コミュ障に悩むあなたへ。克服するために出来る5つのこと

コミュ障に悩むあなたへ。克服するために出来る5つのこと
若い世代を中心に、「コミュ障」に悩み、克服したいと思う人が増えていますよね。コミュ障とは「コミュニケーション障害」の略称ですが、最近よく耳にするコミュ障は、「他愛ない会話をすることが苦手な人」のことを意味していて、話すことが苦手そうだと周りから思われている人も、コミュ障の場合が多いと言われています。

コミュ障は、生まれつきではなく後天性であることがほとんどです。子供の頃の失敗やトラウマが原因になる人も多く、さらに、ネットの普及によって文字だけでのコミュニケーションが増え、その影響でコミュ障を引き起こす人もいます。人見知りな性格であったり、相手からどう思われるかを考えすぎて話せなかったりと、人によって根本的な悩みの種はそれぞれですが、どれも「コミュニケーション能力」に関わっているものです。

そこで今回は、コミュ障を克服するために出来る5つのことをお伝えします。



 

コミュ障に悩むあなたへ。
克服するために出来る5つのこと

 

豊かな感情表現を身に付ける


コミュ障で悩む人の多くは、会話の途中で相づちを入れることや、相手に気持ちが伝わるようなリアクションを取ることが苦手な傾向にあります。

聞き手が相づちやリアクションなどで感情表現をしなければ、話し手も「どう思っているのかな」と不安になりますし、話しづらい印象を持ってしまいます。また、自分では感情を表しているつもりでも、それが相手に伝わらなければ意味がありません

感情表現を豊かにしてコミュ障を克服するためには、笑えるものや泣けるものなどにたくさん触れることです。バラエティ番組や面白そうなサイト、アニメや漫画などでも良いでしょう。いろんなものに触れて、自分で「ちょっとオーバーかな」と思うくらい大げさにリアクションすることで感情表現力が高まり、コミュ障の克服に近付きます

 

誰かに話す癖をつける


コミュ障を克服していくために、日ごろからいろんな人と話す機会を増やしましょう

コミュ障と自覚したり、あるいは言われる人というのは、話すことに慣れていないだけです。つまり、慣れてしまえば抵抗がなくなって会話がスムーズに進むようになります

いろんな人と話すと言っても、わざわざ場を設ける必要はありません。職場や学校などで自分から挨拶をしたり、「ちょっと話してみようかな」と他愛ない会話を積極的にしてみましょう。普段の生活の中に、コミュ障を克服できるチャンスはたくさんありますよ。

 

完璧に話そうとしない


コミュ障に悩むあなたは、すべて完璧に話そうとしていませんか。「こんな風に話したい」と理想を持って完璧に話そうとすると、なかなか難しいものです。コミュ障でなくても、いつも完璧には話せないのです。

完璧を求めたり理想を追うことなく、とにかく話してみることで、コミュ障は克服していけるのです。「話の途中で噛んでしまった」「無言が続いてしまった」など感じることがあるかもしれませんが、急にコミュ障を克服することは難しいもの。徐々に話がスムーズにできるようになれば良いと思いましょう

 

相手に興味を持つ


「何を話せばよいのかわからない」という状況は、「相手に興味を持っていない」ことにつながります。会話が続かず沈黙してしまった経験はありませんか。それは先ほど述べたように、相手に興味がないからかもしれません。

興味を持っていれば、自分が発する言葉は自然と出てきます。知らないことに対する疑問であったり、自分はこうだと意見を伝えたかったり、内容はさまざまです。そうなると、自然に話の流れがスムーズになり、自分が言葉に詰まらないのはもちろん、相手も話しやすくなります。

相手に興味を持つことはコミュ障を克服させるだけではなく、その人との関係性も良い方向へと変わっていくでしょう。

 

場数を踏む


コミュ障を克服させる最大のポイントとも言えるのが、場数です。とにかく場数を踏んで慣れることで、コミュニケーション能力は高まっていきます。

「この前はうまくいかなかったな」「また話せなかったらどうしよう」と考えてしまうかもしれませんが、コミュ障の克服には経験が必要です。

話すことに成功や失敗という概念はあまりありませんが、うまくいってもいかなくても、経験を積むことでコミュニケーション能力が高くなり、コミュ障を克服することができます。

 

いかがでしたか。コミュ障を克服するためには、少し自分の殻を破ってみる必要があるかもしれませんね。また、どの克服方法も、前向きになれたり自分に自信を持てるなどプラスになることばかりです。

コミュ障を克服することで、自分を変えることができます。自分が変わることで関わる人も変わるでしょうし、いろんな人との付き合い方も変わっていきます。その中で親友や恋人と出会うかもしれませんし、職場や学校にも今までと違った居場所ができるかもしれないですよね。それを思うと、コミュ障を克服することは「世界を180度変えること」と言っても過言ではありません。

コミュ障に悩むあなたも、ぜひ話すことにチャレンジして、見える世界を変えてみましょう。

まとめ

コミュ障を克服するためには

・表現力を豊かにしてみよう
・たくさん話して癖をつけよう
・完璧な話や高い理想にとらわれないで
・相手に興味を抱いて自然な会話をしよう
・場数を踏んでいろんな経験を積もう