人付き合いが苦手でも良好な関係を築ける5つの術

人付き合いが苦手でも良好な関係を築ける5つの術
仕事やプライベートなど、さまざまな場面で人付き合いが苦手だと困ることは多くありますよね。人付き合いが苦手なのがいけないわけではありません。しかし、仕事も円滑に進めたいでしょうし、友人や恋人とのプライベートを充実させたいとも思うでしょう。

人は1人では生きていけないものですから、どこかで誰かと付き合っていかなければいけない時はあるはずです。もしかしたら、今付き合いがある人だけでなく、新たに関わっていく人も現れるかもしれません。そういった時に、「しんどいなぁ」とか「面倒だなぁ」なんて思いながら人付き合いをしていくのは大変ですよね。そこで今回は、人付き合いが苦手でも良い関係を作り上げていける5つの術をお伝えしていきます。



 

人付き合いが苦手でも
良好な関係を築ける5つの術

 

常に相手をリスペクト!謙虚な姿勢を忘れないこと


人は誰かを見るときに、自分より「上」であるか「下」であるかを無意識に判別して線引きをしてしまっていることがあります。この判別や線引きは、自分の価値観や考え方だけで気付かないうちにしているものです。年齢や職種、学歴や容姿、収入など、さまざまな面で、自分より「優れている」か「劣っている」かを見極めます。

この見下す姿勢が、人との関わりを持つことに疲れを感じてしまう原因でもあります。疲れを感じることで、人付き合いが苦手だと感じたり面倒くさいと思ってしまうのです。

意識を改善するためには、相手をリスペクトする謙虚な姿勢を忘れないことです。上辺だけの言葉でぎくしゃくした関係を作ってしまうと、お互いにしんどくなってしまうだけです。それならば、謙虚な姿勢で相手に向き合いましょう。自分が楽にもなりますし、相手にも好印象を与えられます。

 

素の自分に自信を持つことが大事


よく人前で「猫を被る」という人、いますよね。実は、猫を被るのは自分に自信がないからなのです。

自分に自信がないと、相手に対してなかなか「素」を表せないものです。素を出すことなく人と付き合っていくのは、とてもしんどくて疲れ果ててしまいます。

また、自信がないからこそ「こんな人だと思われたい」と他人の印象や評価を過剰に気にしてしまうこともあります。

人付き合いが苦手だと思うのであれば、まず素の自分を認めて自信を持つことから始めてみましょう「自分は自分」であると思うことができれば、他人の目や評価を気にしすぎて疲れることもありません。他人への見え方よりも、自分の表し方を考えたいですね。

 

コミュニケーション能力をアップさせよう!


人付き合いが苦手な人の中には、そもそも人とコミュニケーションを取ること自体が苦手だという人も多いのです。コミュニケーションを取ることに疲れてしまい、人付き合いが苦手だという風に意識が持っていかれてしまうのです。

コミュニケーション能力をアップさせることで、人との付き合いがグンと楽になります。例えば、知り合いに出会ったら自分から挨拶をするように心掛けたり、どんな内容でも良いので他愛ない世間話などをしてみましょう。もちろん、1度や2度やってみたから突然変わるというわけではありませんので、繰り返すことが大事です。慣れることで、コミュニケーションのスムーズな取り方が身に付きます。

コミュニケーション能力が高まれば自分を表現しやすくもなり、人付き合いが苦手だった人も楽しくなれるかもしれませんよ。

 

聞き役に回ってみるのも効果的!


人付き合いをしていく中で、いつも自分が話さなければいけないことはありませんよね。そこで聞き役に回ってみると、相手のことをよく知る機会になって会話が弾みやすくなるので、人付き合いが苦手という意識を自然に変えていけます。また、その相手との付き合い方を考えられるタイミングでもありますね。

聞き役に回るからといって、ただ話を聞き流していては意味がありません相づちを打ったり、リアクションをとって反応したり、表情豊かにしていることが大事です。そうすると、相手もあなたに対して話しやすさを感じますので、良い関係性を築いていけます。

また、相手にきちんと興味をもって示すことで話したいことや聞きたいことが自然と出てくるので、自分から話すことが苦手な人も人付き合いを気楽に進めていけます。聞き役ならではの役目に徹してみると良いでしょう。

 

合わない人とは適度な距離感を保とう!


素の自分で付き合っていくことが難しい人は、もちろんいます。いて当たり前です。その人に対して自分が無理に合わせたり仲良くする必要はないでしょう。そうしてしまうと、疲れが生じて人付き合いが面倒だと思うところまで戻ってしまいます。

ただ、無理に親しくならなくとも、避ける必要もありません。自分にも相手にも負担なく、しかし関係を悪くさせることもにように、適度な距離感を保つことがポイントです。合わないと感じる相手であっても謙虚さを忘れてはいけません

 

いかがでしたか。人付き合いが苦手で悩んでいた人も、解決へと近付いたのではないでしょうか。自分らしくいられる人とうまく付き合っていくことが重要で、場合によっては嫌われることを恐れないのも大事です。

また、「話すこと」も「聞くこと」も、コミュニケーションです。もちろん話すことが好きになればそれも良いですが、苦手な人は聞き役に徹してコミュニケーションをはかってみると楽しくなりますよ。

人間たるもの、どうしても他人を気にしがちです。ですが、それ以上にそのままの自分を見てもらうことも大事です。人付き合いが苦手だと感じてしまうのは、疲れてしまったり面倒になってしまうからです。自分が無理をしない付き合い方を求めていきたいですね。楽しく人と関わって、仕事もプライベートも良好な関係を築いていきましょう。

まとめ

人付き合いが苦手でも良い関係を作るためには

・相手をリスペクトして謙虚さを持とう
・素の自分に自信をつけよう
・コミュニケーション能力を高めてみよう
・時には聞き役ならではの役目に徹してみよう
・合わない人でも距離感や謙虚さを大切にしよう