もう自分をダメと思わない!自己否定を克服する5つの方法

もう自分をダメと思わない!自己否定を克服する5つの方法
「私はダメな人間だ」「僕は何をやっても出来ない」と、本当はしたくないのに、つい自己を否定してしまう人っていますよね。しかも、自己を否定することによって、さらに自信をなくし、よりマイナスの考えになる負のスパイラルに陥ってしまいます。

誰でも失敗した時は、自己を否定するものですが、その時限りの人もいれば、失敗などをしなくても常に自己を否定した状態の人もいます。この2つの違いは、自分自身をどう思っているかにあり、もし嫌っている傾向があるならば、「自己に否定的な人」といえるかもしれません。

しかし、その状態が続いてしまうと、性格に悪影響を与えてしまい、最悪は精神病になる可能性もあります。そうならない為にも、自己否定することは克服していくようにしたいものです。

そこで今回は、もう自分をダメと思わない!自己否定を克服する5つの方法をお伝えします。



 

もう自分をダメと思わない!
自己否定を克服する5つの方法

 

自分は出来るという考えを持つ


自己を否定するのは「自分は何も出来ない」「何をやってもダメ」という考えがあるからなので、それを克服するには、何よりも自分に自信を持つことが大切になります。自己を否定するのとは、全く真逆の考えをするのです。

ですが、自分には何のスキルもないし、自信を持てる部分がないから、自信が持てないと感じている人もいるでしょう。しかし、実際に自信を持てるようなスキルを身に付ける必要はありません。大事なのは「自分は出来る」と強く思うことで、それは思い込みでも構わないのです。

強く思うことによって、心理的には「自分は出来る」と錯覚し、何をするにしても自信を持って臨めるようになります。思いには、それだけ強い力があるのです。

 

自分を褒めてみよう


自分で自分を褒めるのは、少し気恥ずかしい感じもしますが、思い切って自分を褒めるのも、自己を否定する考えから脱け出す方法になります。褒める内容はどんな些細なことでも構いません。「こんなの褒めるほどのことでもないよ」と思うようなことでよいので、半ば無理矢理にでも自分を褒めていきましょう。

例えば「今まで仕事に遅刻したこと、無断欠勤したことはない」「歌が上手い」など、少しでもよいと考えている自分の部分を褒めてあげるのです。また、今日の仕事の成果や定めていた目標を達成したなど、一日の中で達成したことを振り返って、寝る前に褒めるのも効果的です。

最初はぎこちなくても、続けていけば、自分に自信がついていきますので、自己を否定することもなくなっていきます。

 

物事を深く考え過ぎない


自己を否定する人の特徴として、物事を深く考え過ぎていることが多いです。その結果、他の人から見ればそれほど難しく考える必要のないことですら、難しく考えてしまって、行動が慎重になり過ぎてしまいます。慎重になるが故に、他の人ならすぐに出来てしまうようなことも出来なくなってしまうのです。

その結果、また「自分は出来ない」と自己を否定するようになってしまいます。これを克服するには、物事を簡単にシンプルに考えることです。極端に言えば、何も考えず、出たとこ勝負でいくくらいの気持ちを持てば、物事を深く考えることもなく、行動も素早く起こせます

ある程度、行動出来るようになれば、出来ることも増えていくので、自分に自信が持てるようになります。

 

完璧主義を捨てよう


これまでお伝えしたのは「考え方を変える」というものでしたが、ここからは「考え方をやめる」というものになります。その第一弾として、完璧主義をやめるようにしていきましょう。

自己を否定してしまう人には、完璧主義者が多いものです。完璧主義だからこそ、自己を否定してしまうともいえるでしょう。完璧主義の人は、思い描いたように自分が動いたり、結果が出ないと「自分はダメだ」と感じてしまい、自己の否定に繋がっていきます。ですから、一番良いのは、その完璧主義を捨てることなのです。

しかし、ずっと完璧主義だった人に急に捨てろといっても難しいですよね。そこで、まずは「完璧な人は存在しない」という考えを持つようにしましょう。そして、自分が失敗しても必要以上に自己を否定するのではなく、「完璧な人なんていないから失敗もする」と心にゆとりを持つようにして下さい。

 

自分を他人と比較しない


自分と他人を比較してしまうのも、自己を否定する人によく見られる傾向です。他人と比較することで「あの人は簡単に出来るのに、自分は全然出来ない」と考えてしまい、それが「自分は出来ないダメな人間だ」という考えになって自己否定が始まってしまいます。

なので、自分を他人と比較するのはやめましょう。世の中には、色んな人がいますし、完璧な人は存在しません。人それぞれなので「他人は他人自分は自分」と考えて、他人と比較するよりも、自分が出来ることを一生懸命やって自分を高めていきましょう

 

いかがでしたか。自己否定することを克服するには、考え方を変えたり、改めることが大事になります。自己を否定する人は、考え方が全体的に悪い方悪い方へ向かう傾向があります。それに、常に自己を否定していると気持ちも塞ぎ込んでしまうので、毎日が楽しく感じられません

誰でも楽しい毎日を作り出していきたいものですよね。そのためにも、今回お伝えした考えを採り入れて、徐々にでも自己否定をなくしていきましょう。お伝えしたような考え方が出来るようになれば、自然と何事に対しても前向きな気持ちになれます。

前向きに考えられれば、心身ともによい影響が現れてきて、健康的にもなります。自己否定をぜひ克服して、明るい毎日を送っていきましょう。

まとめ

自己否定を克服するには

・自分は出来ると考え、自信を持つようにしよう
・自分を褒めて、自分に自信を付けていこう
・物事を深く考え過ぎて、行動出来なくすることを避けよう
・完璧主義の考えは自己の否定に繋がるのでやめよう
・他人と比較して自分を悪く考えるのはやめよう