コミュニケーション下手が陥りやすい5つの行動パターン

コミュニケーション下手が陥りやすい5つの行動パターン
「人と話すのが苦手」など、コミュニケーション下手に悩んでいる人もいますよね。また自覚していなくても、実はコミュニケーションが下手だと思われている人もいるかもしれません。最近のSNSの普及も影響して、「コミュ障」という言葉もよく使われるほどになっています。

コミュニケーションを取るには「会話のキャッチボール」がとても大切です。そのためには、自分が話すことを目的とせずに、「相手に伝える」という姿勢が必要になります。

コミュニケーション下手な行動をしてしまうと、相手からはあまり良い印象を持たれないこともあります。そう考えると「自分は大丈夫かな」と、ちょっと気になりますよね。そこで今回は、コミュニケーションが下手な人がやってしまいがちな行動パターンをお伝えします。



 

コミュニケーション下手が陥りやすい
5つの行動パターン

 

会話が自分中心で進んでいる


コミュニケーションが下手な人に多いのが、話がすべて自分中心で進んでしまうことです。「そんなことないだろう」と思っていても、実は無意識のうちに会話が自分を中心に進んでいるかもしれません。

この行動パターンは、会話の中で相手が聞きたいことや知りたいことを、無視してしまっていることにもなります。そうなると、会話というよりは報告になってしまいますよね。

まずは、相手の話をよく聞くことを心掛けましょう。あくまでも「コミュニケーション」を成り立たせる必要があります。

 

感情がうまく伝わらない


自分の感情があまり伝わらないのも、コミュニケーションが下手な人にありがちな行動パターンです。

淡々としていて、事務的・機械的な話し方になっているかも…と思ったら要注意です。また、表情が硬かったり無表情になっていることも、感情が伝わりにくい原因のひとつです。

コミュニケーションが下手だと感じている人は、うまく感情を表現するために「表情」と「声」に気遣ってみましょう

自分で「ちょっと大げさかも」と思うくらいの抑揚のつけ方が、相手にとっては丁度良いこともありますよ。

 

会話のキャッチボールができていない


コミュニケーションは「会話のキャッチボール」が大切です。しかし、コミュニケーションが下手な人の多くが、これが苦手だったりします。

相手の話を遮ってしまったり、話の内容が突然違う方向へ飛んだり、会話のタイミングがずれていたり。結果的に話しにくい印象を持たれてしまうでしょう。

コミュニケーションが下手でも、話をきちんと聞くことはできます。そこで、今言うべきことかを判断する「頭の回転力」もつけられるはずです。

また、会話は「トークネタ披露」の場ではありません。臨機応変な会話でコミュニケーションを取れるようにしましょう。

 

沈黙が続いてしまう


コミュニケーションが下手だと思っている人は、沈黙が長く続いてしまうのも特徴的です。

何を話せばよいか考えすぎてわからなくなったり、あるいは何も思い浮かばない人もいるでしょう。そんな状況があることで「また沈黙になってしまった」とトラウマにもなるので、負のループに突入してしまいます。

コミュニケ―ションが下手なことで沈黙に悩むのなら、いろんな質問をしてみましょう。話の流れで気になったことや、その日のファッションとか、ちょっとしたことで構いません。それが話題として広がるかもしれないのです。

無理に質問事項を用意するのではなく、自分が気になったことや興味があることでOKです。

 

会話についていけない


相手の話を聞いて「何それ?」とわからないことが多い人は、コミュニケーションが下手かもしれません。

最近の世間の出来事を知らなかったり、そもそも常識が欠けていると、話についていけませんよね。そんなことが頻繁にあると、「話が通じない人だ」と思われがちです。

テレビ離れしている人は、何か見てみると良いかもしれません。「テレビっ子になれ」とまでは言いませんが、多少の世間の流行りや出来事を知っておく必要はあるでしょう。

ネットニュースをチェックするだけでもずいぶん変わります。また、新聞の見出しだけでも、意外に役立ちます

また、外に出たり人と会う機会が少ない人は、ちょっとしたお出かけや友人と会う時間を増やすことで、いろんなことを吸収できるチャンスにもなります

 

いかがでしたか。コミュニケーションが下手な人に多い行動パターン、あなたは当てはまっていませんでしたか?自分では意識していなかった人も、「コレやってしまってる!」と改めて気付いたこともあったのではないでしょうか。

どの行動パターンでも「自分だったら、こんな人と話していて楽しいかな?」という目線で考えてみると、自然と改善や解決へつなげられます。

コミュニケーション下手を改善していくことで、相手に持たれる印象も良い方向へ変わっていくはずですし、デメリットはないと言っても過言ではありません

どんな場面でも、「コミュニケーション」とは自分と相手がいて初めて成り立つものです。当たり前だけれど意識が薄れてしまう部分を、もう一度考えてみてくださいね。

まとめ

コミュニケーション下手な人が陥りやすい行動パターンは

・会話の中心がいつも自分
・感情をうまく伝えられない
・会話のキャッチボールが成り立たない
・沈黙がよくある
・流行りがわからず会話についていけな