ネガティブすぎる自分にさよなら!前向きになる5つの法則

ネガティブすぎる自分にさよなら!前向きになる5つの法則
自分のネガティブすぎる性格、どうにかしたい!と思ったら、そこが前向きになるチャンスです。一生ネガティブすぎる自分のままなんて、誰だって嫌ですよね。ネガティブな側面は誰にでもあるものですが、性格丸ごとネガティブな人となると、そう多くはありません。ネガティブすぎると本人もつらいですし、周りにいる人も扱いに困ってしまいます。

そんなネガティブな性格ときっぱり別れるためには、なぜネガティブになってしまうかを考えましょう。そして欠かせないのが努力。前向きになるためには自然に任せるのではなく、自己暗示をかけたり、嫌なことにも積極的に取り組むなどの努力が必要なのです。

そこで今回は、ネガティブすぎる性格を改善するためにすべきことをお伝えします。

自分の行動一つ一つを肯定し、前向きな発想に転換しよう

ネガティブすぎる性格ということは、自己否定的とも言えますよね。自分、時には他人も否定し続けることでそれが当たり前になり、様々なことを肯定しにくい思考回路になってしまうのです。

この思考回路を変えるためには、過去の行動も、これからすることも、自分の行動全てを肯定し、良い方に考える習慣を付けましょう。

例えば、ネガティブな考えを浮かべそうになったら、「例え失敗に終わったとしてもあの日のあの選択は間違いじゃなかった」とか「これから行く合コンではきっといい人に出会えるはず!」などと敢えて考えるようにするのです。

ネガティブ思考の人は、わざと良くないことを考えるわけではなく、自動的に頭に浮かんでしまうのです。それを打ち消すために、自分の意思をもって前向きなことを考える癖を付けましょう。

 

何もしないくらいなら失敗した方が良いと思おう

ネガティブすぎると、何をするにも不安や失敗のイメージが付きまとい、身動きが取れなくなってしまいます。ですが、失敗を恐れて何もしないでいると、成功経験はもちろん、失敗して次に生かす術すら学ぶことができなくなります。

ネガティブな自分から抜け出したいなら、失敗覚悟でなんにでも取り組むことです。そして、失敗しても自分の糧を得たと思って落ち込まないこと。

「何もしないよりも失敗した方がマシ」と心に刻んで、色々なことにチャレンジする勇気を持って下さい。そうすれば成功も得られて自己肯定に繋がりますし、失敗してもへこたれないメンタルが培われます。

 

他人を褒める癖を付けよう

騙されたと思って、これから一日最低一回は他人を褒める癖を付けてみて下さい。ファッションでも仕事ぶりでも何でもよいので、褒めるべき点を見つけるのです。

そうすることで、欠点ばかりを見る目が良いところを見つける目に変わっていきます。それに伴い、全体的な性格がポジティブ寄りに傾いていくのです。

また、他人を褒めると自分も嬉しい気持ちになりますよね。それは、ポジティブな言葉を口に出すことで自己暗示にかかるためです。今、ネガティブすぎる自分を持て余していても、ポジティブな自己暗示にかかれば、嬉しい気持ちで毎日過ごせるようになるはずです。

 

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に置き換える訓練をしよう

思いつくまま、自分についてのネガティブな言葉を書き出してみましょう。「暗い」「ブサイク」「仕事が遅い」「人に好かれない」……など、散々な言葉が並んだことでしょう。

次はこれらの言葉をポジティブな言葉に置き換えてみます。「暗い」は「冷静で落ち着いている」、「ブサイク」は「味がある顔」、「仕事が遅い」は「慎重派」、「人に好かれない」は「好かれるために媚を売らない」などなど、いくらでも良いように言い換えることができます。

これと同じように、頭にネガティブな言葉が浮かんだら咄嗟にポジティブに置き換える訓練をします。これを続ければ、自然にポジティブなことを考えやすい思考に変わっていきます。

 

時には自分を追い込んで、壁を乗り越える経験を得よう

前向きになるためには自分を労わることも大切ですが、大きな試練を与え、それを乗り越えることもかなり有効な手段です。難関とされる試験を突破したとか、(自分で課すことはできませんが)大病を克服したことをきっかけにポジティブになったという人は多いです。

これは、自分にも大きな壁を乗り越える力があると確認することから得られる思考です。でも、偶発的に舞い込む試練を待つのでは遅すぎます。自ら、大きな目標を立ててそれに向かって努力をしましょう。

もし、目標が達成できなくても、先ほど言ったとおり「やらないよりも失敗する方がマシ」ですから、自分の糧になることは間違いありません。

 

以上のように、今までずっと付き合ってきたネガティブすぎる思考を前向きにするのは簡単ではありません。でも、時間はかかりますが、全て自分の意志さえあれば取り組めるものばかりです。お金も他人の協力も必要無いのですから、やってみる価値はありますよね。

ネガティブすぎると何もかもを後ろ向きに捉えてしまい、何かしらのチャンスが舞い込んでもそれを無駄にしてしまうようになります。そんなふうにくすぶり続ける人生を送るのは、せっかく生まれてきた甲斐が無いと思いませんか?

自分はネガティブすぎる性格だと自覚しているのなら、これからは「前向きに、ポジティブに」と自分に言い聞かせて、少しずつ心の角度を前向きに方向転換していきましょう。


連記事