人付き合いを苦痛に感じ始めたら…ラクになる心の保ち方

人付き合いを苦痛に感じ始めたら…ラクになる心の保ち方
人付き合いに苦痛を感じる事が多いと、毎日の生活が億劫になってしまいますよね。子供の頃は、親に任せて、人付き合いをある程度は回避する事も出来ますが、大人になってからはそうはいきません。

人付き合いに苦痛を感じる方は、なぜ自分が人付き合いが苦手なのかをしっかり振り返り、気持ちをラクにする方法を考える事が大切です。

どれだけ苦手であっても、今後の生活で人付き合いを避け続けることは出来ないので、人付き合いの苦痛を楽にする心の保ち方を身につける必要があります。

そこで今回は、人付き合いを苦痛に感じる場合に、心を楽に保つ方法についてお伝えします。人付き合いの辛い気持ちとおさらばして、楽しい毎日を過ごしましょう!

 

人付き合いを苦痛に感じ始めたら…
ラクになる心の保ち方

 

『良い子』になるのはやめよう

人と接する時に、つい本来の自分を隠して『良い子』を演じていませんか自分を抑圧したまま人付き合いを行っていると、ストレスが溜まって心が疲れてしまいます

自分の全てを人前でさらけ出す必要はありませんが、適度に本来の自分のままで人付き合いを行うと、心が楽になります。

良い子になるのはやめて、ストレスから解放されましょう。

 

自分のせいだと思うのをやめよう

人付き合いが上手くいかないのを、自分のせいだと考えて不安を抱え込んでしまう人もいます。人付き合いが苦手な事を自分のせいだと感じると、とても苦痛を感じてしまいますよね。

でも、誰かと会った時に、もしその人が機嫌が悪そうにしていても、それはあなたのせいではないかもしれません。例えば、家で嫌な事があった時や、体調が悪いときは、程度の差はありますが、誰でも不機嫌になってしまうものです。

たまたま1回の出会いが上手くいかなくても「自分のせいだ」と自分を責めるのはやめましょう

 

休息期間を設けよう

人付き合いに苦痛を感じているのに、我慢して普段通りの生活を続けていませんか辛い気持ちをそのままにして、我慢をしていると、いつかパンクして心が壊れてしまいます

人付き合いに苦痛を感じ始めたら、まずは休息期間を設けてみましょう。仕事や学校で平日が無理な場合は、休日のうち何日かを「この日は誰とも会わないで好きに過ごす日」と決めて、ゆっくり過ごしてください。

ゆっくり心をリフレッシュさせれば、ストレスも減りますし、「あと○日頑張れば休息日」だと思えば、日々の人付き合いが少し楽になることでしょう。

 

深呼吸をしよう

ストレスを感じている時に、深呼吸をすると気持ちが楽になることをご存知の方は多いことでしょう。

苦手な人付き合いをしている時も、体が緊張して呼吸が荒くなったり血圧が上がったりと身体にも変化が起きます

人と接しているときに「今ストレスを感じているな」と気付いたら、ゆっくり落ち着いて深呼吸をしましょう。深呼吸をすることで、呼吸を落ち着かせて、緊張を和らげることが出来ます。

深呼吸を行うときは、よりリラックスの効果を得るために、なるべくゆっくり息を吸って、深く吐くようにして下さい。

 

自分の辛い気持ちを日記に書こう

人付き合いを苦痛に感じている人は、人付き合いでの悩みを人に話すことさえストレスに感じてしまう場合もあります

そのような時は、一日の終わりに、自分の辛い気持ちを全て日記帳に書いてしまいましょう。何がどれくらい嫌だったかを全て書くことで、文字として辛い気持ちを吐き出し、おさらばすることが出来ます

あなた以外誰も読まない自分だけの日記帳ですから、気が済むまで思いっきり書きたいことを書いてスッキリしましょう

 

没頭できる趣味を見つけよう

人付き合いを苦痛に感じるあまりに、人と接していない時間にまで人付き合いについて考えてしまうこともあります。せっかく人と接しなくても良い時間まで人付き合いの事を考えていると、1日中、心が疲れたままになってしまいます。

そんな時にお勧めなのが、何か没頭出来る趣味を見つけることです。

辛いことは終わるまで時間がかかるのに、楽しい事はあっという間に終わってしまった経験はありませんか。好きなことに没頭していれば、その日あった嫌なことを考えずに集中する事が出来るので、苦手な人付き合いについても考えなくて済みます

全力で没頭できる趣味を見つけて、人付き合いについて考える時間を減らしましょう

 

いかがでしたか。人付き合いを苦痛に感じ始めた時に、楽になる事が出来る心の保ち方をお伝えしました。

人付き合いを苦痛に感じている方は、人に辛い気持ちを伝える事が出来ない場合が多いので、辛い気持ちのはけ口をなかなか見つける事が出来ません。

まずは人付き合いを苦痛に思う気持ちを少しでも減らせるように、良い子になるのはやめ、人付き合いが苦手な理由を自分のせいにするのもやめましょう。それでもまだ心に余裕が無いときは、深呼吸をしたり、辛い気持ちを吐き出したり、リフレッシュできる休息期間を設け、心の負担を減らしてください。

人付き合いは、生活していく上では避けることが出来ませんが、心の保ち方を工夫することで、悩みを軽減する事は可能です。

人付き合いのストレスから解放されて、日々の生活をより楽しいものにしていきましょう。

まとめ

人付き合いに苦痛を感じたら

・『良い子』になるのはやめよう
・自分のせいだと思うのをやめよう
・休息期間を設けよう
・深呼吸をしてリラックスしよう
・自分の辛い気持ちを日記に書こう
・没頭できる趣味を見つけよう


連記事