職場にもいる?人と話すのが嫌いな人と上手に付き合う方法

職場にもいる?人と話すのが嫌いな人と上手に付き合う方法
レベルに違いはあっても人と話すのが嫌いという方は案外少なくないものです。社会生活においてコミュニケーションが円滑に行われるのは重要ですが、簡単でないのも事実ですよね。人と話すのが上手か下手か、また、苦手か得意かというのは明確な判断基準がないものですからその見極めは一概にはできません。

しかし、仕事や学習には意欲があるのに、人と話すのが嫌いだから職場や学校が苦痛という方もいるのです。その様なケースの場合、その人の持っている可能性や意志を摘み取ってしまうわけにはいきませんので、周囲も理解して上手に付き合う事が出来るのが理想です。

そこで、今回はあなたの職場にもいるかもしれない、人と話すのが嫌いな人と上手に付き合う方法についてお伝えします。



 

職場にもいる?
人と話すのが嫌いな人と上手に付き合う方法

 

期待するより理解する努力をしましょう


そもそも人と話すのが嫌いな人は、人との関わりで苦い経験を持っている方が多いものです。そして、それはそんな失敗の積み重ねがあってこそ。ご自身がどのようなシーンで失敗しやすいのかは過去の経験から把握しているケースが少なくありません。

ですから、日常生活の活動そのものには何の不安もなくこなせるのに、人と相対するとつい臆病になってしまい言葉が出てこないのです。

その様な悩みを持つ方と上手に付き合おうと思うのなら時間が許す限りお相手のペースに合わせてあげるのが一番です。

何か言いたいことがある様子なら、そんな伝えたいという気持ちを汲んであげて自然に言葉を引き出してあげられるような雰囲気を作ってあげましょう

また、人間関係は数多くの人と接する中で育まれるという考えの元、良かれと思っていきなり集団の中に入れても、本人にとっては苦痛でしかない場合も少なくないのです。無理に輪の中に入れようとして居心地が悪い環境を与えるよりも、職場の多くの人達とは適度な距離を保ちつつゆっくりその間隔を縮めていく接し方が望ましいのです。

しかし、職場といえばそもそもビジネスの場ですから、納期やスケジュールなど期限の制限もあり、馴染むまでじっくり待ってあげる余裕がないケースがほとんどです。その様な場合には、その現実、内容、手順などシンプルな言葉でしっかり伝えた上、可能か否かの意思を確認し、お相手のペースに付き合う覚悟も必要です。

人と話すのが嫌いな人は、攻撃的な態度や圧力的な態度にはパニックになることも多いので、課題や結果、ペースを押しつけることは逆効果です。何事も丁寧に説明し、精一杯一生懸命やってくれたことを評価してあげるように心掛けましょう。少し距離を置いて観察しながらお相手を理解するというスタンスで、相手の気持ちを尊重してあげるのが重要です。

ストレスを与えることで更に萎縮したり、その結果、視野や思考力も狭めてしまっては、ビジネスシーンにとってもマイナス要因になります。人と話すのが嫌いな人とチームを組んで仕事をして実力を発揮させるのなら、リラックスできる環境作りと辛抱強い優しさが必要です。

 

批判的な話題を避け、信頼関係の構築をしましょう


人と話すのが嫌いな人は、否定や批判的な話題にはとても敏感な傾向にあることが多いものです。

例えば、ごく一般的な世間話だとしても「あの人ってなんでこんな簡単なことが出来ないのかな」の様な批判的なことを言ったとしましょう。すると自分に投げかけられた言葉でないのは分かっていても自分もいつかはそんな風に言われる、いや、既に言われているかも知れないと感じてしまいがちです。

一度そう思うと壁を作ってなかなか心を開いてくれなくなることもあり、以降距離を感じるといったことも少なくありません。

人と話すのが嫌いな人の前では批判的な意見は一切口にしない事をおすすめします。それが信頼関係を構築する一番の方法です。

「私はこう思いますが、いかがですか?」という感じの、お伺いを立てる形を意識すると押しつけにならずお相手のプライドも守る優しさにつながります。

信頼関係を築くことが、心を開く鍵になるのは言うまでもありません。スムーズなコミュニケーションは、言葉や優しさのキャッチボールです。

 

『基本』や『普通』などの概念を捨て、シンプルになりましょう


人と話すのが嫌いな人は、一般的に周囲からの評価に敏感なケースが多いものです。人と違うとか間違うことに臆病になっています。

或いは、自分の考えと他人の考えは絶対同調し合えないと思いこんでいることも少なくないですよね。つまり『基本』や『普通』を強調し過ぎないのも大事です。多数派がいつも正しいという考え方は捨ててお互いの歩み寄りを大事にしてみましょう。

また、コミュニケーションが苦手な人の場合、その真意が伝わりにくいこともありますので勝手に先読みしてしまわないこともとても重要です。お互いの気持ちや現状、課題はしっかり丁寧に伝えつつ、理解度を確認し合うことが大事なのです。少し手間や時間はかかりますが、無駄な失敗を避けるにはコレが一番です。

誤解を避けるためには、常にメールや電話などでやりとりするのではなく、可能な限り直接会って話し、誤解がないかどうか確認し合いながらお付き合いしていきましょう

人と話すのが苦手な人とのお付き合いの中で、お互いが傷つかないためには丁寧なやりとりは何より大切なことなのです。

 

いかがですか。以上が職場にもいる?社会の中で人と話すのが嫌いな人と上手に付き合う方法です。

この様な場合、周囲が温かく見守ることも大切ですし、また、意識し過ぎたりせず自然に接してあげることも大事ですよね。無理に『殻を破って出てきなさい!』という厳しい姿勢だけが良い対応というわけにはいかないものです。

人と話すのが嫌いであっても、仕事のスキルは充分持っていて職場的には戦力になる人物もたくさんいます。その持てる力を充分に発揮できる環境づくりには多少の工夫が必要であり、その結果、成功すればそれが自信につながり、パートナーには自然に心が開けるようになることもあります。

大事なのは無理しないこととゆったりした気持ちで対応すること。焦りは禁物です。

まとめ

人と話すのが嫌いな人と上手に付き合うには

・期待するより理解する努力をしましょう
・批判的な話題を避け、信頼関係の構築をしましょう
・『基本』や『普通』などの概念を捨て、シンプルになりましょう