働く気力がない時に気持ちを奮い立たせる5つの方法

働く気力がない時に気持ちを奮い立たせる5つの方法
日々真面目に働いていても、どうしても働く気力がない、という時が誰にでもありますよね。そんな時は「一旦、仕事は終わり」とできればよいのですが、現実はそうもいきません。

どんな調子であろうと、仕事は容赦なくやってきますので、気力がなくても働かざるをえません。ですが、気力がない時の仕事ほど辛いものはなく、はかどらないものなので、どうしてもダラダラと仕事をしているような感じになってしまいがちです。

そんな姿を先輩や上司に見られようものなら、印象まで悪くなってしまいますし、周りの目も気になるので、働く気力がない時に、再び気力を取り戻せるような方法は知りたい方も多いことでしょう

そこで今回は、気力がない時に、気持ちを奮い立たせる5つの方法をお伝えします。



 

働く気力がない時に
気持ちを奮い立たせる5つの方法

 

働く気力が起きない原因


働く気力がない原因は、一概にコレだとは言えませんが、いくつか紹介しましょう。

賃金が低い:賃金は働く気力に直結します。なので、賃金が低い状態が続くと働く気力が失われてしまうのです。

将来性に不安:会社に将来性がないと「もし、会社が倒産したら、どうやって生活しよう」と不安になります。また、漠然とこのままここで働いて良いのだろうかと考えてしまうこともあるでしょう。考えれば考えるほど、働く気力はなくなってしまうものです。

嫌いな人がいる:仕事では嫌いな人とも協力しなければなりませんが、それが大きなストレスとなり、働く気力がなくなってしまうこともあります。

 

目標を作ろう


では、どうすれば働く気力が出てくるのでしょうか。ここからは、働く気力がない時に気力を取り戻す方法をお伝えします。最初は、目標を作るというものです。

気力がないのは、目指すところがなく、ただ何となく仕事をしているからと言えます。なので、まずは目標を作り、それを達成するために力を入れてみましょう。

この時、目標は少し低めに設定するのがおすすめです。そうすれば、比較的簡単に目標に到達できるので、達成感を味わうことができます。達成すれば、また次の目標を設定すればよいのです。こうして、小さな目標の達成を積み重ねていくことで、充実感が生まれ、再び気力を取り戻すことができるでしょう。

あまりに高い目標を設定すると、達成するまでに時間がかかり、気持ちが萎えてきて結局また気力がなくなるので、おすすめはできません。

 

旅行で気分転換をしよう


働く気力がないまま仕事をしていても、辛いだけになってしまい、作業効率も落ちてしまいます。自分だけでなく、職場の周りの方にも迷惑をかけてしまうことでしょう。

こういう時は、仕事を忘れ気分転換をはかりましょう。気分転換の方法はいくつかありますが、おすすめなのは旅行をすることです。旅行といっても、遠い所へ行く必要はなく、近場のプチ旅行でも十分です。

普段と違う景色や体験をすれば、ストレスが解消され、何より脳の活性化に繋がります。精神と肉体をリフレッシュすれば、新鮮な気持ちで仕事に臨めますので、気力が復活することでしょう。

 

「適当」な考え方に変えよう


気力がない人の中には、性格が真面目過ぎる方もいることでしょう。そういう人は、ほんの少しの失敗でも取り返さないといけないとか、一つの仕事が終わっても「これでよかったのかな」と考えてしまいがちです。

もちろん、真面目なのは良いことですが、こうした考え方は、ストレスを溜めてしまう原因にもなります。いつまでもくよくよと悩むことで、何に対しても臆病になり、気力がなくなってしまうのです。

なので、そういう時には、いつもより少し「適当」な考え方をしてみて下さい

「適当」と表現すると聞こえが悪いかもしれませんが、決してそうではありません。程よく力を抜いてみようということです。

少しの失敗なら「人間だから誰でも一つや二つ失敗もする」、一つの仕事が終われば「はい、これでこの仕事は終わり」と気持ちを切り替えてしまいましょう。当然、度が過ぎれば問題ですが、考え方を変えるだけで気持ちが楽になります。働く気力がない時には、仕事と自分の時間の切り替えをする生活に変えるのがおすすめです。

 

規則正しい生活をする


仕事上、どうしても不規則な生活になってしまう方もいらっしゃることでしょうが、ある程度勤務時間が決まっている方は、今一度自分の生活リズムを確認してみましょう。夜遅くまでスマホをいじっていたり、暴飲暴食をしていたりはしませんか。

不規則な生活は、ホルモンのバランスが乱れるため、気持ちが暗くなってしまいます。気持ちが落ち込めば、当然働く気力もなくなりますので、不規則な生活をしている方はまず生活習慣の改善を心掛けましょう。

特に睡眠は大切で、8時間以上取ることができれば、ホルモンのバランスがよくなり、精神面で劇的な改善が見込めると言います。それに加え、食事も栄養バランスの取れたものにすれば、肉体的にも健康になることでしょう。

働くには自分の体が資本になります。規則正しい生活をして、心身共に健やかに過ごせるようにしましょう。

 

思い切って転職して環境を変えてみよう


気持ちを奮い立たせるために、いろいろな方法を試したけれど、気力がない状態から抜け出せない方は、思い切って転職するのもよいかもしれません。

転職するのには勇気がいりますが、環境が変われば気力も湧いてくるかもしれません。そもそも、気力がない状態から抜け出せないのは、仕事そのものに嫌気がさしているからともいえるので、未練はないはずです。

転職先を決めるには、今の職場で抱えている不満を整理しておき、それを解決できる所への転職を目指しましょう大事なのは焦らず、じっくりと進めていくことです。

 

いかがでしたか。気力がない時に、気持ちを奮い立たせる方法はいくつかありますが、大事なのは、気持ちをリフレッシュさせることです。そうすることにより、新たな気持ちで仕事を再開でき、作業効率も上がります。

気持ちを奮い立たせる方法は、まさに千差万別です。紹介した方法を参考にしながら、最終的には自分に合った方法を見つけられると良いですね。

一方で、働く気力がないという状態は、仕事があるからこそ言えることです。世の中には仕事がなく、必死で職を探している方もいます。それを考えれば、働く気力がないというのは贅沢で幸せなことかもしれません

仕事がある幸せを噛みしめつつ、時にリフレッシュしながら、日々を乗り切っていきましょう。

まとめ

気持ちを奮い立たせるには

・低めの目標を設定し達成感を得る
・旅行で気分転換をする
・程よく力の抜けた「適当」な考え方に変える
・規則正しい生活をしてホルモンバランスを整える
・思い切って転職して環境を変える