コミュ障の治し方。楽に話せるようになる5つのアプローチ

コミュ障の治し方。楽に話せるようになる5つのアプローチ
自分がコミュ障だと自覚しているなら、その治し方には興味がありますよね。コミュ障でも心配する必要はありません。正しくアプローチすればコミュ障は誰でも克服できるのです。会話は、相手との言葉のキャッチボールです。自分だけが一方的に話しても話は続かないし、相手が話し続けてばかりいても会話は続きません。自分の話を聞いてもらったり、相手の話を聞いたりして、会話が続いていくのです。

こうした会話を続けるためにはテクニックが必要です。ベテランのアナウンサーのようなインタビューのテクニックはいりませんが、意識して話を続ける最低限のテクニックを身につけるとうまくいきます。そこで今回は、コミュ障で話が続かないと感じている人の治し方についてお伝えします。



 

コミュ障の治し方。
楽に話せるようになる5つのアプローチ

 

話を続けるテクニックを練習しよう


コミュ障の治し方のコツの1つ目は、会話を続けられる技術を身につけることです。普通の人なら、小さいころから親や友達との会話から、会話を続けるコツを自然に身につけます。そして、大人になってもそのコツを実践しているのです。コミュ障の人も子供のころは、両親と普通に会話していたはず。やれば、できるのです。

普段、人々が何気なく交わしている会話では、途切れずに会話を続けるためのテクニックを使っています。例えば、テレビのアナウンサーが有名人にインタビューする場面を思い浮かべてください。そこでは、初対面の相手から面白い話を次々に引き出していきます。注意して見ていると、相手に質問してばかりではありませんうまく相槌を打ったり、相手の話に同意したりと、いろいろなテクニックを使っています

コミュ障で話が続かないと思っているなら、意識して話を続けるためのテクニックを身につけましょう。話を続けるためのテクニックは、意識して練習すれば、誰でも身につけられます。コミュ障の治し方の1つだと思って、ぜひ、練習してみてください。

 

完璧を求めない会話を


コミュ障だと感じている方の中には、完璧を求めるあまり、人と話ができなくなっている方がいるのではないでしょうか。そんな方の治し方のコツは、相手にも自分にも完璧を求めないことです。相手が話していることについて、こうだと断言できないと、その話には加われない、なんてことはありません。また、相手も常に正しいことを言っているとは限りません。

親しい友人同士の会話では、誰も完璧なことを求めているのではありません自分が感じたことに同意してほしいだけだったりします。そんな時には、相手の話を聞いてあげればよいのです。それを強く否定したり、拒否してしまっては、会話は続きません。

親しい人との会話では、誰も完璧な答えは求めていません。確実でなくても、知っていることを話してみたいだけです。それに付き合って会話を楽しんでみましょう。コミュ障の治し方のコツでは、完璧な内容でなくても、相手の話しに合わせて聞いてあげることも大事なのです。

 

相手に興味を持とう


コミュ障には、相手の様子を気にするあまり会話ができない人と、一方的に自分の事だけ話す人の2つのタイプがあります。そして、この2つのタイプに共通するコミュ障の治し方のコツは、まず相手に興味を持つことです。コミュ障の方で相手の様子が気になる人は、こんなことを言ったら相手がどう思うだろう、と常に気にしているのではないでしょうか。しかし、それは自分のことを気にするあまり、相手に興味を持てないのと一緒です。相手に興味を持てば、相手が何を話したいのかについて考えるようになります。そうすれば自然と会話が続くものです。

また、コミュ障の方にありがちなことですが、一方的に自分の事だけ話しするのでは会話にはなりません。自分のことを話したら、相手の話も聞いてあげましょう。そのためには、相手が何を考えているか興味を持つことが大事です。相手と同じように感じていたり、考えていることがあるかもしれません。そんな共通のことがあれば、自然と会話が繋がっていきます。

 

意識的に笑顔を作ってみよう


誰かと会話する際、話の内容に合わせた表情や仕草も大事です。多くのコミュ障の方は、これが苦手です。コミュ障の治し方のコツの1つは、この苦手な表情や仕草を積極的にやることです。例えこちらに相手の話を聞きたい、という気持ちがあったとしても、表情が冴えなかったりすると、興味が無いのでは思われ、相手は話すのをやめてしまいます。仕草も同じで、相手の話と関係ないことをやっていれば、同じように興味が無いのかと思われてしまいます。

相手は楽しい会話を望んでいます。もし、相手が面白い話をしていたら、意識的に笑顔を作って楽しいことを相手に伝えましょう。また、相手の話にうなずいたりする身振りも、相手に自分の気持ちを伝えることになります。相手の話に合わせて、意識してアクションするのも立派はコミュ障の治し方です。

 

回数をこなす努力を


自分はコミュ障だからうまく会話ができないんだ、なんて決めつけてはいけません。誰でも最初はうまくできないものです。最初はぎこちなくても、意識して回数をこなすのもコミュ障の治し方のコツの1つです。ただし、何も考えずに回数だけこなしても、余計に辛くなるだけです。せっかく勇気を出して誰かと話す気になったのなら、うまく会話が続くように心がけましょう。そのためのコツは、相手にたくさん喋ってもらうよう仕向けることです。

身近な人と会話ができるようになったら、楽しいことが増えます。さらに、異性とも楽しい会話ができるようになり、新しい出会いがあるかもしれません。そんな、楽しい前向きなことを考えながら、会話に参加するのがおすすめです。

 

いかがでしたか。コミュ障で話が続かないと感じている人が心がけたい、その治し方についてお伝えしました。

自分がコミュ障だからと後ろ向きに考えてはいけません。正しい治し方のコツを実践すれば、誰でも克服できます。まずは、やる気が大事です。あの人と会話できるようになりたい、とか、仕事をうまく進められるようになりたい、といった目標を立てましょう。その目標に向かって、意識して努力することが大切です。

コミュ障を克服したいと治し方を本気で探しているのなら、途中であきらめないこと。誰でも最初はうまくできないものです。最初は短い時間でも構いません。回数をこなすことも大事です。そうやって、前向きにコミュ障を克服しましょう。

まとめ

コミュ障の方が楽に話せるようになる治し方のコツとは、

・話を続けるためのテクニックを身につけよう
・相手との会話に完璧を求めないようにしよう
・相手に興味を持ち、相手をことを考えながら話しよう
・意識的に笑顔を作り、会話に合わせた仕草をやってみよう
・会話を続けるコツを意識して、回数をこなしてみよう