「つまらない人」と言われないために出来る5つのこと

「つまらない人」と言われないために出来る5つのこと
あらゆる場面で人は日々周囲から評価されているものです。なかでも『つまらない人』などという悪評はできることならされたくありませんよね。しかし、誰から見ても魅力的な人であるというのはとても難しいことです。そう考えれば『普通』が一番かも知れませんが、果たして本当にそれで良いのかと疑問も湧いてくるでしょう。

つまらない人と言われる位ならちょっと変わっていて面白い人と言われた方がマシという考え方もあります。個性的である、或いは魅力的である、そんな風に表現される人は少なくとも周囲から一目置かれる人物であることは間違いありません。

そこで、今回は「つまらない人」と言われないために出来る5つのことについてお伝えします。

 

「つまらない人」と言われないために出来る
5つのこと

 

自分の自慢話ばかりにならないように気をつけましょう

自分の自慢話ばかりする人は、ほとんどの場合、周囲の人を不快にさせるものです。本当に実績を残している人なら自らPRしなくても認知されているはずということですね。

特に、お酒の席などでは『無礼講』となった途端、酔った勢いで普段口にしない自慢話をしてしまう人も少なくありません

周囲の人がとても出来た優しい人物なら笑顔で乗ってくれるかもしれませんが、ほとんどの場合、自分の過去の功績ばかりを並べ立てたような話が興味深いわけではないものです。

そもそも自慢話というものは話す本人は気持ち良いでしょうが、聞いている側はうんざりしていることの方が多いのが現実です。

悪気のない自己アピールかもしれませんが、周囲からは物事を自分に都合よく捉えるとか視野が狭いとか、過去の栄光に捉われていると思われてしまうのがほとんどです。

そんな自己満足な人は周囲からは『つまらない人』とレッテルを貼られて煙たい存在と思われても仕方がないのです。

 

お相手に対して興味を持ちましょう

基本的に『つまらない人』とは、自己中心的な人物をさすことが多いものです。相手に対して興味がなく自分の趣味・思考を押しつける人は決して魅力的ではありませんよね。

相手がどんなことに興味を持っているかを理解した上で会話をすすめていくことが出来る人とのコミュニケーションはとても心地良いものですがその逆はどうでしょう。

つまらない人と言われたくなければ、常に相手が興味を持てる話ができるようにしておくことが大事です。それには、リサーチ力や豊富な話題性も必要にはなります。

常に漠然とした話だけではなく自分の様子も織り交ぜて「今日こんな事があって・・・ところで○○さんは最近どう?」などと流れのある会話が出来る人は決してつまらないなどとは思わせないですよね。

相手への気遣いができていて、相手が中心になるような話を自然にできる人に対して『あの人はつまらない人』なんて評価は決して出てこないものです。

 

自分の趣味を持ちましょう

『無趣味です』というのが絶対ダメというわけではありませんが、趣味がないと話題が狭くなりがちなのは間違いありませんよね。

特に初対面の時など、会話のとっかかりには趣味がテーマになることは少なくありません。そんな時に「○○さん、趣味は何ですか?」と聞かれて「ありません」と答えたらその場の空気はどうなるでしょう。おそらくサーッと冷えてその後の会話も続かず、話が弾むこともなく終わることの方が多いはずです。

趣味を通して、その人の興味がどこにあるのか、或いはどんな人なのかを知る材料にするケースは少なくないのです。

例えばそれが共通の趣味でなくても会話が弾むきっかけになりますので、自分の情報のひとつとして趣味や日頃継続して行っていることなど、ひとつは持っていると良いでしょう。

無趣味な人というと一般的に世界も狭まりがちで、考え方も向上性や創造性・話題性に欠けるという傾向があり、相手からはつまらない人と思われがちです。

 

言い訳しながらの行動は避けましょう

いわゆる口だけの人もつまらない人と言われます。次々と夢や希望、野望を語る一方、実際の行動は言い訳が多く具体的には動かない人です。

周囲が行動を促すように後押ししても、なんだかんだと言い訳をして、先送りや保留にしてしまう人は周囲からの信用・信頼を得るのは難しいですよね。

単なる不安や心配で行動出来ないのなら、その気持ちを素直に表現するなら良いのですが、言い訳はマイナスイメージを与えるのは間違いなく、つまらない人と言われても仕方がありません。

 

文句や愚痴が多くならないように気を付けましょう

つまらない人、一緒にいたくない人と周囲に感じさせてしまう人に多いタイプが、愚痴や文句が多い人です。

愚痴や文句は、その場をしらけさせる材料になります。同席していることがつまらないどころか、嫌な気持ちになることも少なくありません

会話を盛り上げるために出した話題にもダメだしや愚痴でかぶせられてしまったら興ざめなのは言うまでもありません。

また、不平や不満は誰でも抱えているものですが、たまの憂さ晴らしは別として会うたびに愚痴を聞かされるのではたまったものではありませんよ。

 

いかがですか。以上が「つまらない人」と言われないために出来る5つのことです。面と向かって「あなたってつまらない人ね」などと言われるのは、ほぼ人間関係の最終局面です。

そんなことを言われる事態になってしまっていたら、なかなか修復不可能とも考えられますが、だからこそその前に出来るだけ早い段階で手を打っておくことをお勧めします。

そもそも、つまらない人のイメージと言えば、自分勝手だったり自信過剰だったり品格が全く感じられないなど周囲を不快にさせるマイナスイメージでしかありません。

つまり、周囲に対する心遣いさえ持っていれば、そこまでの酷評はされないものと考えられますよね。

つまらない人なんて言われないためには、信用・信頼できる人物、器が広く話題が豊富な魅力的な人物になること、そんな日々の努力が大事なのです。

まとめ

「つまらない人」と言われないために出来ることとは

・自分の自慢話ばかりにならないように気をつけましょう
・お相手に対して興味を持ちましょう
・趣味を持ちましょう
・言い訳しながらの行動は避けましょう
・文句や愚痴が多くならないように気を付けましょう


連記事