あがり症を克服したい!人前をラクにする5つの治し方

あがり症を克服したい!人前をラクにする5つの治し方
重度のあがり症だと、どんな治し方も効果が無いのでは……と不安になってしまいますよね。確かに、その場逃れ的なあがり症の治し方だと、根本的な解決にはなりにくいものです。

でも、時間をかけて根気よく取り組めば、必ずあがり症は治ります。なぜなら、あがり症を作り出すのは経験不足という要素が大きいため、経験さえ積めば解決できるものだからです。

でも、充分な経験を積むまでの過程がつらすぎるという人もきっといるでしょう。そんな人も、どうかご安心ください。そんな人は応急処置としての対策と、長期的なあがり症の治し方を同時進行で実践していけば良いのです。

そこで今回は、あがり症の治し方を短期的、長期的方法の二つの角度からお伝えします。



 

あがり症を克服したい!
人前をラクにする5つの治し方

 

たくさんの場数を踏もう


長期的な目で見たあがり症の治し方は、経験を積むほかありません。つまり、どんどん場数を踏んでいくことです。

経験不足のうちは失敗することもありますし、トラブルを予期できないこともあるでしょう。でも、これらのアクシデントを乗り越えると、「慣れ」による心の安定が生まれ、あがらずにスムーズに本番の舞台に立てるようになるのです。

あがり症は本番への恐怖心から精神的ストレスを受け、それが身体にまで影響を及ぼすことで発症しますが、精神がストレスを受けなくなれば身体も思いのまま動かせるようになります。まずは本番を恐れず、将来の自分のためと思って立ち向かう勇気を持ちましょう

 

親しい人の前で練習しよう


「経験を積む」と言っても、本番の回数は限られている人もいますよね。そんな人は、親しい人を観客にして練習を積むようにして下さい

本番と同様に何度も身体を動かす(発表など喋る行為も含みます)ことで、脳がその動作を記憶し、緊張で頭が真っ白になっても同じ動きができるようになるのです。それだけではなく、よく練習しておけば自信になり、不安要素を減らせるというメリットもあります

できれば、見てくれた親しい人に率直なダメ出しをしてもらうとより良いです。他人の目から見て治すべき点を治してから本番に臨めば、多少緊張しても大失敗は避けられるからです。

 

失敗した人の例を見ておこう


意外なあがり症の治し方として、「人の失敗を見る」というものがあります。そう言うとちょっと意地悪な感じがありますが、自分の本番前に他人の失敗を見ると安心できるだけではなく、周囲が他人の失敗をそれほど非難しないことを確認できるからです。

あがり症の人は、「失敗したらどうしよう、評価が下がる」とか「馬鹿にされる」などの心配を抱えがちですが、世間は本人が思っているよりも失敗に寛容です。他の人の例を見てそれを知ることができれば、自分の出番で「失敗しても大丈夫」と、心を大きく持つことができますよね。

 

身体的リラックスを招いて精神もリラックスさせよう


応急処置的なあがり症の治し方としては、身体をリラックスさせることで精神も強制的にリラックスさせるという方法があります。身体と心の緊張には深い相関関係があり、あがり症自体も精神の緊張が身体に影響して起こるものです。

これは、このメカニズムを逆手に取った方法です。本番前に身体を動かしたりご飯を食べたり、トイレに行ったりしてリラックスさせると、精神も緊張しにくくなります。運動後は心拍を下げるために身体が弛緩しますし、食事や排せつは休息を司る副交感神経が優位になる行為だからです。

身体が緩むと気も緩むと言われる通り、身体だけでもリラックスさせることで本番のパフォーマンスに大きな違いが出るはずです。

 

本番の直前まで関係の無いことをしよう


あがり症が深刻な人は、本番のかなり前から「失敗したらどうしよう」とあれこれ考え、どんどん焦りと緊張を生み出す傾向にあります。ですが、こんなことを考えれば考えるほどあがり症は悪化していきます。

なるべくあがらずに本番を迎えるためには、直前まで本番のことを一切考えないのがベストです。不安が高じるとどうしても発表内容のおさらいなどをしたくなりますが、直前にいくらおさらいしたって結果は変わらないものです。寧ろ、不安要素が増えるだけと言えるでしょう。

本番直前になったらなるべく関係ないことをして時間を潰しましょう。本番と向き合い過ぎないことが、意外と効果的なあがり症の治し方なのです。

 

いかがでしたでしょうか。あがり症の治し方をすぐにできる方法から長い目で見た方法までお話ししました。

現在あがり症で悩んでいる人でも、一つくらい得意なことがあるはずです。その得意なことなら、誰の前でもあがらずにこなせるのではないでしょうか。

なぜ特技を披露するときはあがりにくい人が多いかというと、それは自信と経験があるからです。自分で「得意だ」という自覚があれば失敗を想像しにくくなりますし、得意になるまでに何度も練習した経験が、緊張状態でも良いパフォーマンスを生み出すのです。

ですから、どんなことでも自信と経験を積み重ねていくことが効率の良いあがり症の治し方と言えます。あがり症は克服できないと諦めず、自信が持てるまで経験を積みましょう。

まとめ

あがり症克服のための治し方は

・たくさんの場数を踏もう
・親しい人の前で練習しよう
・失敗した人の例を見ておこう
・身体的リラックスを招いて精神もリラックスさせよう
・本番の直前まで関係の無いことをしよう