話すのが下手な人必見!今からでも話上手になる5つの極意

話すのが下手な人必見!今からでも話上手になる5つの極意
相手が誰でもドン引きされてしまうほど話すのが下手という人。話すのが下手だからこそあまり会話に参加したがらないため目立たないですが、こんな苦手を抱える人は意外とたくさんいますよね。

このように、元々話すのが下手だという人は少なくありませんが、そんな人でも訓練次第である程度上手く話せるようになったという人も存在します。もちろん芸人さんや名司会者のように上手にはなりませんが、聞いている人に違和感を覚えさせない程度のトークスキルは思いのほか簡単に身に付けられるものなのです。

話すのが下手だと諦める前に、話し上手になるための訓練をしてみませんか?そこで今回は、話すのが下手な人に取り組んでほしいトークスキルの上げ方についてお伝えします。



 

話すのが下手な人必見!
今からでも話上手になる5つの極意

 

誰からも好感を持たれる人になろう


話上手になるためのコツなのに、他人の好感度なんて関係ないのでは……と思った人もいるでしょう。ですが、これが大アリなのです。

人は、自分が好感を持つ人の話はどんなにつまらない内容でも楽しく聞き、興味が無い相手の話はどんなに面白くてもシラけてしまうものです。会話への苦手意識を克服するためには、実は会話の内容よりも周囲の反応を良くすることが重要で、そのためには誰にでも好かれるようになる必要があるのです。

せっかく面白い話ができているのに、周囲との関係性のせいで不発に終わるのは勿体ないですよね。トークスキルだけではなく、好感度を上げる努力も怠らないようにしましょう。

 

つまらなくても普通に話せるようになろう


話す訓練をしたからと言って「話すのが下手な人」からいきなり「話上手な人」になるのではなく、間に「普通に話せる人」というステップを踏む必要があります。この「普通に話せる人」というのは、特に面白いことや興味を引くことを言うわけではないけれど、会話の流れを妨げない程度のトークスキルを持つ人を指します。先ほどお話ししたように好感度が高ければ、トークスキルが未熟でも会話にうまく乗れるはずです。

話すのが下手な人がいきなり話上手を気取っても、全く話がスムーズに進まないばかりか周囲には違和感ばかり与えて滑稽に見えてしまいます。話上手になりたいなら、まずは普通に話せる人を目指すこと自分がどんな時に会話に失敗するのか、何を言って周囲に引かれてしまうのかを分析して、その欠点を克服するようにしましょう。

 

話上手な人の真似をしよう


ある程度普通に話せるようになったら、話上手な人の真似をしてみて下さい話が面白いとかつまらないという部分は個人のセンスによるものが大きいので、元々そのセンスが無い人は他人の技を盗むしか無いのです。

具体的に真似するポイントは、話題の選び方、周囲の人との絡み方、話すテンポ、起承転結の構成などです。どんな話題が周囲に受けるのか、自分の一人語りにならないように周囲を流れに乗せるためにはどうするべきか、聞きやすい話のテンポや構成はどうすればいいのか……と、学ぶポイントを前もって意識するようにすれば、話上手になるためのコツが見えてくるはずです。

周囲に見習いたい話上手がいない人は、芸人さんや落語家の語りを聞くだけでもかなり勉強になります。そして、誰かを真似し続ければそれがいつしか自分のスキルとして身に付くはずです。

 

会話の流れを妨げないスピードを身に付けよう


話すのが下手な人に圧倒的に多く見られるのが、「会話のスピードが遅い」ということ。これは、話口調がゆっくりだということではなく、何かを尋ねられたときの返答や自分に発言権が与えられたときの話し始めが遅いという意味です。

話すのが下手だという意識が強いからこそ、それを挽回したくて無理に面白いネタ振りやエッジのきいた返答をしようと頑張ってしまうのでしょうが、これが会話のスピードを落としているものに他なりません。最初は面白さよりも会話の流れをせき止めないための努力をすることが先決です。

まずは、会話に沿った発言を反射的にできるようになること。最初は印象に残らない発言しかできなくても、徐々に会話に慣れていけば深みのある発言ができるようになるはずです。

 

話のネタが需要に合っているか見直そう


トークスキルは身に付いた、頭の回転も速くなった、そして周囲に嫌われているわけでもない。でも、なぜか自分が話し出すと周囲の顔が曇る……という人は、話題選びに失敗している可能性があります。

例えば、真面目な女性が多い場で下ネタを連発していたり、軽い話を好む人の前で重厚で哲学的な話ばかりをしていませんか?相手によっては楽しい話でも、人が変わればそれはつまらない話に変貌してしまいます

誰からも話上手と言われるためには、相手に合わせた話題選びができるようになるべきです。そのためには相手をよく見て、どんな話に対して反応が良いのかを観察するようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか。話すのが下手な人に贈る、話上手になるためのテクニックや心掛けについてお話ししました。

話上手を作る要素は、トークスキルだけではなく本人の人間力も大きな割合を占めています。相手に合った話題を見極められるか、どんな話をしても好意的に聞いてもらえるかの違いは、聞く者の反応を大きく変えてしまうからです。

話上手になって人気者になろうという人は少なくありませんが、人気者だからこそ話上手になりやすいということも忘れてはいけません。人間的に好かれていれば、会話の失態も受け入れられやすくなるというのは確かなことです。

何を話しても周囲の反応が良ければ、苦手意識なんてすぐに吹き飛ぶはずです。まずは会話への苦手意識を解消して、そこからトークスキルを磨いていきましょう。

まとめ

話すのが下手な人が話上手になるためには

・話を興味深く聞いてもらうため、誰からも好感を持たれる人になろう
・いきなり話上手になろうとせず、つまらなくても普通に話せるようになろう
・友達や芸人、落語家など話上手な人の真似をしよう
・会話の流れを妨げないスピードを身に付けよう
・話のネタが需要に合っているか見直そう


連記事