注意力がないのは何故?気になる原因と対処法

注意力がないのは何故?気になる原因と対処法
仕事や日常生活を送っていると、「注意力がないなぁ」と思う時がありますよね。注意力がない時ほど、仕事では失敗をしやすいですし、日常生活では、ちょっとした段差につまずいたりするものです。これが、車を運転している時や現場作業をしている人だと、大事故に繋がりかねません。

こうした注意力がないという状態は、誰しも早く抜け出したいはず。もし原因があるのなら早めに知って対処したいところでしょう。そうすれば、仕事の失敗も減り、作業もスムーズに進むでしょうし、日常生活も円滑に送れるはずです。

実は、注意力がないという状態は、ちょっとしたことを心がけ、行動に移すことで、簡単に解消されるのです。

そこで今回は、注意力がない状態になる原因と対処法をお伝えします。



 

注意力がないのは何故?
気になる原因と対処法

 

確認を習慣化する


ある仕事をしている時に、ふと「あの仕事は終わったけ」や「あっちの仕事はどうだっけ」と、別の仕事のことを考えることがあります。その他、出かけてから「電気消したかな」「玄関の鍵閉めたかな」などと考えてしまうこともあるでしょう。

別のことを考え出すと、そのことで頭がいっぱいになり、目の前の作業に集中出来ないので、注意力がそがれる原因となります

このような状態にならない為には、一つ一つのことに対して確認を行う必要があります。一つの仕事が終われば、指をさしながら、「この仕事ヨシ」と確認するのです。出かける時も、「電気ヨシ」「玄関の鍵ヨシ」と指をさしながら確認しましょう。

意識して確認を繰り返していけば、習慣になり、改めて振り返ることもなくなります。

 

集中出来る環境を整える


作業に集中したくても、周囲に物があふれていたりすると、集中力がある人ですら、注意力がない状態になります。ですので、特に自分が注意力に欠けているという自覚がある人は、周りの環境を整える整理整頓を行って下さい。

どのように整理整頓を行えばよいのかというと、とにかく周りに物を置かないこと。極端に言えば、作業に必要な物以外は置かないようにして下さい。こうして、周りに物が少なくなれば、気を取られることも少なくなりますので、注意力がないということも少なくなります。

さらに、作業も一つ一つ片付けられますので、作業効率のアップにも繋がります。

 

優先順位をつける


アレコレとやらなければならないことが多いと、何から手をつけてよいのか分からなくなります。そのような状態で、どれか一つに手をつけて作業を始めても、他の作業のことが気になったり、重要なことがあるような気がしてしまい、作業に集中できなくなります。

ここで、何が問題かというと、どの作業から手をつけてよいか分からないということ。この部分が解決すれば、注意力がない状態を避けられるはずです。

そのためには、作業の優先順位をつけましょう。まず、やるべきことを紙やメモ帳に書いて、次に作業をすすめる順番をつけて下さい。優先順位をつけることで、するべきことが視覚化され分かりやすくなり、中途半端に全ての作業に手を出すこともなくなりますので、一つずつ確実に終わらせることが出来ます。

また、紙に書くことはメモにもなりますので、作業をやり残してしまうことも防いでくれます。「書く」という行為は、注意力がないことへの対処だけでなく、ミスを減らすことにも繋がります。

 

生活習慣を見直す


注意力は生活習慣とも繋がりがあります。例えば、毎日夜遅くまで起きていて寝不足の人は、眠気に襲われるので注意力がなくなります。また、体調が悪い時は、体がだるくなりますので、やはり注意力がなくなります。

つまり注意力がない状態を避けるためには、なるべく健康体でいられるような生活習慣を送ることが大切ということ。大事なのは毎日の生活リズムです。

毎日、夜遅くまでスマホやゲームをしている人は、週末だけにするなどと決めて、メリハリをつけるようにしましょう。規則正しい生活習慣を送れば、寝不足はなくなりますし、体調を崩すことも少なくなります。

 

先のことを考えすぎない


作業をするには、まず計画を立ててからという人もいることでしょう。もちろん、計画を立てるのは大事ですが、先のことを考え過ぎてしまうと、本当に今やるべきことが疎かになってしまうことがあります

こうなると作業に集中できていないので、結果、注意力がない状態になります。

先のことを考えること自体は、決して悪いことではありませんが、作業に集中できないほど考えてしまうのは、良いことではありません。よほど重要なことでなければ、先のことは考えず、目の前の作業に集中するようにしましょう

 

いかがでしたか。注意力がない原因は色々ありますが、共通していることは、目の前の作業に集中出来るかどうかにあります。逆に言うと、集中を阻害する要因をどれだけ除けるかです。それは、環境だったり性格だったりしますが、一つ一つ取り除いていけば、注意力がない状態は確実に少なくなっていきます。

そうなれば、作業の効率も上がりますし、自分のレベルアップにも繋がっていきます。ただし、人間はいつまでも集中力が持つわけではありませんので、少しでも疲れを感じたら休憩を取りましょう集中とリラックスのメリハリが、注意力や集中力を持続させるコツです。

注意力がないなと感じた時には、お伝えした対処法をぜひ試して下さい。色々と試して、自分にあった対処法が見つかれば、もう注意力がない状態にはならないはずです。テキパキと作業をこなし、周りを驚かせましょう。

まとめ

注意力がない時の対処法は

・作業が終わった時は確認をすることを習慣化する
・作業をする周りは物を少なくする
・複数作業がある時は優先順位をつける
・規則正しい生活習慣にする
・重要でない限り先のことを考え過ぎない