自分を肯定する5つの言葉☆前向きに過ごすためのヒント

自分を肯定する5つの言葉☆前向きに過ごすためのヒント
自分を肯定することができずに苦しんでいる人。そのつらさは他の人にはわからないほど耐え難いものですよね。「そんなにつらいなら、さっさと自分を肯定する方法を考えればいいのに」と、軽くあしらう人もいますが、自分を肯定できない、つまり自己否定が板についてしまっている人にはそれはとても難しいことなのです。

自分を肯定するということはまさに自分だけの問題のため、他人の力だけでは成功しません。それどころか、他人に手助けしてもらうことによってますます自己否定が強まることもあるという繊細なものなのです。

自分を肯定するためには、自己の意識改革が必要です。そこで今回は、自己否定ばかりの毎日がつらい人のために、自分を肯定して少しでも楽に過ごせるようなヒントをお伝えします。



 

自分を肯定する5つの言葉☆
前向きに過ごすためのヒント

 

自分で自分を認めなければ他人に認められる実感を得られない


まず、なぜ自分を肯定する必要があるかを考えましょう。自己否定ばかりすることで起こるデメリットは、ただ自分がつらいというだけではありません。自分を肯定できない人は他人に肯定されることも無意味になってしまうということも覚えておいてください。

自己否定する人は、他人に褒められたり認められたりしても「褒められるほどのものではない」「こんなことで良い気になってはいけない」などと卑屈に捉え、せっかく認めてくれる人がいるのにその事実を受け入れられません。これでは、自分が苦しいだけではなく相手にも失礼ですよね。

つまり、他人に認められることで自分を肯定する動機付けをしようという考えは間違っているということ。他人に認めてもらうよりも自分で自分を認めることが先決です。

 

自分を尊重しない人は他人のことも尊重できない


もう一つ、自分を肯定することの必要性についてお話しします。自分を肯定する、つまり自分を尊重することは、結果的に他人を尊重することにも繋がります

自己否定的になって卑屈になると、他人の言い分も穿って捉えてしまったり、疑念を持ってしまいがちになります。時には純粋な好意さえ「何か裏があるのでは」と疑ってかかるようになることも……。

これでは、相手が自分のことを信頼し、気持ちを尊重して接してくれていても関係がうまく行きませんよね。自分を肯定できない人は、自分を大事にすることに抵抗を覚える傾向がありますが、それは他の人への態度に出てしまうのです。

 

全ての失敗について「その時のベストな選択だった」と言い聞かせよう


自分を肯定できない人は、過去の失敗談が人よりも多いです。これは、たまたまその人が失敗しやすい人というわけではなく、失敗の数はみんなと同じなのに、失敗の記憶から逃れられなかったり、自分の失敗ばかりを責める性格を持っているからです。

でも、このままでは死ぬまで後ろ向きでいなければなりません。前向きになるためには、自分の失敗を許せるようになりましょう

失敗した時の状況を思い起こして「あの時ああしていれば」と悔やむのは簡単ですが、実際にその状況の中では、失敗するほか選択肢が無いことの方が多いはずです。ですから、失敗したことがあっても、「あの時はあれがベストだった、ああするしかなかった」と割り切って、自分を許してあげましょう

 

楽しいことも怠けることも自分にとって必要な時間だと思おう


メリハリのある生活を送るためには、時に自分に厳しく、時に甘くするのが丁度良いとされています。ですが、自己否定が強い人は、少しの甘えも怠けも自分には許されないと思って努力を続ける傾向がありますよね。

これは一見真面目で良いことのように見えますが、こんな暮らしを続けていると、どんどん心がすり減って後ろ向きになっていくばかりです。自分を肯定するためには、たまに休息を取る必要があると思いましょう

間違えてはいけないのは、「自分を肯定できるから心置きなく休息を取れる」のではなく、「休息を取らなければ心が煮詰まって自分を肯定できなくなる」ということです。自分を甘やかすことを責めてはいけません。

 

高い理想を持つことをやめよう


最後に、なぜ自分を肯定できないのか考えてみて下さい。「上げるべき成果を上げられていないから」「周囲よりも容姿が劣っているから」など、理由は人それぞれでしょう。

でも、裏を返せば、これはあなたの理想が高い証拠です。努力しても届かないところに理想を設定しているから、届かせられない自分を責めることになるのです。

理想は高いに越したことは無いとも言われますが、自己否定の材料になるならそれは悪でしかありません。前向きに生きるために必要なことだと割り切って、理想を低めに設定するように切り替えましょう

 

いかがでしたか。自分を肯定するための考え方を5つお伝えしました。

これを読んでいる人の中には、自分を肯定する、自分を認める……という言葉に強い抵抗を覚える人もいるでしょう。でも、これらの言葉に否定的な人こそ、自分を肯定できずに苦しんでいるのではないでしょうか。

自己否定をさせるのは、「自分を肯定してはいけない」、「自分を優遇してはいけない」などの、過剰な自制心のせいです。今までずっと自制してきた人には難しいことですが、自制を緩めることができれば、楽しく前向きに暮らせる道はすぐ目の前です。

自分を肯定することは、生きるために必要な力の源です。どうか、いけないことだとは思わずに、自分に優しく、尊重してあげられるように意識を変えましょう。

まとめ

前向きに過ごすため、自分を肯定する考え方は

・自分で自分を認めなければ他人に認められる実感を持てない
・自分を尊重しない人は他人のことも尊重できない
・全ての失敗について「その時のベストな選択だった」と言い聞かせよう
・楽しいことも怠けることも自分にとって必要な時間だと思おう
・届かないほど高い理想を持つことをやめよう