あがり症を治す秘訣とは?自分に自信を持つ5つのコツ

あがり症を治す秘訣とは?自分に自信を持つ5つのコツ
人前で緊張すると、頭が真っ白になったりといった症状が出てしまう「あがり症」を治す方法を探している方は少なくありませんよね。あがり症は治すことをためらっていると、その症状が出ることを怖がるあまりに、更に緊張が酷くなり、症状が悪化してしまいます。

人前であがり症の症状が出てしまうと、本来自分が持っている力を存分に発揮することが出来ず、日常生活で損をしてしまうこともあるでしょう。そんなあがり症で悩んでいる方は、自分自身に自信を持つことで、あがり症を治すことが可能です。

そこで、今回は、あがり症を治すために、自分に自信を持つ5つのコツをお伝えします。自分に自信を持つことで、あがり症を克服して、人前に立つことに怯える生活とはおさらばしましょう!



 

あがり症を治す秘訣とは?
自分に自信を持つ5つのコツ

 

あがり症の原因と治す方法


あがり症を治すためには、まず何が原因で症状が出ているかを知ることが大切です。

あがり症とは、人前で話したり発表を行う際に、緊張してしまうことで、手の震えや動悸、冷や汗などの症状が出ます。つまり、極度の緊張感があがり症の原因です。

また、何度かあがり症を発症することで、「また次も人前に出たら症状が出るのではないか」と不安に感じてしまい、そのストレスから症状が悪化してしまいます。

そんなあがり症を治すには、人前に出る事への緊張感を無くすことと、また症状が出るのではないかというストレスを減少させる事が必要です。こうした緊張やストレスは、すべて人前に出る事に自信が持てないことで起きています

つまり、自分に自信を持つ事が、あがり症を治すコツです。それでは具体的に、自信を持つためのコツについてお伝えしましょう。

 

自分に自信を持つコツ① 過去の自分と決別する


自分に自信が無い人は、過去の失敗を引きずっている場合があります。子どもの頃、学校や習い事の発表で、失敗してしまったことはありませんか。その頃からあがり症になってしまった方は、過去の自分と決別する必要があります

まずは過去の自分と今の自分を比較してみて下さい。出来る事や、経験がたくさん増えて、昔の自分より成長したあなたがいるはずです。

あの時失敗したのは、過去のあなたで、今のあなたではありません。「過去は過去」「今の自分は過去の自分と違う」と、過去の自分と決別することで、自分に自信を持つ事が出来ます。

 

自分に自信を持つコツ② 自分の良いところを見つける


あがり症で自分に自信の持てない方は、自分を必要以上に過小評価している方が多いです。そのため、まずは一度客観的に自分を見てみる事をオススメします。

自宅で、ビデオカメラやスマートフォンのカメラなどで、自分の発表の様子を映してみてください。自分で心配していたより、上手く発表が出来ているはずです。

また、ビデオで撮った自分の、良いなと思うところを10個以上見つけてみましょう。自分の良いところを見つけることで、自分に自信を持つ事が出来、あがり症を治すことが出来ます。

 

自分に自信を持つコツ③ 家族や友人の前で練習する


あがり症を治すために、自分に自信を持つコツには、家族や友人など、少人数の前で話す練習をするという方法があります。

自分の良く知っている人の前なら、あがり症の症状は出ませんよね。また、少人数の前で、何度も本番の練習をする事で、自信にも繋がります。

出来れば、雰囲気は少しでも本番に近づけることが出来るよう、真剣に練習を行うようにしましょう。

 

自分に自信を持つコツ④ イメージトレーニングを行う


人前に出る前に、失敗したりあがり症の症状が出てしまう自分の事ばかりを考えていると、自信をどんどん無くしてしまいます。

そこで、人前に出るまでの間は、上手くいっている自分をイメージトレーニングしましょう。具体的なイメージを持つ方が効果があります。例えば発表会なら、名前を呼ばれて、壇上に上がって、発表を行って、発表を終えるまでの自分をイメージして下さい。

上手くいくイメージを持ち続けることで、自分に自信を持つ事が出来るので、あがり症を治すことに繋がります。

 

自分に自信を持つコツ⑤ 成功のジンクスを作る


世界で活躍するスポーツ選手の多くは、「このスパイクを履いたら絶対に勝てる」などの、自分オリジナルの成功のジンクスを持っています

「こうしたら上手くいく」という成功のジンクスを作ると、「これをしたから今日は大丈夫」と自分に自信を持つ事が出来るのです。

例えば、人前に出る必要がある日の朝はカレーを食べるとか、靴を左から履くとか、ジンクスの内容は何でも構いません。そのジンクス通りに行動すれば、絶対に上手くいくと信じ込むことが大切です。

自分だけの成功のジンクスに自信を貰いましょう。

 

いかがでしたか。あがり症を治すために、自分に自信を持つための5つのコツについてお伝えしました。

あがり症を治すには、自分に自信を持って、人前に出た時の緊張感を和らげることが必要です。まずは、自分を過小評価しすぎないように、過去の自分を振り返り、今の自分の良いところを見つけて、自己評価を上げましょう。

自分に自信が少し持てたら、次に練習や、イメージトレーニングによって更なる自信をつけましょう。最後に、全てが上手くいくおまじない、自分だけのジンクスを作ることで、より強い自信を得ることが出来ます。

自分に自信を持つ事が出来れば、あがり症を治す事が出来るだけでなく、自分の事を大好きになる事が出来ます。自分に自信のある人の周りには、たくさんの人が引き寄せられます。自分に自信をつけて、楽しい毎日を送って下さいね!

まとめ

あがり症を治すために自分に自信を持つには

・過去の自分と決別する
・自分の良いところを見つける
・家族や友人の前で練習する
・イメージトレーニングを行う
・成功のジンクスを作る


連記事