自己承認欲求の強すぎる人が少しだけ楽になる心の保ち方

自己承認欲求の強すぎる人が少しだけ楽になる心の保ち方
強すぎる自己承認欲求のせいで、誰かかが認められているのを見ると苛立ちを感じたり、自分が認められないことに腹を立ててしまうことがありますよね。自己承認欲求は生まれ育ってきた環境によって程度の差はありますが、誰にでもある欲求の1つなので自己嫌悪に陥る必要はありません。

ただ、この承認欲求が強すぎてしまうと他人の評価に左右され、相手によく見られるために行動するようになるので思考が狭まり自己パフォーマンスが低くなったり、良好な人間関係を築くことが難しくなります

しかし、自己承認欲求は少し考え方を変えるだけで満たしやすい環境を整えることができるようになります。そこで今回は、自己承認欲求が強すぎる人の心が少しだけ楽になる方法についてお伝えします。

自分を認めよう

自己承認欲求が強い人は、自分自身に対して自信のない人がほとんどなので、人から承認される言葉を受けても「お世辞なのではないか」「これではダメだ」と思ってしまい、欲求が満たされないことがあります。

特に几帳面な人や完璧主義の人は、自分にとても厳しいため物事に対するハードルを高くしてしまいます。この引き上げたハードルをクリアしなければ自分を認めることができないので、承認欲求を満たすことが難しい傾向にあります。

なので、ありのままの自分を受け入れる自己受容と、何か失敗した時に「完璧でなくても良い」と自分を許す言葉を心の中でかけて、自分自身を許容することができるようになると、どんなに些細なことでも自己の承認欲求を満たすことができます。

まずは、他人と自分を比較することをやめましょう。今現在の自分にできることや自分の良いところに目を向け、自分の存在や頑張りを認めて褒めましょう。このように自分自身を受け入れることによって自己肯定感が育まれ、自分を承認できるので欲求を満たすことができます。そして、人から与えられる承認も受け入れることができるようになります。

 

人を認めよう

自分ではなく相手に対して「あなたのことを認めていますよ」と伝えることで相手の承認欲求を満たしましょう

相手の承認欲求を満たすと、好意を受けた相手は「自分の受けた承認を返さなければいけない」という心理が働きます。その結果、お返しとして相手から自分のもつ承認欲求を満たしてもらうことができる「返報性の法則」が発生するため、自己承認欲求を簡単に満たすことができます。

相手を認めるという行為は「相手が喜ぶこと」や「相手の役に立つこと」などが挙げられます。感謝の言葉をかけたり、作業を手伝うといった些細なこともその中に含まれます。自分が行った好意に対して感謝の言葉が返ってきただけでも承認欲求は満たされます。他にも、笑顔で挨拶をしたり感情を共感することでも相手のもつ欲求を満たすことができるので、毎日行って習慣化させましょう。

習慣化させることによって、人から自己承認欲求を満たしてもらう機会を増やすことができるだけでなく、承認を人に与えるようになるので、人から好かれやすくなりコミュニケーションが円滑になるなどの多くのメリットを得ることができます。

 

間違った承認欲求の満たし方はやめよう

相手に認められようと自慢話をしたり、小難しい言葉や英単語を交えて頭がよいことを自己主張するような話し方や、SNSで自撮りを挙げることも間違った承認欲求の満たし方なので、人に認められず欲求が満たされません。

人と話す時には何も考えずに話すのではなく、一度自分が話したいことを意識することによって自慢話をする回数は確実に減っていきます。相手にかけてもらいたい自分が欲しい言葉に気づくことができるようになれば、自分で自分に自慢し、欲しかった言葉をかけることで自己承認欲求を満たすことができます。

もし、気づくことが難しいようであれば、人に自慢したいことを書き出しましょう。また、「得意不得意」「ものの好き嫌い」など自分自身を情報化して頭の中で整理することによって自分自身と向き合うことができるので、自分のことを知り自己承認しやすい環境を作ります。

人に承認されるということはあくまで結果論ですが、それまでの過程の中で自分の能力を発揮してよいパフォーマンスができた時には自然と周囲から認めてもらえるようになり、その成功体験が自己承認欲求を満たしてくれます。

 

以上、自己承認欲求が高い人でも少し考え方を変えて実践していくことによって、心が楽になる方法をお伝えしました。

自己承認欲求は両親や自分が大切に思っている人から褒められることによって満たすことができますが、一番大切なのは自分自身が認めて受け入れてあげることです。等身大の自分を受け入れて、どんなに小さなことでも褒めることによって自己肯定感も育っていくので承認欲求が満たされやすくなります。

他にも、頑張ったことや出来たことを付箋に書いて空き缶や瓶などにためることも有効な手段です。完璧ではなくベスト尽くせるように努め、結果に向かった自分の過程を認めるだけでも充分に楽になるので、少しずつ自分を肯定していくことが一番の近道です。

まとめ

自己承認欲求が強い人が楽になる心の保ち方とは

・自分自身を認めることで人からの承認を受け取りやすい心をつくろう
・相手の承認欲求を満たすことで返報性の法則で自分のもつ承認欲求を満たしてもらおう
・紙に書き出して自分を見つめることで欲しい言葉を自分で与えて承認欲求を満たそう


連記事