自分を肯定するためにできるたった3つの習慣とは

自分を肯定するためにできるたった3つの習慣とは
自分を肯定することが出来れば、きっと少しは楽になれるのに、と感じている人もいますよね。自分を認めることが出来ずに気持ちを偽り、無理に周囲に合わせていると、だんだん疲れて辛くなってきてしまうものです。

周りから信頼されている魅力的な人は、自分を肯定するコツを身につけています。自分にはあんな風には振舞えない、そもそも自分とは違う、なんて思っている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。後ろ向きな自分を何とかしたいと思うなら、ぜひ、自分を肯定する術を身に付けましょう

しかし、今まで自分を認められずに来た人にとってそれは簡単なことではないでしょう。ですから、まずは自分を好きになるための簡単な習慣を取り入れてみませんか。

そこで今回は、自分を肯定するためにできる習慣についてお伝えします。

 

自分を肯定するためにできる
たった3つの習慣とは

 

自分の良い点も悪い点もかけがえのない個性

成功している人は、その自信に満ちた発言や行動から周囲の信頼も高く、多くの友人と充実した日常を過ごしています。そんな業界のカリスマのようにはなれなくとも、自分を肯定することができれば、自分が正しいと思ったことに自信を持ち、それに基づいて発言したり行動できる人になることはできるはずです。しかし、残念ならが世の中には、自分を否定しがちな人が多いのが現実です。もしかしたら、あなたもそんな一人かもしれません。

では、どうやったら自分を肯定することができるのでしょうか。それは、決して難しいことではありません。自分の良い点も悪い点も認めて、自分がかけがえのない個性なんだと思うことです。世の中には良い点だけ持っている人なんていません。どんなにすばらしい人でも何かしらの欠点があるものです。自分に他の人より劣った点があったとしても、それを欠点だと思わずに、個性だと思えばよいのです。まずは、自分の良い点を出来るだけ挙げてみましょう紙に書き出してみると、自分にも良い点がたくさんあることに気付けるはずです。

 

他人と比較しないこと

自分を肯定するために心掛けたいのは、他人と比較はしないことです。他人と比較すると、どうしても自分のできない点が気になってしまうのが普通です。この点はあの人にかなわない、こっちは別の人にかなわない、なんて考えていたら、自分は欠点だらけに見えてしまいます

あの人がうまくできるのは、それがその人の個性だから。そう、その人はあなたではありません。ですから、あなたと違う得意なことを持っているのは当然のことなのです。自分にできないことをうまくやれるのなら、助けてもらえばよいだけです。また、お願いしてうまくやれる方法を教えてもらってもよいでしょう。逆に、その人が苦手なことで、あなたが得意なことがあるかもしれません。それができる自分を褒めてあげましょう。見方を変えるだけで、自分を肯定することは出来るのです。

 

自分に暗示をかける

とはいえ、自分を肯定する、つまり自分を好きになりたいと思っていても、なかなか行動には移せないものです。先にもお伝えしましたが、自分を肯定するためのコツは、「良い点も悪い点も認めて、自分をかけがえのない存在だと思えること」です。そのために、自分自身に暗示をかけてみましょう

自分自身に暗示をかける方法は「声に出して言ってみること」。自分で声に出すことで、そのことを強く思うと同時に、耳から聞いて確認でき、暗示の効果が高まります。1人になったときに、自己暗示の言葉を言ってみましょう。

例えば、他の人と比較しそうになったら、「人には良い点も悪い点もあるのが当たり前」と言ってみましょう。また、失敗してしまったら「失敗したけれど、そういう自分を見捨てない」と言うのも良いでしょう。そして、自分の欠点に気が付いたら、「ダメなところもあるけど、そんな自分を許そう」といった具合です。

逆に、自分がうまくやれたことがあったら、ぜひ、それを褒めてあげましょう。もちろん、自分らしい言葉を考えて、それを言うのがベストです。そうやって、自分の悪い点も良い点も認めてあげる暗示を習慣化してみてください。そんな毎日の習慣が、自分を肯定する前向きな人にしてくれるのです。

 

いかがでしたか。自分を肯定するために、誰にでも始められるコツについてお伝えしました。

自分を肯定するとは、自分の良い点も悪い点も受け入れられる、ということです。これができると、自分の良い点を積極的にアピールして、何事も良い結果に結び付けていくことができます。また、悪い点は自分にはできないと認めることで、できる人をうまく活用し補っていけるのです。

世の中、どんなことでもうまくやれる人はいません。人には、個性があって、うまくできることもあれば、うまくできないこともあるのです。自分が失敗したのは、偶然できないことをやろうとしただけかもしれません。ですから、次に同じことを繰り返さなければ良いのです。良いところも悪いところも、自分の個性として認めてあげてください。きっと次回はうまくこなせるようになるはずです。自分を肯定する術を身に付けて、充実した生活を目指しましょう。

まとめ

自分を肯定するためには

・自分の良い点も悪い点もすべて認めよう
・他人と比較しないようにしよう
・自分に暗示をかけて前向きな気持ちになろう


連記事