劣等感をバネにして、人生を150%楽しむ、9つの方法

l201106040000
劣等感は多かれ少なかれ私たちの中に一つは持っているものですよね。しかし、劣等感ばかり気にしていては人生がつまらないものになり、悲観的な気持ちに支配されてしまいます。それではせっかくの人生がもったいないですよね。

上手に劣等感をプラスに変えて楽しむことができたら、今までの人生観が嘘だったかのように違ってみえてくることでしょう。重たい荷物は工夫次第で負担がないように一人で持つことができるのと同じように、劣等感も軽くすることが可能です。

人は劣等感と同じくらい良いところが備わっているので、いくつでもプラスに変えることができるのです。今回は、劣等感を受け入れてプラス思考に切り替え、思いっきり人生を楽しめる9つの方法をお伝えします。



 

劣等感をバネにして、
人生を150%楽しむ、9つの方法

 

落ち込みやすく傷つきやすい劣等感は不器用な素直な性格と割り切る


落ち込みやすく傷つきやすい劣等感は、言い換えてしまえば細かいところに気がつき、素直に‭人の意見を取り入れようと努力する不器用な性格ということになります。まずは不器用な性格ということを受け入れましょう。

不器用なところは客観的に考えると可愛くみえてくるものです。素直さは人を惹きつけますので気にしない勇気を持つと毎日が楽しくなるでしょう。

 

自己主張できない劣等感は協調性があると解釈する


いつも周りと合わせて流されてしまう劣等感は、自分も相手もイライラしてしまうことがありますよね。しかし、その場の空気を読める決断力をもっているからこその判断であって、決して自分自身がダメなわけではありません。

周りに気を使えるというのは素晴らしいことですので、状況に応じて感じたことをそのまま伝えるとさらにその場も和み、おたがいの関係も良好になるでしょう。

 

自分の良いところが見つからず劣等感しか感じないときは目標値が高い思うこと


短所だらけで劣等感しかないと、自分を悲観していることもありますよね。そんな時は、それだけの短所を見つけた自分を褒めてあげましょう。劣等感の数だけ長所もあることを忘れないでくださいね。

短所がたくさん見えるほど、上昇志向の持ち主なので必ずなりたい自分になれる要素を持ち合わせています。あとは下ばかり見ないで、良いところを1つずつ見つけていきましょう。

 

大雑把すぎる劣等感はやることが早く親しみやすい性格


大雑把や雑な性格が劣等感で悩んでいる方もいるでしょう。大雑把な性格は、細かいことを気にしないのでさっぱりとしたおおらかな性格の持ち主の方がほとんどです。周囲にも大変親しまれるのが特徴です。

こだわりを特にもたないので頼まれた作業はとても早くこなせるのですが、失敗することもあるので少しだけ丁寧さにこだわるとさらに認められる場が増えてくることでしょう。

 

話下手な劣等感は伝えやすいメールやSNSを使って自己表現


人と話すことが苦手でつらいという劣等感は、気持ちを相手にちゃんと伝えたいという気持ちの表れです。もどかしい気持ちは、メールやSNSを使って表現するのもひとつの手段です。

相手に上手く意思表示ができないときは無理をしなくていいのです。言葉以外にも態度で示すことも十分可能なのですから。目は口ほどにものを言うものです。

 

人見知りの劣等感は人を見る目がある証拠


人見知りの劣等感は、人を見る目を持っています。慎重すぎるからこそ人見知りが生じるので、打ち解けた時は心から相手と接することができるのです。このことから、人を見る目は確実に持っているので自信をもってください。

直観力を信じましょう。大丈夫と直感で感じたら様子をうかがわなくても打ち解けることができますので、自分や相手を信じてみることも大切です。

 

気が短いという劣等感はしっかり者で責任感が強い


気が短いのが悩みという劣等感は、バイタリティーにあふれていることが多く、常にいろいろなことを頭の中で考えています。効率を良くしたいということを前提に行動するので、余計な動作を嫌います。

イライラしそうになる前に、どうしたらみんなで効率よくできるかというパターンを何通りか考えておきましょう。先頭に立つことでイライラ防止になります。

 

体型が太い劣等感でも、おしゃれに着飾るだけでモテ女に


体型に劣等感を持っている方は大半を占めるほど多くいることでしょう。見た目は常に人に見られているので気になりますよね。しかし、最近では体型の劣等感を武器にした専門の洋服店も多くなりました。

肥満体型でも好きなファッションができ、なりたい自分に変身することができます。おしゃれな人に体型は関係ありません。

 

空気が読めずに失敗してしまう劣等感は、聞き役に徹して癒しに変える


いつも相手の気持ちが理解できず失敗してしまう癖は、次第に劣等感に変わってしまいます。相手の心を理解する前に焦って判断してしまうためです。相手の心を理解するためには、ゆっくり相手の様子を伺いましょう。

ゆっくり相手の話を聞いてあげるだけで、何をしてあげたらいいのかが見えてきます。それだけで流れが一気に良い方向へ変わるでしょう。

 

劣等感というものは、他人と比較してしまう気持ちが強くなったときに現れるものです。欠点のようにも思えますが、周りから見ると羨ましいと思われていることもあるということに気づけたら素敵ですね。

劣等感を持っているということは、自分にないものを求めようとしている向上心の持ち主なのです。今の状態を抜け出したいと、一生懸命求めれば求めるほど、周りがみえなくなってしまいますので気を楽にしてください。

どうしたらいいかわからなくなったときは、軽く深呼吸して落ち着きつきましょう。それだけで、不思議と劣等感も気にならなくなっていきます。劣等感はあなたにしか活かせない、まだ気づいていないあなたの素敵な長所なのです。

ゆっくり上手に劣等感と向き合って、プラスに変えていきましょう。

 

まとめ

劣等感をバネにして、人生を150%楽しむ、9つの方法

・傷つきやすい劣等感は不器用で素直すぎる性格として客観的に物事を見るように心がける
・自己主張できない劣等感は、協調性があるからこそ。状況に応じて発言すると気持ちも軽くなる
・劣等感の塊だと思い込んでいるときは、目標が高い証。劣等感の数だけ長所があることに気づくこと
・大雑把すぎる劣等感は手際がよく慕われやすい。作業の最終確認をゆっくり行うことで克服できる
・話下手な劣等感はメールやSNSで意思表示を行うと、言葉で伝えやすくなる
・人見知りの劣等感は、警戒しながら人を見る目を養っている証
・気が短い劣等感はしっかり者で責任感があるから。イライラする前にいくつかパターンを用意することが秘訣。
・体型の劣等感はおしゃれで簡単に変身でき、自信につながる
・失敗ばかりしてしまう劣等感は、先走らずに話を聞くだけで状況が変わってくる