人との会話が楽しくなる!惹きつける会話力の磨き方

人との会話が楽しくなる!惹きつける会話力の磨き方
この世の中には話すのが大好きな人もいますが、その逆で人との会話が苦痛でならないという人はきっと少なくありませんよね。その理由には、どんなものがあるでしょうか。

ただ単に他人が怖いとか、話すこと自体が好きではないという人もいるはずですが、それよりも多いのは「話が弾まない」とか「相手が楽しくなさそうにするから」などの理由で人との会話が苦手だという人ですよね。そんな人は、逆に考えると、話が弾み、相手が興味を持って聞いてくれるなら人との会話が好きになれるのではないでしょうか。

でも、人を惹きつけるような会話をする才能が無いと諦めている人も多いはず。ところが、会話力は生まれつきの才能だと思われがちですが、そればかりではありません

そこで今回は、今からでも遅くない、人を楽しませる会話力の磨き方をお伝えします。



 

人との会話が楽しくなる!
惹きつける会話力の磨き方

 

話すテンポを工夫しよう


人との会話を楽しくしているのは、その内容だけだと思っていませんか?実は、そうではありません。話のテンポや声のトーンなども、相手の心に響かせるためには重要なことなのです。

どんな話も自分の勢いに任せてベラベラと一気に話すのでは聞き取りにくく、逆に回りくどく、くどくどとした話も聞くものを飽きさせます。一番聞き取りやすいのは、一文ごとに一呼吸おいて、相手の相槌を貰いながら話すリズムです。

「昨日街を歩いていたらアイドルの○○に会ったんだよね~超かわいかった~」と一息に言うよりも、「昨日街を歩いていたらさ」「うん」「アイドルの○○に会っちゃったんだよね」「へえ、どんな感じだった?」「それはもう、超かわいかったよ!」と、相手の返事を待ちながら会話した方が、話が弾む感じがしますよね。

話すテンポを相手に聞きやすいものにすると同時に、会話の内容に合わせて緩急を付けられるようになりましょう。どんな調子で緩急を付ければ良いのかわからないという人は、落語、トークが上手な芸人さんなどを参考にしてみて下さい。

 

話の流れがズレたら、「話させ役」に回ろう


人との会話に備えて、「今日はこの話をしよう」と心に決めて臨んでも、話の筋が逸れるにつれてついて行けなくなり、そのうち黙り込んでしまう……という人もいますよね。これは、頭が固くて台本通りにしか話せないために生じる現象です。

この現象を打破するためには、最初から台本(どんな話題をどんな流れで話すか)を用意しないのが一番ですが、それでは不安という人もいますよね。そんな人は、したい話の筋が逸れてしまったら、相槌を打ち、相手に話させる「話させ役」にシフトしましょう。

人との会話は独り語りではなく相手があるものですから、相手が気持ちよく話せるような空気を作るのも大切なことです。それができる人こそ、会話力が高いと周囲に評価されることでしょう。

あなたが人との会話を苦手としているなら、どうしても自分が会話の中心にいたいというタイプではありませんよね。それなら、他の話し手に花を持たせることは難しくないはずです。

 

その場にいる全員が楽しめる話題を選ぼう


人との会話のコツを掴めていない人は、たくさんの人がいる場で笑いを取ろうと思うあまり、ネタにしやすい誰かをいじったり、TPOを弁えない下ネタに走ったり、その場にいない人の悪口を皮肉っぽく言う方に流れてしまいがちになります。しかし、当然ですがそれはいけないことです。

きつい話題はその場の雰囲気を悪くしますし、後で思い返した時に後悔することになります。それを繰り返すと、どんどん会話が苦手になっていく一方です。

ですが、その場にいる人に共通することだけを話さなければいけないわけではありません。全員が知っている話でなくても、適度に説明を入れながら話せば何も知らなくても楽しく聞けるものです。要するに、あなたが出した話題に詳しい人からは共感を得られ、詳しくない人もその内容に魅力を感じられるようにすべきということです。

人との会話で重要なのは、空気を読むことにほかなりません。会話がつらいという人なら、きっと場の空気を敏感に察知する力に優れているはずなので、意識すればすぐに適切な話題の方向性が見えてくるようになります。

 

いかがでしたでしょうか。人との会話がそれほど得意でない人でも、周囲を楽しませることができるようになるコツや意識したいことについてご説明しました。

人と話すことが苦手だという人の中には、対人恐怖症に近いような人や、できるだけ誰とも話さずに過ごしたいという人もいます。でも、これを読んでいるあなたは、会話力を上げたい、みんなを楽しませたいという会話への希望がありますよね

会話を楽しくするための一番の材料は、「楽しく話したい」という本人の前向きな姿勢にほかなりません。それを持っている人なら、少しのコツさえ掴むことができればすぐに会話力が上がるはずです。

会話力を鍛えるためには考えるべきことが多いのは事実ですが、それをクリアして、誰もが認める話上手になりましょう。

まとめ

人との会話が楽しくなる!惹きつける会話力の磨き方とは

・相手が聞きやすいように話すテンポを工夫しよう
・話の流れがズレたら、「話させ役」に回ろう
・誰も不快に思わず、その場にいる全員が楽しめる話題を選ぼう