面白い人にはワケがある!上手な話し方5つのコツ

面白い人にはワケがある!上手な話し方5つのコツ
トークが面白い人の話し方には、コツがたくさん散りばめられているということはあまり知られていません。その面白い話し方のコツを気付かずに聞けるからこそ、聞く者が引き込まれてしまうのですよね。

面白い話は、話し手が意識しなくても出来上がってしまうという偶発的なものも少なくありません。でも、いつでも楽しい話を提供してくれる人には、間違いなく相手に「面白い」と思わせるトリックがあるのです。

そんな、面白い話し方のコツが知りたいという人はきっとたくさんいますよね。それさえマスターできればどこでも大ウケを狙えるのですから、合コンでも、会社でも、人気者になれること間違いなしです。

そこで今回は、聞く人に面白いと思わせる話し方のコツについてお伝えします。



 

面白い人にはワケがある!
上手な話し方5つのコツ

 

起承転結をはっきり分けよう


小説でも、ドラマでも大切だとされる「起承転結」。これは、ほんの数分のおしゃべりでも意識するだけで聞き手の食いつきがぐっと良くなります

端的に言うと、「起」は、話の舞台や設定を説明する部分、「承」は話の始まりやきっかけです。「転」は物語の中の揉め事や苦難、いつもと違う事件など、「結」はいわゆるオチの部分です。例えば、「昨日、帰り道でのことなんだけど(起)、「いつもよりすれ違う人と目が合うことが多いなと思ったから(承)」「もしかして今モテ期なのかとワクワクしていたら(転)」「鼻毛めっちゃ出てただけだったんだよね(結)」という感じです。

もちろん、これが面白い話というわけではありませんが、このように起承転結が分かれた話は聞く方も状況をイメージしやすいです。これを踏まえて、これからお伝えする面白い話し方のコツを盛り込んで行きましょう。

 

持ち時間を意識しよう


人との他愛ないおしゃべりには制限時間などありませんが、自分ばかりがダラダラ話していては聞き手が飽きてしまいますし、横槍を入れられて不完全な話で終わってしまう可能性大です。かと言って短すぎる話は相手が拍子抜けしてしまうため、ある程度のボリュームが必要です。

どんな話をする時も、見えない「自分の持ち時間」を意識しましょう。状況により一人が話し続けられる時間は変わりますが、2~3人程度でする雑談なら2分、長くても3分以内にオチまで話せるようにすることをおすすめします。一人で時計を見ながら話をまとめる練習をすると良いでしょう。

 

聞き手が共感できるポイントを散りばめよう


面白い話し方のコツの中でも忘れがちになるのが、「聞き手が共感できるか」ということ。自分が面白いと思ったことを話しきれたとしても、聞く人がピンと来なければ不発に終わります

聞く人に共感させるためには、起承転結の合間に「ああ!」と思わせるポイントを多数仕込んでおきましょう。「ほら、この前行ったあの店で」とか、「○○ちゃんも知ってるあの人が」と、相手が「うんうん」と相槌を打ちながら聞くことで、聞き手は話に自然に引き込まれていきます

 

緩急を付けて話そう


他人の話を聞くとき、あまりに単調だと飽きてしまいます。そのため、話の要所要所で声の大きさやスピードに緩急を付けて話すようにするとメリハリが付き、話の内容の理解度も深まります。なるべく、話し始めは単調に、そして話の展開に合わせて語調を強めていくようにすると良いでしょう。

また、オチに差し掛かる時にはテンポ良く話すようにしましょう。話の仕上げの段階であまりにゆっくりだと聞き手にオチを読まれてしまい、面白さが半減してしまいます。

緩急のイメージは、漫才、コント、紙芝居など、プロの話し方を参考にすると一番わかりやすいですね。上手なトークを聞いて学ぶのも、面白い話し方のコツです。

 

楽しい話題を選ぼう


では、話題選びはどうすれば良いでしょうか。面白い話というのは聞き手によって変わるため、「これを話せば大丈夫」という鉄板ネタは自分で探すべきです。

ですが、最低限選んではいけない話題というものもあります。それは、悪口、愚痴などのマイナスな話題です。

周りを笑わせる悪口や愚痴は、必然的に「対象を馬鹿にする、皮肉を言う」という意地悪な方向に流れます。これはその場では楽しめても、後味が悪いものです。面白い話し方のコツを実践するなら、誰もが楽しくなるようなプラスの話題を選ぶのは鉄則と言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。面白い話し方のコツについて、「話す方法」という部分について重要なものをお伝えしました。

これは、どんな話題がウケるかということではなく、面白い話をどう話せば100%伝えられるかというところに焦点を絞ってご説明しています。つまり、面白い話題を見つけるのは、自分自身のセンス次第ということになります。

でも、その場の雰囲気がよほど悪くなければ、ノリとテンポの良い話は、大概の人が楽しんで聞けるものです。ですから、「それほど面白い話でもないかも……」と遠慮せず、ちょっとしたことでも、面白い話し方のコツを踏まえて話してみて下さい。

自分のトークに自信が無い人でも、聞く人を楽しませることができたという経験を積めば、必ず話上手になれます。ですから怖がらずに、どんどん話すチャンスを掴みに行きましょう。

まとめ

面白い話し方のコツは

・起承転結をはっきり分けよう
・持ち時間を意識しよう
・聞き手が共感できるポイントを散りばめよう
・テンポよく、緩急を付けて話そう
・悪口や愚痴は避け、楽しい話題を選ぼう