あがり症を治すために今すぐできる簡単な5つのアプローチ

あがり症を治すために今すぐできる簡単な5つのアプローチ
あがり症を治すための方法を探しているけど、何かのセミナーや心療内科への受診など、敷居が高いものばかりで手が出せない……という人もいますよね。できれば、すぐに試せる気軽なものからチャレンジしたいのは、誰だって同じのはず。

あがり症を治すためにできることはたくさんあります。もちろん、セミナーなどで自己啓発したり、医療の手を借りるという方法も効果がありますが、これらはコストがかかるためにもしも効かなかった時に後悔してしまう可能性が高いものです。

これから初めてあがり症を治す取り組みをする人は、まずは自分一人でできる方法からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、あがり症を治す方法の中からすぐに試せるものについてお伝えします。



 

あがり症を治すために今すぐできる
簡単な5つのアプローチ

 

とにかく経験を積もう


あがり症を治す方法としてはどこででも言われていることですが、やはり経験を積むことに尽きます。舞台でも、発表でも、人との会話でも、あがってしまう条件を満たす場面に自分から飛び込み、身体と心を慣れさせるのです。

慣れは恐ろしいものとも言われるくらい、人の心を麻痺させます。それは時にミスや失敗を生みますが、あがり症の人は、慣れが生じるくらいの方が良いパフォーマンスができるものです。

「あがり症だからなるべく人前は避けたい」と言わず、「あがり症を治すために人前に出続けよう」と覚悟を決めましょう。

 

失敗することに慣れよう


経験を積むのは、失敗せずにできるようになるためではなく、失敗することに慣れ、失敗への対処法を身に付けることが目的です。あがり症の人は失敗を過剰に恐れ、人前で恥をかいたらどうしよう、笑われたらどうしようと思い詰めるために緊張で身体が動かなくなるのです。

この不安から解き放たれるためには何事も失敗なくこなせるようになるしかないのですが、それは人間である以上、無理というもの。それよりも確実なのは、失敗した時の対処法を身に付け、「失敗しても大丈夫」という安心感を手に入れることです。

人命や会社の業績に大きく影響が出る失敗でなければ失敗したって良いのです。ちょっとくらいの失敗はその後の自分の糧となると信じて、恐れないようにしましょう。

 

自分の失態に目を向けよう


失敗を恐れる人は、総じてプライドが高いもの。失敗することで周囲からの評価が下がったり、自分の経歴に傷が付くことを恐れてしまうのですよね。

でも、プライドの高さの反面実力が伴っていない自覚があるからこそ、あがり症になってしまうのです。これを解消するためには、実力を付けるよりも先に、自分の価値を少し下げてみることをおすすめします。

そのためには、自分の失態をちゃんと見ること。荒療治ですが、あがり症を治すためには自分が当たり前に失敗する人間なんだということを受け入れる必要があるのです。

 

リラックス効果のあるものを色々試そう


あがり症を治す方法はメンタル面へのアプローチだけではありません。リラックス効果のあるアロマ、または身体を温めるなど、身体をリラックスさせる方法もあります

本番前に身体をリラックスさせることができれば思うように身体が動くようになりますし、それに引きずられるように心もリラックスして臨めるようになります。ただ、身体をリラックスさせる方法は人それぞれ効果が違うので、自分に合った方法が見つかるまで色々と試してみて下さい

アロマももちろんそうですし、音楽を聴く、少し身体を動かす、何かを軽く食べるなど、リラックス効果のある行為はたくさんありますので、試しやすいものから実践してみましょう。

 

自分だけのお守りやおまじないを用意しよう


「手のひらに人を三回書いて飲み込む」という古典的な手法があります。こんな方法は非科学的だと思われがちですが、実際効果が出る人もいます。それは、「このルーティンをすればあがらない」という自己暗示にかかり、本当にあがりにくくなるからです。

これと同様に、あなたも自己暗示をかけられるようなお守りやおまじないを用意してみましょう。神社やお寺でもらえるようなお守りはもちろん、お気に入りの小物や写真などに「これが守ってくれるからあがらないはず」という願をかけ、いつも持ち歩くようにして下さい。

あがり症は思い込みで起こるのですから、思い込みによって改善できるはずです。自分なりのお守り、おまじないに頼ってあがり症を治すことも一つの方法です。

 

いかがでしたでしょうか。すぐに実践できるあがり症の治し方でした。

「こんな方法で治るの?」と半信半疑の人もきっといるでしょう。でも、「絶対治る!」と思い込むことができれば、不思議と治るものなのです。逆に、「こんなことをしても治らない」と思っている人では効果が薄いと考えた方が良いでしょう。

あがり症は、「失敗したらどうしよう、絶対失敗する」と思い込むことで生じる現象ですから、「あがり症はこれで治る!」と思い込むことが何よりも効果的なのです。自分でできる方法は、このような自己暗示が手っ取り早いと言えます。

誰の手も借りずにあがり症を治すと決めたなら、まずは自分の心をコントロールして、あがらない精神状態を作ることが大切です。効果はすぐには出ませんが、続けるうちに必ずあがり症は克服できますので、時間をかけて取り組みましょう。

まとめ

あがり症を治すために自分自身でできる方法は

・とにかく経験を積もう
・失敗することに慣れ、失敗への対処法を身に付けよう
・プライドを高く持たず、自分の失態に目を向けよう
・リラックス効果のあるものを色々試そう
・自分だけのお守りやおまじないを用意しよう


連記事