人前で緊張してしまう人に試して欲しい3つの克服法

人前で緊張してしまう人に試して欲しい3つの克服法
人前で緊張するのはどう克服すれば良いものか……と、毎日思い悩む人は少なくないでしょう。一人の時は平気なのに、人の前に立つと緊張してしまう癖は、本当に困ったものですよね。

人前で緊張するのを克服するためには、はっきり言ってしまうと時間がかかります。なぜなら、緊張というのは自分の奥深くにある恐怖や不安がさせているもののため、一時的な対処法で多少リラックスすることはできるものの、その奥にある原因を解消しなければ完全に克服したとは言えないからです。

それでも、時間がかかっても良いから人前での緊張を克服したいという人は恐らくたくさんいるはずです。それだけ、緊張する癖というのは本人を悩ませるものだからです。

そこで今回は、緊張に悩む人に試して頂きたい、人前での緊張を克服する方法をお伝えします。



 

人前で緊張してしまう人に
試して欲しい3つの克服法

 

「緊張しても良い」と思おう


人前での緊張を克服するためには、まずは「開き直り」が必要です。緊張するのがいけないことだと思うからこそ、緊張することに対して罪悪感や嫌悪感、恥ずかしさを覚えるようになります。そんな緊張に対するマイナスイメージが更なる緊張を誘い、プレゼンなどの発表を失敗させているのです。

でも、「ある程度の緊張感は大切だ」とよく言われることからわかる通り、緊張することは悪いことではないのです。それを過剰に悪者扱いするからこそ、人前での緊張が克服しにくくなってしまうのです。

大切な場面では緊張するのが当たり前です。過剰にリラックスしている人の方が、「重要性をわかっているのか?」と思われて悪印象を抱かれることだってしばしばあります。

人前で緊張するのは悪いことではなく、悪いのはそのせいで発生する失敗です。ですから、緊張しない方法よりも、失敗しない方法を模索するべきなのです。

自分の意識を変えるのは少し難しいことですが、まずは自分の心持ちを変えることが先決です。緊張しやすい自分を受け入れ、緊張して当たり前、緊張しても恥ずかしくないと自己暗示をかけるようにして下さい。

 

身体の緊張を強制的にほぐそう


では、緊張による失敗を防ぐためにはどうすれば良いのかというと、それは身体の緊張をほぐしてあげること。心の緊張は筋肉を硬直させ、心臓が早く打つようになり、脳の働きを妨げます。そのせいで声が上ずったりどもったり、頭が真っ白になってしまうのです。

これを解消するためには、手足を温める、筋肉に力を入れて急激に力を抜くなどの方法で筋肉をほぐしましょう。このようにして身体の方から強制的にほぐしてやると、心拍数や脳の働きも正常に近づき、心も平静を保てるようになります。

事前に身体の緊張をほぐすと、人前でも緊張しにくくなり、克服へと一歩近づくことができるようになります。心の緊張と身体の緊張は密接に関係しているので、心を操作することが難しければ、身体の方からアプローチするのが手っ取り早いです。

そうして緊張による失敗を防げたという経験を積むことで、人前での緊張を克服できるようになるのです。

 

注目してほしいポイントを作ろう


普段は問題無いのに人前では緊張してしまうという人は、「人の注目を集めたくない」という心理を持っています。容姿、声、発表する内容など、何かしらにコンプレックスがあるからこのような心理に陥るのです。

それをうまく克服するためには、自ら注目されたいポイントを作ることです。例えば自慢の腕時計やアクセサリー、スーツを纏って人前に立つとか、ちょっとネタになりそうなネクタイを締めるなどして注目を自分のコンプレックス部分以外に集めるようにしましょう

よく、学校の講義や説明会で、「話の内容よりもネクタイの柄が気になる」という状況がありますよね。それを敢えて自分から身に着けることで、注目の避雷針を作るのです。

一見荒療治に見えますが、これはかなり効果的です。自分なりに見られても平気な、むしろ見られたい部分を一つ作ることで、自然に「自分を見て欲しい」という心理を作り出せます。実際に見る人がどこに注目しているかよりも、見られる側が「私の自慢のネックレスに釘付けだわ!」と勘違いすることで、視線への恐怖を克服するのです。

 

いかがでしたでしょうか。人前での緊張を克服するための方法を3つご説明しました。

大きな舞台で緊張するのは誰にでもあることです。それを一時的に解消する方法は山ほどありますが、「克服した」と言い切れるほど平気になるには、経験を積んだり、自分の意識を変えるほか方法がありません。

ここでお話ししたのは、意識を変える方法や、緊張が身体に及ぼす影響を減らして失敗しない方法、そして注目されても恐怖を感じなくなる方法です。これらを実践することで、段々と人前に立つことに慣れてきます。慣れてしまえば、もう人前での緊張は克服したと言えるでしょう。

緊張しやすい性格、しにくい性格には個人差がありますが、多かれ少なかれ、生きていれば誰でも緊張することはあるものです。ですから、自分の緊張を過剰に気にせず、克服法を試しながら、気長に慣れるのを待つようにすると、人前に出るのも怖くなくなりますよ。

まとめ

人前で緊張しないための克服法は

・「緊張しても良い」と思い、緊張への恐怖心を解消しよう
・身体の緊張を強制的にほぐし、身体と脳が正常に働くようにしよう
・注目してほしいポイントを作り、注目されることに慣れよう