自信がない人が仕事で成功するための5つのステップ

自信がない人が仕事で成功するための5つのステップ
仕事で失敗してばかりで自信がないという人はたくさんいますよね。でも、失敗するから自信がないのではなく、自信がないせいで失敗を呼び込んでしまうということもよくあることです。

自信がないということは、その人の能力の伸びしろを小さくしますし、余計な焦りを生むせいで凡ミスをしやすくなります。そして、そのせいでまた自信を失い……という悪循環に陥りやすいため、いつまで経っても仕事がうまく行かなくなってしまうのです。

でも、これではいけないと思ったあなたは、今が変わるチャンスです。自分の仕事に自信を持てるようになって、何でもうまく行くように人生を変えてみたいと思いませんか

そこで今回は、自信がない人が、これから自信を持って仕事に取り組めるようになるために必要なことについてお伝えします。



 

自信がない人が仕事で成功するための
5つのステップ

 

できなくて当たり前と思おう


自信がない人は、自分にできなくても周囲にいる人は普通にこなせていると思い込みがちです。自分だけが劣っていると思うから、どんどん自信を失ってしまうのです。

でも、考えてみて下さい。個人の得意や不得意は別として、就職してから覚えることを言われてすぐに誰でもこなせるかと言えば、そうではありませんよね。今、何でもできると思われている人も、最初はできない時期があったということです。

逆に言えば、今何もできない、何をやっても失敗すると思い込んでいるあなたも、努力や修練を積めば、ある程度まではできるようになるということ。まずは、自分が「できない」ということを特別なことだと思わず、当たり前のことなのだと思うようにしましょう

 

成功するイメージを身に付けよう


自信がないせいで失敗が多い人は、「失敗する」というイメージから逃れられずに自己暗示にかかり、自分の想像通りの失敗を無意識に呼び込んでいるのです。人のイメージとは不思議なもので、「あそこであんな間違いをするかも」とか「うまく話せずにイライラされてしまうかも」などと仕事に取り組む前に考えてしまうと、自らそれを実現させてしまいます。

こんなマイナスの自己暗示には、プラスの自己暗示で対処しましょう。「失敗しそう」と思った仕事に取り組む前に、成功した場合の想像をしてみて下さい。

誰かに褒められる、自分の心がホッとする、そしてその日は楽しく過ごせるようになるなど、仕事の成功から得られるものを細かに想像すると、自然と行う前から成功したような気持ちになり、自分から失敗を招くことは少なくなります。

 

上手く行ったことを日記に付けよう


今まで失敗したこと、そして成功したことを思い出してみて下さい。自信がないことが悩みのあなたは、失敗したことばかりが頭に浮かんでしまうのではないでしょうか。

でも、今まで失敗の数は多かったとしても、成功した経験が一つも無いわけはありません。自信がない人は、成功したことをすぐに忘れてしまうため、自分で自分を「失敗しかしない」と追い詰めてしまうのです。

成功経験は自分の自信を培う栄養ですから、それを忘れてはいけません。ですから、毎日日記にその日上手く行ったことを書き記す習慣を付けて下さい。何かに書き留めれば、後で落ち込んだ時に読み返して浮き上がることもできます。

 

得意なことは何か考えてみよう


誰にでも特技はあるものです。今、これを読んでいるあなたにも、得意なことの一つや二つはあるはずですよね。

そのあなたの特技を、今の仕事に活かせる部分はないでしょうか。字が上手なら手書きで何かを書く機会を探したり、良い声を持っているなら電話応対を率先して行うなど、どんな小さなことでも特技を仕事にする手段はあるはずです。

このように、自分で自分を適材適所に配置するような感じで、自分の能力を活かせる仕事に取り組めるようにすれば、仕事がうまく行っているという実感を得やすくなります。

 

出しゃばってでも経験を積もう


ここまでのステップで、自信を失わないコツや自分にできることを探す必要性をお伝えしました。経験を積まなくてもできる得意なことに取り組めるようになったら、次は得意でないことにも積極的に取り組む時です。

今まで自信がない時間を過ごしてきた人は、「私がやってもどうせ失敗する」と考え、自分から仕事を得ようとしてこなかったはずです。それではいつまでも経験を積むことができず、できないことはできないままになってしまいます。

ですからここは勇気を出して、失敗して当たり前だけど経験を積めば必ずできるようになると信じ、少々出しゃばるくらいの気持ちで仕事を貰いましょう。失敗しても回数を重ねれば、必ず成功するようになるのが仕事というものです。

 

いかがでしたでしょうか。仕事で自信がない人が失敗する理由と、それを克服して成功するために必要なことについてお伝えしました。

今、これを読んでいるあなたは、「成功」と言っても、ひと山当てて億万長者になるとか、自伝小説を書けるような成功者になりたいわけではありませんよね。恐らく、「失敗しないようになりたい」「そつなくこなせるようになりたい」「できれば同期よりも少し上を目指したい」という程度のものでしょう。

この望みを叶えるためには、失敗の原因となっている自信の無さをどうにかしなければいけません。自信を付けるためには、意識改革を行った上で仕事の数をこなし、成功した実績を積むことです。

そうすればいつの間にか、失敗に怯えることも無くなり、その仕事ごとの成功への近道が見えてくるはずです。

まとめ

自信がない人が仕事で成功するために必要なことは

・最初は何事もできなくて当たり前と思おう
・失敗のイメージにとらわれないように、成功するイメージを身に着けよう
・上手く行ったことを忘れないために日記に付けよう
・得意なことは何か考え、それを活かせる仕事をしよう
・出しゃばってでも仕事を貰って経験を積もう