身近なことから自信をつける方法☆小さな成功体験がカギ!

身近なことから自信をつける方法☆小さな成功体験がカギ!
自信をつける方法と言えば、誰もが驚く大成功を収めるとか難関を突破するしかないと思われがちですよね。でも、実はそうではありません。小さな成功や低いハードルを乗り越えるだけでも自信をつける方法に転化させることができるのです。

「自信」というと、とても曖昧なもののため、他者の評価に依存しがちになるものです。でも、それはとても危険なことで、他者の評価が無ければ自信を持てない卑屈な人間に陥ることにもなりかねません。

自分で自分に自信をつける方法は、本人が「やった!」という達成感に満たされる行動をとり続けることです。それは大きなことでも小さなことでも構いません、とにかく、他人がどう思おうと「自分で自分を褒めてあげたい」気分になることが肝要なのです。

でも、今まで自信が持てない毎日を送ってきた人には、すぐに考えを切り替えることは難しいですよね。そこで今回は、小さな成功を重ねて自分に自信をつける方法についてお伝えします。

 

身近なことから自信をつける方法☆
小さな成功体験がカギ!

 

「成功」の基準を下げよう

まずするべきことは、どのラインを越えたら「成功した」と見なすかを考え直すことです。自分に自信が持てない人は、なぜか誰にもできないことを成功させて一発逆転を狙う傾向があります。これは、自己評価が低い故、大きなことを達成させないと評価が上がらないと思い込んでいるせいです。

でも、これでは成功体験よりも失敗体験の方が多くなってしまい、自信喪失を加速させる一方です。自信をつける方法として成功体験を積むのなら、目標の難易度を下げ、「周囲に評価される」ことよりも「成功させる」ことに重きを置くことが重要です。例えば、毎日を問題無くこなせたら自分を褒める、誰にでもできる仕事でも完璧にできたら達成と考えるなど、一見当たり前に見える成功にも加点を付けるようにすると良いでしょう。

「そんな小さな成功では周りに認められない」と思ってしまった人は、その考え自体を改めましょう。冒頭でお話しした通り、自信をつけるためには他者の評価は関係ないものと思わなければならないからです。

 

失敗せずにできそうなことをどんどん実践していこう

先ほどもお話しした通り、自信をつける方法として最適なのは「成功すること」です。日常生活や仕事だけではなく、普段やらないことでも失敗できずにできそうなことはどんどんチャレンジしましょう。

例えば興味がある習い事や資格の勉強を頑張るとか、飲み会の幹事とかボランティアとか、手近にチャレンジできることなら何でも構いません新しいことに挑戦して「できた!」という実感を得ることも、自信をつけるためには欠かせないことです。

自分に自信が無い人は、失敗を恐れて新しいことへの挑戦を避ける傾向があります。でも、これでは本人のスキルの停滞を生むだけです。

現在、どれだけ自信満々な人も、たくさんのスキルを身に付けている人も、最初は何でも「初めて」があったはず。その「初めて」をなるべくたくさん経験し、成功させることで、本人の揺るぎない自信に繋がっていくのです。

 

たまには難しいことにもチャレンジして、ハードルを底上げしよう

自信をつける方法の効果をより高く発揮したいなら、たまに難易度を上げて、ちょっとした刺激を味わうようにすることをおすすめします。と言ってもいきなり難関に挑戦するわけではなく、少しだけハードルを上げるのです。

例えば、いつもは1時間かけて行う作業を45分で終わらせるようにするとか、毎月の食費を前月よりも3000円下げるようにするなど。つまり、失敗してもそれほど打撃を受けない程度の目標を設定するのです。

これで目標達成したら自信をつける方法は大成功自信がつくばかりか、より高いスキルを身に着けられるというわけです。

そして、少し難しい目標を達成したら、それを普段の目標として設定し直し、毎日それを飛び越えることに集中します。一度成功しているのですから、次に失敗してももう一度挑戦する勇気が湧きますよね。そして慣れたらまたハードルを上げ……を繰り返すと、いつの間にか自信と実力に満ちた自分になれているはずです。

 

いかがでしたか。簡単なハードルを越えることからスタートすることで達成させる、自分に自信をつける方法についてお伝えしました。

本文中では細かくお話ししていますが、その内容をかいつまめば、要は「簡単なことから少しずつ難易度を上げていく」というだけのことです。そう考えるととてもありきたりな方法とも言えますね。

でも、そのありきたりな方法があることを見落としがちになるのも珍しくないことです。なぜなら、一度自信喪失をしてしまうと周りが見えなくなり、短期的に自信を回復させようとリスクの高い自信をつける方法を取りたくなってしまうからです。

元々自信を持てないという人も、一度自信を喪失してしまった人も、一旦立ち止まって、小さな目標を達成していくことから始めましょう。それだけで、少しずつ自信が満ちてくるはずです。

まとめ

小さな成功から自信をつける方法は

・「成功」の基準を下げよう
・失敗せずにできそうなことをどんどん実践していこう
・たまには難しいことにもチャレンジして、ハードルを底上げしよう


連記事