人と話すのが苦手になった貴方に思い出して欲しい5つの事

人と話すのが苦手になった貴方に思い出して欲しい5つの事
人と話すのが苦手になった理由は人それぞれ。どんな理由であれ、些細なきっかけが元でどんどん苦手意識が強くなっていくものですよね。でも、思い出してみて下さい。あなたは生まれつき他人と話せない人ではなかったでしょう。人と話すのが苦手になったタイミングよりも前は、何も気にせず話すことができていたのではないでしょうか。

人の恐怖心や苦手意識は厄介なもので、それが芽生える前の気持ちを全て忘れさせてしまいます。ですから、人と話すのが苦手になったあなたも、過去には屈託なく会話を楽しめていたはずです。

会話への苦手意識を克服するためには、「ちゃんと話せる」という経験を積むこと、または、苦手になる前の記憶を取り戻すことです。そこで今回は、人と話すのが苦手になった人に思い出していただきたいことについてお伝えします。

 

人と話すのが苦手になった貴方に
思い出して欲しい5つの事

 

トークスキルが低くても周囲はそれほど気にしていない

人と話すのが苦手になった理由に「トークスキルが低いから」ということを挙げる人は少なくありません。「今日の会話、失敗しちゃったな」とか、「話が弾まなくて嫌な思いをさせたかも」などと考えてしまい、その後の会話の機会に及び腰になってしまうのです。

ですが、世間では話し下手な人と会話しても別に気にならないという人の方が圧倒的多数と思って良いでしょう。よほど悪意のあることを言ったり、デリカシーの無い発言を連続したりしない限り、話し相手に不快感を与えることはありません。

自分のトークスキルの低さに悩んで会話が苦手になったという人は、他人の懐の深さをもう少し信じてみましょう

 

世の中、そんなに悪い人ばかりではない

誰と話していても不信感が拭えず、人と話すのが苦手になったという人も恐らくいるはずです。腹の中ではどう思っているか、陰で何を言われているかなどが気になり、会話することに恐怖を覚えてしまうのですよね。

でも、思い出してみて下さい。世の中はそんなに悪い人ばかりではありません

誰とでも普通に話せていた昔は、相手の腹を探るようなことをしなくても自由に話せていたはずですし、そうしていても人に陥れられることは無かったはずです。「思い出してみたら、そんなに悪い人ばかりではなかった」と思えるように気持ちを切り替えましょう。

 

会話が苦手になったきっかけは、運が悪かっただけのこと

万が一、悪意のある誰かに攻撃を受けて人と話すのが苦手になったのだとしたら、それは自分のタイミングと運が悪かっただけのことと割り切って下さい。相手の機嫌が悪かったとか、たまたま地雷を踏んでしまっただけのことです。

また、相手に悪意が無くても、偶発的なトラブルで会話が苦手になったという人もいるでしょう。そんなあなたも、運が悪かっただけなのです。

嫌な記憶を掘り起こすのはつらいことですが、過去のトラブルを思い返してみて「自分にはそれほど非が無い」ということを確信して下さい。

 

失敗した過去のあなたよりも確実に成長している

もし、明らかに自分が悪くて会話が苦手になったのだとしても、救いの道が無いわけではありません。過去に失敗があったということは、その失敗を乗り越えて成長できるということだからです。

何が原因かわからない状態なら苦手意識を解消することは難しいですが、自分のミスが原因だとわかっているのですから、それさえ改善できれば自由な会話への望みが見えてくるはずですよね。

誰かのせいで人と話すのが苦手になったケースよりも、自分のせいというケースの方が克服しやすいのですから、過去の失敗に落ち込み過ぎないようにしましょう。

 

人と話すことは本来は楽しいこと

最後になりますが、一番思い出すべきことはこちらです。それは、人と話すのが苦手になる前は、あなたは誰とでも楽しく会話ができていたはずだということです。

誰かと親しくなりたくて交わす会話や、その時間を楽しく過ごすために交わす会話はとても楽しいものです。もちろん、喧嘩やお互いを貶め合うような会話は除いてですが、基本的に誰かと話すことは楽しく、心が満たされる行為とされています。

あなたにも、そんな楽しい会話ができていた頃があったのではないでしょうか。そんなことを思い出せれば、また楽しく誰かと話したいという気持ちになれるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。人と話すのが苦手になった人でも、再び会話への意欲が湧いてきそうな考え方についてお伝えしました。

どんなことでも、人は一度「苦手」と思ってしまうと距離を置くようになり、以前と同じようにできなくなります。でも、苦手になる前は当たり前にしていたことですから、その当時の気持ちを取り戻すことができれば、苦手意識も薄らいでいくはずなのです。

何らかの理由で人と話すのが苦手になったとしても、昔は気兼ねなく会話できていたのだということを思い出し、当時の気持ちのままで会話にチャレンジしてみて下さい。そうすれば思いのほか上手く話せることに驚くでしょう。

楽しい会話とはどういうものかを思い出して、苦手意識を克服していきましょう。

まとめ

人と話すのが苦手になった人が思い出すべきことは

・トークスキルが低くても周囲はそれほど気にしていない
・世の中、そんなに悪い人ばかりではない
・会話が苦手になったきっかけは、運が悪かっただけのこと
・失敗した過去のあなたよりも確実に成長している
・人と話すことは本来は楽しいこと


連記事