孤独に負けない大人になる!友達がいない人の5つのプラン

孤独に負けない大人になる!友達がいない人の5つのプラン
大人になると友達がいない、なんてことをよく聞きますよね。友達というのは無条件下で出来ていた子供の頃や学生時代に比べると、大人になって友達を作るということはとても難しいものです。

職場や子供繋がりで出来た親しい間柄の人も、いざ友達かと言われるとやっぱり違う…そう感じる人もいることでしょう。子供の頃や学生時代の友達は、大人になると住むところもバラバラになり、お互い忙しく連絡もままならない、といったこともよくある話です。

でも、大人で友達が近くにいない、できない、という人でも気にすることはありません。楽しいプランが待っています。

そこで今回は、孤独に負けない大人になるために!友達がいない人の5つのプランについてお伝えします。

家族を大切にしよう

大人になって友達がいないから、一緒に何かをわいわいできない…。そんなあなたは、周りにいる家族との時間を存分に楽しみましょう。親や兄弟、パートナーなど、一番身近にいる存在こそ気楽に過ごせる相手です。

ちょっとした用事に付き合ってほしかったり、ドライブや食事をしたかったり…そもそも友達でなければいけないなんてことありませんよね。友達でなくても楽しいものです。

親と出かけたり、兄弟と出かけたり…家族との時間をもう一度見つめなおしながら楽しむことも大切です。

 

自分のために投資をしよう

友達がいると一見楽しそうにも見えますが、その付き合いが広くなればなるほど大変なことも出てくることも確かです。女性に多い、定期的に集まる暗黙のルール、お祝い事に何かを贈らなければならないルール・・・本心でそれを楽しんで喜んでしている人は別ですが、どこか負担に感じている人は多いものです。

そこに注がれていた時間やお金が浮いたと思うと、大人になって友達がいないのも悪くないと思いませんか。その分、自分のためにだけ使うことができるのです。自己投資をすると、自分の魅力やスキルもアップしますよね。自分の人生ですので、自分に存分に時間とお金を使えるという贅沢を楽しんでみましょう

本を読んで知識を高めてみたり、ジムに通ってみるのも良いでしょう。パン教室や陶芸教室など、趣味の延長線上でできる人付き合いは気楽なものです。まずは興味があるものに、どんどんチャレンジしてみましょう。

同じ目標を持った人たちに囲まれることで、よりよい刺激を受けることができます。

 

ビジネスライクな友達を作ってみよう

友達というと心打ち解けた間柄を想像してしまいますが、友情がない便利な距離感の人間関係を築いてみましょう。

例えば、職場で仕事後によく飲みに行く仲間がいるなら、それもビジネスライクな友達です。また、習い事をしていれば、そこで出会って話をする人たちも同じようなものです。必要な条件下で最低限の楽しみを共有できる仲間がいれば、気持ちもまぎれますし、友情という熱い絆で結ばれるよりは適度な距離感でストレスフリーになるのです。

プライベートに入り込まれれば入り込まれるほど、人と人はお互いを羨ましがったり嫌悪感を感じたり…渦巻くものが出てきますが、ビジネスライクな関係の友達であれば、そこまで深入りすることもないので気持ちが楽なのです。

SNS上だけで付き合いのある関係も同じように言えるでしょう。どこか気持ちの共有をできる場所があれば、大人になって友達がいないことに悩む必要もないのです。友達は一緒に時間を過ごす相手で、仲間は同じ目的を共有するメンバー。そう割り切るとビジネスライクな仲間を持つだけでも十分に楽しむことができます。

 

おひとり様を楽しもう

おひとり様と聞くとハードルが高いように思えますが、意外とやってみると楽しいもので、例えば旅行などでは、その場限りでの人付き合いも楽しめたりします

旅行でいうと海外のツアーなどがオススメです。参加してみると「あれ?意外と一人の人が多い」なんてこともあるのです。自分だけだと寂しい…と感じるのは最初だけで、実際は楽しいという感想をのべるトラベラーたちも少なくありません

また、食事にしても自分の食べたい物を食べたいときにゆっくり食べられる気楽さから、おひとり様が増えてきています。食事や買い物など自分の意見を第一にできるので楽なものです。

さらに、友達付き合いが減ると、お金もたまりやすいのも特徴ですので、その分、旅行回数も増やせます。旅行は人生の経験、価値観の転機になるとても良い機会です。自分の時間を思いっきり楽しみましょう。

大人で友達がいないとしても、自分にかける時間を存分に楽しむ時間があることは、ある意味贅沢なことでもあるのです

 

孤独力で社会成功を収めよう

大人になっても友達と多く付き合いのある人は、一見してとても楽しそうで充実しているようにも見えるでしょう。共有する時間があればその分、色々な話しをして悩みを打ち明けたり助言をもらったり…ストレスを開放することでしょう。

では、大人になって友達がいない人はどうするのかというと、自分で乗り越えていくしかないのです。弱音を吐く相手がいなければ、それをどう乗り越えていくか切磋琢磨する時間が代わりにあります自分と向き合う時間がたくさんあります。人に相談すると心の負担は軽くなりますが、解決へと結びつくことはそうあることではありません

自分で乗り越えることで解決していくので、壁へぶち当たった時の反動に耐える力が付くのです。そしてその力は社会成功を収める人に多くみられる特徴になります。

 

大人になって振り返ってみると友達が身近にいない…という人は珍しくありません。大人になりそれぞれの道を進んでいった結果、友達がいないというのはマイナスなことでもないことがお分かりいただけたことでしょう。

一番近くで支えてくれて家族、そして人生の主役である自分自身への自己投資に思いっきり時間とお金を使えることは、友達付き合いのしがらみが少ない人だからこそできることでもあります。大人になっても友達でいられる間柄も嬉しいことですが、いないからといって、いる人と比べてヘコむこともないのです。

友達はいざという時に助けてくれない、なんていう言葉を耳にしたこともある事でしょう。自分の足でしっかりと踏み進めて行けることが何よりも大切です。自分の人生を120%楽しんでいきましょう!

まとめ

大人になって友達がいない人のプランとは

・家族との時間を大切にしよう
・自分のために投資をしよう
・ビジネスライクな友達を割り切ろう
・おひとり様を楽しもう
・孤独力を高めよう


連記事