人前であがらないためには?事前に行いたい5つの準備

人前であがらないためには?事前に行いたい5つの準備
仕事でのプレゼンや結婚式のスピーチなど、人前で行うことはどうしても緊張してしまい、失敗も起きやすいので、人前であがらない方法があれば知りたいですよね。そうすれば、失敗する確率はぐっと減りますし、スラスラと話せてさまになります。

人前であがらない方法は、嬉しいことに調べれば沢山出てきます。しかし、沢山あり過ぎて結局何をすればよいのか、よく分からないという一面もあります。それだけ色んな方法がありますが、何よりも大事なのは、人前に出るまでに入念な準備をしておくことです。

プレゼンやスピーチに慣れていて人前であがらない人は、そこまでに準備をしっかりと整えているのです。

そこで今回は、人前であがらないために行いたい事前準備の方法についてお伝えします。



 

人前であがらないためには?
事前に行いたい5つの準備

 

「こうでなければいけない」を「こうありたい」に変える


人前であがらないようにするには、なぜ人前であがってしまうのかを知らないことには始まりません。そもそも、どんなことでも緊張してしまうのは、何かに怯えているからです。そこで、何に怯えているのかを正直に書き出してみましょう

例えば「失敗する」ことに怯えている→なぜ失敗に怯えているのか→「自分の評価が下がるから」というように、一つ一つを掘り下げていくようにして下さい。全て書き出せたら、そこに「こうでなければいけない」と思い込んでいる部分がないかを確認します。

「こうでなければいけない」と思っている部分があれば、そこは「こうありたい」と考え心に余裕を持たせましょう。それだけで、人前での緊張度は確実に下がります。

 

練習をしっかりとする


人前であがってしまうのは「失敗したらどうしよう」という不安が、原因の一つになります。なので、理屈でいえば不安をなくしてしまえば、人前であがらないようになるはずですが、言葉で言うほど簡単に不安は消えません

不安を消すためには、とにかく練習をするしかありません。発表することやスピーチの内容をひたすら繰り返して話してみたり、色んな質問を想定してあらかじめ答えを作っておき、それも答え方や話すリズムなどを練習します。

一人で練習していては、良いか悪いかを判断しにくいので、第三者に見てもらったり、自分が話している姿を録画して見返すことがおすすめです。どちらも良いとこや悪い部分が分かりますので、改善の参考になります。ひたすら練習を行い、自分が納得できる出来栄えになれば、緊張もしなくなります。

 

意図的に体を動かす


精神面だけではなく体の面でも、人前であがるかあがらないかに影響を及ぼします。人前であがっている時は、体に余計な力が入ってしまい、ガチガチになっています。そこで、体の力を抜くために人前に立つ日の朝は、ランニングやストレッチなどの運動を行ってみましょう

ただし、あくまで体の余計な力を抜くためなので、バリバリ運動するのではなく、程よく「気持ち良い」と感じる程度にしておきましょう。また、本番中に体に力が入ってしまった場合は、奥歯を噛みしめていることが多いので、意識して奥歯をゆるめていきましょう。

そして、マイナス思考になったりパニックになりそうな時は、ゆっくりと深呼吸をすれば頭と心が落ち着きます。冷静になったところで、続きを始めていけば、失敗は最小限で食い止められます。意図的にちょっと体を動かせばリラックスできるため、人前であがらないようになります。

 

身だしなみを整える


身だしなみと人前であがらないこととは、何の関係もないように感じますが、そうではありません。人の第一印象は、ほぼ見た目で決まると言っても過言ではありません。人前で話すのに、だらしない恰好をしていると、印象が悪く誰も話を聞いてくれません

そして、その空気は話している自分にも伝わってきます。みんなが集中して話を聞いていると緊張しますが、逆に話を聞かれなさ過ぎてもあがってしまうのです。しかし、身だしなみが悪いことに気づいていないと「どこかまずかったかな」「変な発言したかな」とやってもいないことを想像してしまい、より緊張してしまいます

人前であがらないためにも、身だしなみはビシっと整えて、余計な不安を与えないようにしておきましょう。

 

ゆっくりな動作を心がける


人前であがる人は、実際にみんなの前に立ってから緊張しているのではなく、その前からあがっています。そして、緊張していると自分の席から壇上へ早足で向かったり、話すリズムが一定でなく言葉もはっきりしないという状態になります。

人前であがらないようにするなら、動作や話すスピードをゆっくりとすることを意識して行ってみましょう壇上に向かうのもゆっくりだと堂々として見えますので、印象が良くなります。「ゆっくり」を意識して話すようにすると、自然と言葉もはっきりしますので、聞きやすくなります

ゆっくり動くことで、頭と心が冷静になり、落ち着けるので人前であがらないようになります。それでも、焦りそうな時は、一度深く呼吸をして心を落ち着かせましょう。

 

いかがでしたか。どれだけ講演やスピーチを行い慣れている人でも、本番前は少なからず緊張しています。しかし、本番では水が流れるように話しているので、緊張とは無縁のように感じますが、それまでに入念な準備を行っているのです。

なので、何の準備をせずに緊張しないようにするのは、絶対に無理です。しかし、きちんと準備をすれば、誰でも必ず人前であがらないようになります。準備は話し方から心の持ち方、見た目など多岐に渡りますが、どれも大切なものです。

準備は面倒なことですが、怠れば確実に緊張しますので、失敗するリスクが高くなります。今回お伝えしたことは、人前でなくても緊張しそうな場面では効果がありますので、実践して頂ければ絶対に緊張に負けることはありません。

まとめ

人前であがらないために行いたい準備は

・「こうありたい」と考え心に余裕を持たせる
・練習を行い不安を消す
・意図的に体を動かし余計な力を抜く
・身だしなみを整え見た目を良くする
・動作をゆっくりして頭と心を冷静にさせる