注意力がないと嘆く前に!誰でも出来る5つの心掛け

注意力がないと嘆く前に!誰でも出来る5つの心掛け
「仕事でいつも同じミスをしてしまう」「うっかり忘れていることが多い」など、注意力がないと、ついつい嘆いてしまいそうになりますよね。

注意力がないと、どれだけ頑張っていても会社で評価されにくかったり、テストでケアレスミスをしてしまったり、デメリットがたくさんあります。また、外出時に携帯を忘れてきてしまったり、家の鍵を閉め忘れていたり、注意力がないことで「ついうっかり…」といった出来事にも遭遇してしまいます。

注意力がないことが原因で「自分はダメな人間だ」などと責めてしまうこともあるかもしれません。ですが、そう嘆いてしまう前に簡単な心掛けを実践してみませんか?

今回は、注意力がない人におすすめしたい、誰でも出来る心掛けをお伝えします。



 

注意力がないと嘆く前に!
誰でも出来る5つの心掛け

 

声に出して確認しよう!


注意力がない人は、常に確認作業をおこなうことを心掛けてみましょう。やるべきことや自分の行動を一度冷静に見つめ直してみることで、「あれ?」と気付くことも多いものです。

確認をするときに声に出してみるのも効果的です。頭の中で考えるだけではなく、声にだして発してみるのがポイントで、声によって脳もまた理解できます。それに加えて、考えていることを整理できるので、「おかしいな?」とハッとすることもあるでしょう。

確認作業はとても大切な行動なので、注意力がないと悩む人は怠らないようにして、さらに声に出して注意を払うようにしましょう。

 

「視覚化」で整理しよう!


頭の中にあることをメモに書き出すことで、注意力がない悩みを解決に導くことができます。やるべきことや考えていることを、紙に書き出してみましょう。そうすると、ただ考えているよりもいろんなことに気付いて、今するべきことまではっきりします

さらに、「書く」という作業をすることで、脳もより理解できて記憶にもつながり、忘れにくくもなります。書き出して目で見ることで、思考を再確認することができますデスクにメモを書いておいて置いたり、ふせんを貼っておくのも注意力がない人に効果的ですよ。

また、視覚化をすると優先順位もつけられるため、今注意を向けなければいけないポイントが分かります。「今考えなくても良いこと」も見つけられるので、余計なことを排除していくこともできます。

 

体調管理で注意力アップ!


注意力がないとき、少し体調が悪いことはありませんか?実は、寝不足や体調不良なども注意力がない原因のひとつです。「なんだか眠い」とか「頭が痛い」などの症状があると、体調に気が向いてしまうため、仕事や勉強などやるべきことに身が入らず注意力が欠けてしまいます。

メンタルの状態も注意力に影響を及ぼします。作業に全く関係のないことでも、落ち込んだり疲れたりしていると、集中できずに注意力が下がってしまうのです。気がかりなことが頭から離れず気が散ってしまいます普段から、ストレスを発散しておくことが注意力を上げるひとつのコツです。

 

興味を持つと注意力が上がる


「あまり興味のないこと」や「どうでもいいな」と思っていることだと、注意力がないのは当然だと言えるでしょう。例えば、自分の趣味や好きなことに関しては、いつでも集中して注意を払っていられますよね。そのメカニズムで、興味がないことには集中できず注意力も落ちてしまいます。相手の話に関心がないと、上の空で聞いてしまって大事なことまで聞き逃しかねません。好きなことでなくても、きちんと興味を持てば注意力がないと感じることも減っていくはずです。

しかし、好きなことであっても、一度にたくさんのことをこなそうとするのは良くありません。注意力が落ちる原因のひとつです。注意力がないと思ったら、今やるべきことをひとつに絞って、それだけに頭をはたらかせるようにしてみましょう

また、どんな作業でも、あまり構えずに「とりあえず」という気持ちで取りかかってみましょう。そうすると、注意力がないと悩んでいたとは思えないほど集中していることも多いのです。

 

作業環境を整えよう!


仕事や勉強をする環境が、注意力がない原因であるかもしれません快適でキレイな場所を選ぶと、作業に集中して注意力も上げることができます。部屋の温度にも気を遣ってみましょう。

また、デスクにいろんなものが散らばってはいませんか?スマホを置いていたり漫画を出しっぱなしにしていたりすると、そこに気が向いてしまって注意力がない原因になります。作業に必要のないものは片付けたり、その時だけでも見えないところに置いて、デスクをキレイにしておきましょう。

さらに、テレビの音やかけている音楽も、注意力を下げているかもしれません。人によっては音楽をかけていると集中できることもあるのですが、そうでない場合は注意力が欠けてしまいます。特に、好きな曲や知っている音楽だと、気になってしまう人が多いようです。

カフェなどの外出先で作業をする場合には、周りの話し声や雑音が気になって注意力がないと感じることも多々あるので、気を付けましょう。

 

いかがでしたか。注意力がないと嘆く前に、出来ることがたくさんあったことでしょう。

声に出して確認することは、外出前に「忘れ物はないかな?」「窓を閉めたかな?」をいうようなシチュエーションでも簡単に活用することができるので、とても便利な解決法です。

メモを貼っておくときには、書いたものにマーカーで色を付けたり目につく色のふせんを使うなどの工夫をしておくことで、さらに注意して作業に取り掛かることができます。

また、「ルーティン」で作業の前にいつも同じ行動をして集中力や注意力を高める方法や、最近ではスマホアプリにも注意力を上げるためのゲームがあるので、楽しみながらできる方法も試してみると良いですね。

注意力がないと諦めてしまわず、お伝えしてきた方法を実践して注意力アップに励んでいきましょう。

まとめ

注意力がないときに出来る心掛けは

・声に出して確認作業をおこなおう
・メモに書き出して視覚化しよう
・心も身体も体調管理をしっかりとしよう
・興味を持つことで注意力を上げよう
・快適な環境で作業しよう


連記事