気持ちをリセットしたい貴方に。シンプルな暮らしのヒント

気持ちをリセットしたい貴方に。シンプルな暮らしのヒント
モノや人に溢れた現代社会に疲れると、シンプルな暮らしに憧れを抱いてしまいますよね。でも、シンプルな暮らしって、一体どういうものを指すのでしょうか。

シンプルという言葉を直訳すると、簡素だとか単純などという日本語になります。ですが、今、世間で言われている「シンプルな暮らし」というものには、もっと深い意味があるようです。

シンプルな暮らしを選ぶ人は、最初からそんな暮らしをしていたのではなく、過去に複雑で忙しい暮らしをした経験がある人が多いと言われています。そして、そんな人ほどシンプルな暮らしを愛して離れられなくなるものです。

では、シンプルなライフスタイルには一体どんな魅力があるのでしょうか。それを紐解きながら、今回は暮らしをシンプルにしていく方法についてお伝えします。

「断捨離」をしよう

今、モノに溢れた生活をしている人がシンプルな暮らしにシフトするためには、いわゆる「断捨離」が必要です。ご存知の通り、いらないもの、使わないものを捨てる、売る、誰かに譲るなどして手放すことです。

断捨離のコツは、思い入れを取捨の判断基準にしないこと。

「もう使わないけど頑張ってお金を貯めて買ったから……」とか、「あの旅行の思い出がこもっているから……」などの理由でずっと取っておいている品々がありますよね。

そんな思いには蓋をして、使うか・使わないかだけを基準に処分するものを決めて下さい。

思い出の品を手放すのは忍びないという人もいるでしょう。ですが、思い出はモノに宿るのではなくあなたの心に宿るものですから、モノ自体は捨てたって問題無いのです。

 

人間関係の整理をしよう

シンプルな暮らしに人付き合いなんて関係ないでしょ、と思った人もいるかもしれません。ですが、人間関係が込み入っていると、必然的に暮らしぶりも煩雑になるものなのです。

楽しくない相手との飲み会、自分の時間を削って愚痴を聞いたり、SNSに張り付いたり……と、「付き合い」が多くなるとどうしても自分の時間が失われがちになります。しかも得るものよりも精神の摩耗の方が大きいときたら、密に付き合う理由もありませんよね。

SNSだけの関係や、特に親しくしていない「友達の友達」のような関係は、不必要に合わせたり付き合ったりするのをやめましょう。

そして、直接の友達も、一対一で会いたくない人とは疎遠になってもデメリットはありません。

 

見栄のために時間やお金を使わないようにしよう

見栄っ張りさんはモノをたくさん買い込み、習い事や趣味をたくさん持つ傾向があります。それは、周囲の人に「すごいね」と言わせたいから。

でも、自分が心から欲しいわけではなく、真剣に学びたいと思っていないのにそこにお金と時間を費やすのは無駄としか言いようがありません。誰かの目を気にして時間やお金を使うのはやめて、自分の満足のためだけに使うようにしましょう。

不要な買い物が抑えられれば家の中のモノも減りますし、時間の浪費が止まれば余裕ある暮らしができるようになります。周囲の目を気にしないということが、シンプルな暮らしの近道です。

 

衣食住は、無理なく満足できるものを最小限に揃えよう

衣食住、つまり服と食べ物と住まいですが、これらは無理にシンプルデザインのアイテムを揃えるのではなく、今あるものの中から最低限度のアイテムで暮らせるようにするのが合理的です。わざわざあるものを全て捨ててから新品を買い揃えるのはシンプルな暮らしとは言えません。

例えば衣類は、長く使えるものを何着か、季節ごとに用意しておくこと。

食事はオーガニックだとか○○フリーなどと書かれているものにこだわるのではなく、身近なお店で手に入るものを使って、自分が美味しいと思うものを食べれば良いのです。

住まいは余計なものが処分できれば、今住んでいる部屋のままで良いでしょう。

 

他人の言葉や流行に躍らされないようにしよう

最後になりますが、シンプルな暮らしの極意をお伝えします。それは、流行に躍らされないことです。

TVや雑誌上の流行はもちろん、友人間で流行っているものにも流されないことが大切です。「みんながやっているから」「みんなが興味を持っているから」という動機で行動するのは、とても虚しいものです。

流行のフードを食べるよりも昔からの好物を食べた方が美味しく感じますし、流行のファッションは数年後、または数か月後にゴミになるだけです。その時期の流行ではなく、常に長い目で見た暮らし方を選ぶのが、無駄を省くコツです。

 

シンプルな暮らしについてお伝えしました。シンプルな暮らしと言うと、装飾の無いインテリアや平坦なデザインのファッション、オーガニックで健康的なものしか食べない暮らしを想像しがちですが、わざわざこれらを選ぶこと自体が流行に流され、形から入っていることになりますよね。「いかにも」なシンプルアイテムを揃えるのにお金を無駄遣いしたり、健康的な食べ物を追及して遠くからお取り寄せするような暮らしは、とてもシンプルとは言えません。

自分をリフレッシュさせるためのシンプルな暮らしとは、こだわりを捨て、自分が本当に必要な物事だけに囲まれた生活を送ることです。そうすることで余裕がある時間を過ごすことができ、自分自身を見つめ直すことができると言えるでしょう。

現代社会は物欲やしがらみありきで成り立っている部分があります。それを断ち切り、自分に必要なものは何かを問い直して、シンプルな暮らしを目指しましょう。


連記事