあまり、上手く自分を表現できずに誤解や失敗を繰り返し、がんじがらめになって人間関係そのものにうんざりしてしまう…。

それだけ一つの事に真剣に向き合っているという事です。コミュ障の方のその真面目さは、仕事に生かせば「クオリティの高さ」として表れ、人と話さず黙々と仕事に取り組む姿勢は「作業効率のアップ」につながります。また、話す・関わる事が苦手なだけで、自分の中ではかなり様々な事を考えていて、賢い・頭の良い人も多く見られます

 

おススメの仕事とは


その点で「在宅ワーク」はかなりおすすめです。サイト記事作成のライターやYoutube用の動画作成、デザインコンペなど色々な仕事があります。クオリティの高さは単価のアップにつながりますし、真面目にコツコツと作業効率を磨く事で収入アップが見込める為、実にコミュ障の方に向いている仕事と言えます

依頼主とのメールやチャットのやり取りなどが発生する場合もありますが、会話は一切必要なく、依頼されたものをパソコンやスマホで作成して納品するだけです。給与は出来高制なので一般的な給与と比べると、たくさん稼ぐのは大変ですが、外に出ず、誰とも会わず、自分の家で仕事ができるなんて非常に気楽です。

また、好きなものに一直線に熱意を注ぐことが出来る方も多いため、自分の得意とする技術を突き詰めていけば、かなりのレベルまで磨き、伸ばしていく事が可能です。

「プログラマー」などはコミュ障の方に非常に人気のある仕事です。もちろんスキルが必要になりますが、正社員雇用の環境も多く、基本の仕事はパソコン操作のみで会話力は必要なく、給与も一般的なレベルです。初心者もOKという企業も多く、会社に入ってから技術を磨いても十分働けるというのも魅力ですね。

また、「とにかく人と関わりたくない」という方には「新聞配達」がおすすめです。黙々と新聞をポストに入れていくだけで良いので、仕事中に人と関わる事がほとんどありません。そして意外と給料も良く、アルバイト・正社員どちらの選択も可能です。

 

克服を視野に入れて仕事を選ぶ場合


コミュ障を「できるものなら克服したい」と考えているのであれば「適度に」人間関係のある仕事をおすすめします。スタッフに恵まれれば、コミュ障を理解して、きちんと認めてくれる、変わろうとする自分を見守ってくれる、そんな良い環境に巡り合う事だってあります。

工場でのライン作業や、製造工場などは作業着やマスクなどでほとんど顔も出ない為、適度に人と関わりつつも続けやすい仕事ではないでしょうか。淡々黙々と仕事をこなし、作業効率の良いスタッフは好まれやすい傾向にもあります。

また、「動物になら心が開ける」という方にペットショップやトリマーもおすすめです。動物に癒されてリラックスしつつ、働きやすいスタッフ環境であれば、徐々に接客に挑戦するなどコミュ障の改善も期待できる仕事です。

少しレベルが高めですが、レストランの調理場や洗い場なども候補として挙げられます。忙しい時間帯と暇な時間帯の浮き沈みが激しく、接客はありませんがホールスタッフとの関わりがあるなど刺激的です。仕事に慣れてしまえば、忙しい時は早く時間が過ぎるので、意外と楽かもしれません。

荒療治で接客や営業職などに就いて、あえて対人スキルを磨くというのも方法ではありますが、精神の消耗が激しく、鬱や過労の原因にもなり得ますので、おすすめではありません

 

いかがでしたか。コミュ障にもたくさんの良い所は見つけられます。今回はコミュ障の方が仕事を選ぶにあたってのメリットとして、「真面目さ」や「賢さ」などを挙げましたが、コミュ障最大のメリットは、何より『人の心の痛みがわかるようになる』という点ではないでしょうか。

コミュ障だからこそ経験してきた苦い経験。それはコミュニケーション上手な方には絶対に理解できない世界です。小さな出来事でどんなに傷つくか、何気ない周りの行動がどんな風に怖いのか、コミュ障の人の気持ちを分かってあげられるのは経験者だけです。

これを仕事に活かす事ができれば、素晴らしい気配り・配慮のできる人になります。コミュ障を克服した時には、ぜひとも自分の仕事の上司になってもらいたいと思うようになるはずですよ。

まとめ

コミュ障のデメリットをメリットに変える仕事の選び方は…

・在宅ワークでも真面目さを活かして収入アップが見込める
・プログラマーに情熱を注げばスキルアップも
・誰にも会わずに淡々黙々とこなす新聞配達は意外と給料も良い
・適度に人と関わりながら働く工場・ペットショップ・レストラン裏方などは克服を目指す方におすすめ
・コミュ障最大のメリットは「人の気持ちがわかるようになる」事