目を見て話せない!シチュエーション別に克服法を伝授!

目を見て話せない!シチュエーション別に克服法を伝授!
相手の目を見て話せないことで、自分の印象を悪くしていると感じることがありますよね。目を見て話せないと困るシチュエーションはさまざまあるはずです。仕事では自信のなさが伝わってしまったり、プライベートの友人などでも「ちゃんと聞いてくれてるのかな」と不安にさせることなどがあります。

自分はそんなつもりはなくても、相手にとっては「失礼な態度」であるとか「不安や不愉快」だと感じさせてしまいかねません。

それでも、相手の目をしっかりと見て話すことは、なかなか難しかったりしますよね。怖さを感じたり、自分の目線がどう映っているか気になったりもするでしょう。それでも、多くの場合は、きちんと克服することができるのです。

そこで今回は、シチュエーション別に目を見て話せない人のための克服法をお伝えします。

 

目を見て話せない!
シチュエーション別に克服法を伝授!

 

威圧感を感じて目を見ることが怖いタイプ

相手の目を見て話せない人の多くは、相手からの威圧感を感じてしまい怖いと思っています。また、威圧感に加えて「自分を見透かされている」ような気持ちになっていることが多いのです。話している相手は、決して見透かそうなんてしていないでしょうが、やはり怖さや恥ずかしさを感じてしまうものです。

威圧感や見透かされている感覚があって目を見て話せないという人は、相手の「目」ではなく「眉間の少し上」を見るようにしてみましょう

眉間の少し上を見て話すことで、「目を見て話してくれている」と相手に思わせることができます。視線がおかしいと感じさせないので、相手に不快感を与えることもありません。目を見て話せないと思ったら、視線の先を眉間に合わせて怖さを回避しましょう。

 

自分に自信がなく他人からの評価が気になるタイプ

自分に自信を持てない、いわゆる「自己肯定感」が低い人の中には、目を見て話せないことに悩む人も多いです。自分自身を認めることができないと、相手に対して「今、どう思われているのかな」と気になってしまい、相手の目を見て話せない状態になります

自信がないことで目を見て話せない人は、まず自己肯定をして自分に自信を持つことから始めてみましょう。相手の目を見ることだけを練習するよりも、とても効果的でしょう。

自分の良いところだけを見ずに、悪いところや嫌いなところも、すべて認めてあげるようにしてみてください。そうすることで、自然と自分に自信がついてきます

また、自分に自信がない人の多くが悩む「他人からの評価」については、とにかく気にしないことです。大抵の場合、自分が思うほど相手は何も感じていないものです。

他人からの評価は、意外と自分が過剰に考えすぎているだけということが多いですよ。

 

自分の目線がキツいかもしれないと思うタイプ

目を見て話せない人の中には、相手の目線が怖いことだけではなく、「自分の目線がキツく感じられてしまうのではないか」と思う人もいます。

自分の目線に関して「目つきがよくない」と日ごろから気にしている人も多いのです。そのため、相手の目を見て話せない状態に陥ってしまいます。

自分の目線のキツさが気になって、相手の目を見て話せない場合の多くは、自分の過剰な思い込みです。

「きっと目を見て話すと、キツい印象を与えてしまう」という悩みは、自分にとってはすごく気にしてしまうポイントかもしれません。しかし、他人から見ると、意外と目線のキツさを感じないことがほとんどなのです。

しかし、心の中では目線で不快感を与えていることはないと分かっても、やはり気になる人はいるはずです。そんな場合には、表情豊かに話すように心掛けてみましょう

不愛想だと、誰だって目つきや目線がキツいように感じさせてしまうものです。やわらかい表情や笑顔で話すことで、自然と目もニッコリとしますよ。

 

視線の逸らし方を身に付ける

目を見て話せないと、いざしっかり目を見て話してみたときに、ずっと目を見て話すことは難しいので、時々目線を逸らすはず。しかし、その目線の逸らし方があまりに不自然だと「今、目線を逸らされた」と相手に思わせてしまうことがあります

目線を逸らすときに、自然と左右に逸らしがちではありませんか。目線を、「左右」ではなく「上下」に逸らすことで、相手に不快感を感じさせなくなります

自分が相手と話すときに、あからさまに視線を逸らされると、「自分とは目を見て話せないんだ」と思ってしまいますよね。自然な目線や態度で、失礼のない話し方ができるのです。

 

いかがでしたか。目を見て話せないあなたも、お伝えした方法なら「ちょっとやってみようかな」と思えたのではないでしょうか。

自信がないことや過剰な思い込みが原因であることが多かったのですが、どの原因にも共通するのは「主観的」に見ているということです。自分で自分の目線を確認することはなかなかできないので、どうしても主観的に考えがちになります。そこで、一度「客観的」に考えてみると、とても楽になれるはずです。

また、客観的な視点に加えて「自然な振る舞い」も大事になってきます。不自然な目線や動きでは、相手も不安になってしまいますので、目を見て話したり時々逸らすことが自然とできるようにしましょう。

目を見て話せない状態を克服して、自分の印象を変えてみてくださいね。

まとめ

目を見て話せない人が克服するには

・眉間の少し上に目線をずらして恐怖心を取り除こう
・相手の評価を過剰に気にせず自分に自信を持とう
・目線のキツさが気になるならやわらかい表情を心掛けよう
・目を逸らすのも自然な振る舞いが大事


連記事